[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Wiki

The Neptunes ネプチューンズ - Artist Wiki –


The Neptunes ネプチューンズ

ネプチューンズはファレルウィリアムスとチャド・ヒューゴの2組のプロダクションチームです。
1990年代から2000年代までのヒップホップ 、R&B、後半はポップスで多くの成功を収めました。
ネプチューンズのサウンドは、無調性、パーカッション、木管楽器、中近東の楽器、アジアの楽器などを用い、エレクトロニックファンクなサウンドを奏で、特徴的なブランディングをしていました。
ファレルはパートナーの裏方作業を好むチャドとは異なり、自身がラップをし、途中からボーカルも行い、プロモーションビデオにも出ていました。
90年代にはネプチューンズとして成功する前に、ファレルとチャドはティンバランドとラッパーのマグと一緒にSurrounded by Idiotsというチームに参加していました。
ですがレコーディングをする前に解散しました。
その後、ネプチューンズとして活動中に、ティンバランド&マグーコラボレーションしました。
ネプチューンズは1億5千5百万ドルの売り上げを持ち、音楽の歴史の中で最も成功したプロデューサーのチームと言えます。
1990年代後半と2000年代の間に、ビルボードトップ24、HOT100で2009年にはもっとも売り上げたプロデューサーとして1位にランクインしました。
バイブマガジンの読者の中では、ヒップホッププロデューサの3代プロデューサーとして、ドクター・ドレー(Dr. Dre)とDJプレミア、ネプチューンズを上げました。

The Neptunes  ザ・ネプチューンズ

メンバー ファレルウィリアムス、
チャド・ヒューゴ
出自場所バージニアビーチ、バージニア州 、アメリカ合衆国
ジャンル• ヒップホップ
• ファンク
• R&B
• ポップ
• ロック
職業• レコードプロデューサー
活動時期1992年 - 現在
レーベル• インタースコープ
• Star Trak
• コロンビア
• Alternative Rock
関連アーティスト• N.E.R.D
• ティンバランド&マグー
• Clipse
• ケリス
  • 1 バイオグラフィー
  • 2 ネプチューンズサウンド
    • 2.1 ドラム
    • 2.2 ボーカル
    • 2.3 シンセサイザー
    • 2.4 スタジオ機器
  • 3 その他 ネプチューンズ関連のレーベル・活動
    • 2.1 StarTrak
    • 2.2 N * E * R * D
    • 2.3 ソロアーティストとしてファレル
  • 4 受賞履歴、ノミネート
    • 4.1 ビルボードR&B /ヒップホップ・アワード
    • 4.2 グラミー賞

 icon-files-o バイオグラフィー

バイオグラフィー

ファレルとチャドはバージニアビーチのThe Gifted and Talented のサマーキャンプで出会いました。
ファレルウィリアムスはドラマーで、チャドはテナーサックスを演奏していました。
彼らはマーチングバンドのメンバーでした。
ファレルは、ケトルドラムを演奏し、チャドは指揮者でした。
1990年にチャドとファレルは、友人シェイとマイクエスリッジと一緒に4ピース”のR&B のグループを結成しました。
グループの名前はネプチューンズでした。
ローカルのタレントコンテストに出ると、彼らは、そのファレルの学校に近いスタジオにいた、テディ・ライリーに見いだされました。
高校卒業後、彼らはグループとしてテディライリーと契約しました。
テディライリーとの作業を通じて、ファレルは、 1992年にWreckx-N-Effect’sの”Rump Shaker”をbillboard hot 100でヒットさせ、1994年にはファレルとチャドはネプチューンズの立場を確立させました。
アシスタントプロデューサーとして、テディライリーのグループであるブラックストリートのデビュー作を作成しました。
更にその後3年間曲を作りました。
作成物の中でも、1998年ビルボードHOT100で8位になった
1997年Harlem World アルバムからの曲 ”Lookin’ At Me” に見られるような音の特徴が1996年のSWVのサウンドからも見られます。
このサウンドはネプチューンズが作成していました。
彼らの最初の主なヒット作品と独特なネプチューンズサウンドの最も明確な始まりは、1998年にビルボードホット100で36位になり、初めて彼らが広く注目を集めた、NOREの「 Superthug 」です。
ネプチューンズは、その後、ケリスとよく仕事をするようになりました。
ネプチューンズの最初の全面プロデュースのアルバムは、ケリスのファーストアルバム、KaleidoscopeとオルダーティのGet your moneyでした。
ケリスがフューチャリングされていました。
彼らは、Jay-Zの “I Just Wanna Love U (Give It 2 Me)”のような、巨大な成功を収めました。
Mystikal’s “Shake Ya Ass”、Diddy’s のシングル “D.I.D.D.Y”、その他のヒットとして、バスタライムの”Pass The Courvoisier pt. 2″、アッシャーの”U Don’t Have to Call”などがあります。
ケリスはチャド・ヒューゴとファレル・ウィリアムスが売り出した、いくつかのアーティストの一人でした。
Clipse 、ヴァネッサマルケス、ジャスティン・ティンバーレイクのソロ活動などにも関与し、また、スヌープ・ドッグ、ロビン・シック、Mystikalのキャリア再活動にも協力しています。
2001年にはブリトニースピアーズの世界的ヒットになった、”I’m A Slave 4 U”を作成し、ヨーロッパで一位、南アメリカで一位を取りました。
この年には、アメリカで一位になった、ネリーのシングル、”Hot in Herre”.を作成し、同年8月には、ネプチューンズはベストプロデューサー賞を、The Source Awardsとビルボードアワード両方で受賞しました。

2003年位は、彼らは自費制作でアルバムを作りました。
このアルバムThe Neptunes Present… ClonesはリミックスとStar Trakのアーティストが参加し、US Billboard 200で一位になりました。
2004年には2つのグラミー賞を受賞しました。
“Producer of the Year, Non-Classical”とジャスティン・ティンバーレイクのセカンドアルバム、Justifiedの方で、”Best Pop Vocal Album”
を受賞しました。
彼らはまた、初のUKチャート一位として、ネリーのFlap Your Wings
を作成しました。

 icon-files-o ネプチューンズサウンド

ネプチューンズサウンド

彼らの「音」は、主にあるシンセサイザー のリフ 、 サンプリングキーボードとモジュールシンセでできています。
最初のネプチューンズサウンドは、1998年Noreagaのトラック”Superthug”です。
もちろんこれは初リリースではないのですが、ネプチューンサウンドとしてよく知られています。
また別の例としては、ダフトパンクの”Harder, Better, Faster, Stronger”のREMIXです。
この曲は「ダフト・クラブ」というタイトルのダフトパンクのリミックスアルバムにリリースされています。
これは2004年1月27日にアメリカで、2003年12月3日にワールドワイドでリリースされました。

ドラム

ネプチューンズの生産は、一般的にフラットでパンチの効いたドラムマシンの音やモジュールシンセのプリセットを使用することを特徴とします。
Grindin ‘は エリック・B.&ラキムのトリビュートのドラムトラックで、マイメロディも同様です。
ジャスティン・ティンバーレイク の”Like I Love You”のドラムはファンクへのトリビュートです。
このグルーブは様々なスネアの音で構成されていました。
バスタライムスの”Light Yo Ass On Fire”、工場をイメージしたリズムトラックの上に重厚なコーラスエフェクトを使っていました。
彼らは、LLクールJとジェイミー・フォックスのコラボレーション「ベスト・ドレス」では、ローランドTR- 808のドラム・サウンドを使用していました。
しかしながら、 N*E*R*Dでは、生でのドラムサウンドを使っています。
ネプチューンズだけではなく、ファレルのソロプロデューサーでも、
ドラム以外のパーカッションが広く使われています。
ファレルのパーカッション使用の例は、彼がラッパーTIで取り上げているロビン・シックの2013年のヒット”Blurred Lines”で使われ、またニッキー・ミナージュとファレル自身、ネリーの作品Get Like Meでも見られます。

ネプチューンズ「エンジニアは、サウンド誌のサウンドとのインタビューで、作成方法の多くを明らかにしました。
ウィリアムスは、標準的なドラムキットを使います、ギターなど、他の楽器を使う前に私はループにそれの16小節をカットし、マシンのループだけではないサウンドになります。

ボーカル

多くのネプチューンズのプロダクションは、ファレル裏声でフックしています。
ジェイZの”Excuse Me Miss”、ジェイダキスの”Hot Sauce To Go”、ケリスの”Flashback”,スヌープドックの”Beautiful”、ファレルはまた、彼の作品に自分のラップを加えています。
“Drop It Like It’s Hot”、2004年に彼のファストアルバムIn My Mindの”Can I Have It Like That”でもラップしてます。
時折、彼は別名でクレジットされています。

シンセサイザー

ネプチューンズのシンセサイザーのラインは時として、DrDREが作成したGファンクのシンセサイザーのラインに影響を受け居ています。
例としては、バスタライムスのAs I Come BackやケリーのMilkshakeの低音で使用されている、フィルターされていないのこぎり刃のシンセがあります。
Jay-Zの”Excuse Me Miss (Remix)”でも、重いフェーザーのかかったストリングスが使われています。
N.E.R.D’の”Lapdance”では固いクラビネットが使われています。
8ビットの音源や、ビデオゲーム効果音に関連したものを連想させるサウンドです。
彼らが使用するシンセサイザはのmicroKORG 、およびミニモーグボイジャーです。

スタジオ機材

彼らのツールについての多くの推測がありました。シーケンサーのために、彼らはコルグ01 / Wを使い、ドラムのために、サンプリングキーボードのEnsoniq ASR- 10使用サウンド使用し、彼らのサウンドモジュールは、ローランドJV 1080とJV 2080を使い、 basslinesとフィルタリングのために、彼らはmicroKORGを使用していました
彼らもまた、自分たちの音楽にライブパーカッション、アコースティック楽器をコルグのTritonを使用して組み込んでいます。

 icon-files-o その他のネプチューンズ関連

スタートラック

ネプチューンズ「レコードレーベルスタートラックは、スヌープ・ドッグ、Slim Thugやロビン・シックなどがいます。

スタートラックのアーティストは、たとえあまりプロモーションされなかったり、スケジュールがなくても、ネプチューンズから頻繁にプロデュースされます。
ケリスもスタートラックに所属しています

N * E *R* D

N * E *R* Dはファレル、チャド、シェイヘイリーがメンバーです。
NERDのヒット作品は、”Lapdance”, “Rock Star” 、”She Wants To Move”です。
このうち2つのヒットシングルは2001年のIn Search Of.のアルバムに収録されています。
もう一つのシングルは2004年の次のアルバム、Fly Or Die に収録されています。
バンドは、2008年6月10日にサード・アルバムSeeing Soundsをリリースし、2010年11月2日に第四のスタジオ・アルバム、Nothing,を発表しました。

ファレルのソロ活動

2003年に彼はJay-Zとシングル”Frontin'”をリリースしました。
当時彼はそれが一回限りのリリースだとコメントしました。
そして彼は自分自身が右腕の歌手のようには歌えないとの事でした。
しかしながら、いくつか遅れの後、ファレルは2006年7月24日にデビューソロアルバムIn My Mindをリリースしました。
アルバムからのファーストシングルは、2005年に発表した”Can I Have It Like That”,というタイトルのグウェンステファニーとのコラボレーション曲でした。

アルバムはジェイ・Z 、スヌープ・ドッグ、ネリー、Slim Thug、カニエ・ウェストを含む多数のゲストが参加していました。
2014年、彼はセカンドアルバムG I R L.をリリースしました。

 icon-files-o 受賞歴

ネプチューンズは、2004年から毎年グラミー賞にノミネートされ、
2007年には3つのグラミー賞を受賞しました。
“Producer of the Year, Non-Classical”や “Best Pop Vocal Album” を Justifiedのアルバムで受賞し、 “Best Rap Song” を “Money Maker”.で受賞しました。
全部でネプチューンズが18個ノミネートし、6つの賞を受賞しています。

 icon-files-o シングルディスコグラフィー

シングルディスコグラフィー

1991年

S.B.I. (Surrounded By Idiots) – S.B.I. (Surrounded By Idiots) (Studio Session) (Unreleased)

icon-headphones “If Ur Freaky Baby”

S.B.I. (Surrounded By Idiots)

icon-headphones “It’s Like That”

S.B.I. (Surrounded By Idiots)

icon-headphones “Skull, Caps & Strip Shirts”

S.B.I. (Surrounded By Idiots)

icon-headphones “Uh-Huh, Uh-Huh”

S.B.I. (Surrounded By Idiots)

(With Larry Live, DJ Timmy Tim aka Timbaland, Mr. Magoo & Magnum The Verb Lord aka Pharrell Williams, All Tracks Produced By DJ Timmy Tim aka Timbaland)

1992年

Wreckx N’ Effect – Hard Or Smooth (November 24th, US #9)

icon-headphones “Rump Shaker”

Wreckx N’ Effect

icon-headphones “New Jack Swing Part II”

Wreckx N’ Effect

1993年

BLACKstreet – BLACKstreet (Studio Session) (Unreleased)

icon-headphones “Bootknockilization featuring Pharrell”

BLACKstreet featuring Pharrell
(Produced By Teddy Riley)

SWV – Right Here (VLS) (July 10th, US #29)

icon-headphones “Right Here” (Extended Human Nature Mix)

SWV

icon-headphones “Right Here featuring Pharrell (UK Back To Black Mix)

SWV

(All Tracks Produced By Teddy Riley, Written By Pharrell Williams)

The Legacy – Technobodies (Unreleased)

From Earth To Sky
Graverobbers From Outerspace
Lost In Transmission (Live Trash)
MTM
WAV
Wipeout Destroy

(All Tracks Produced By DJ Chase Chad aka Chad Hugo)

The Party – All About Love (Promo CDS)

icon-headphones “All About Love feat. Magnum, The Verb Lord (aka Pharrell) (Future Mix)”

The Party

(Produced By Demetrius Ship)

1994年

BLACKstreet – Blackstreet (June 21st, US #7)

icon-headphones “Happy Home (Produced By Teddy Riley, Saxophone By Chad Hugo)”

BLACKstreet

icon-headphones “Tonight’s The Night featuring SWV & Tammy Lucas”

BLACKstreet

Wreckx N’ Effect – NBA Jam Session

icon-headphones “Rim Shaker (Remix)”

Wreckx N’ Effect

(Produced By Teddy Riley, Written By Pharrell Williams)

1995年

Average Guyz – First Come, First Serve (Unreleased)

・ Ride

(Produced By Chad Hugo)

Mystikal – Mind Of Mystikal


icon-headphones
 
Not That Nigga feat. Michelle Tyler

Mystikal



(Produced By Pharrell Williams & Leroy ‘Precise’ Edwards)

1996年

SWV – The New Beginning


icon-headphones
 
Use Your Heart

SWV



icon-headphones
 
When This Feeling

SWV


Use Your Heart (CDS) (July 28th, #6)

Use Your Heart feat. Grampa & Boneyman (Rappers Delight Remix)
Use Your Heart feat. Rome (CDS Version)

Total – Total


icon-headphones
 
When Boy Meets Girl feat. 112

Total


(Samples Bee Gee’s – Love You Inside Out)

1997年


icon-headphones
 
The City Is Mine feat. Blackstreet

Jay-Z – In My Lifetime Vol. 1
(Produced By Teddy Riley, Saxophone By Chad Hugo)

Keystone – A Tear Falls In Brooklyn


icon-headphones
 
The Day The Earth Stood Still


Keystone – A Tear Falls In Brooklyn


icon-headphones
 
Lookin’ At Me featuring Puff Daddy

Mase – Harlem World



icon-headphones
 
How Can I Get Over You

Taral Hicks – This Time
(Produced By Chad Hugo)


Tammy Lucas – Turn Off The Lights (Promo) (Unreleased)

Turn Off The Lights

1997年


icon-headphones
 
Take It To The Head (Don’t Let It Go To Your Head) feat. Pharrell (The Neptunes Remix)

Brand Nubian – Take It To The Head (Don’t Let It Go To Your Head Remix)



icon-headphones
 
Got Caught Dealin’ Part II (We Get Money) feat. Pharrell & Kelis


Clipse – Got Caught Dealin’ Part II (We Get Money)

Live On 103 Jamz

・Freestyle feat. Pharrell


icon-headphones
 
I Need U feat. Pharrell

Latrelle – I Need U (Studio Session) (Unreleased)



icon-headphones
 
I Want U feat. Terrar (aka Pusha T.)

I Want U (Studio Session) (Unreleased)



icon-headphones
 
Nothin’ Else (Studio Session) (Unreleased)

Nothin’ Else


1997年


icon-headphones
 
Closer featuring Space Nine

MC Lyte – Seven & Seven



icon-headphones
 
It’s All Yours featuring Gina Thompson

MC Lyte – Seven & Seven



icon-headphones
 
I Can’t Make A Mistake featuring Marc Dorsey & Kelis

MC Lyte – Seven & Seven



icon-headphones
 
Superthug featuring Pharrell & Tammy Lucas

Noreaga – N.O.R.E.



icon-headphones
 
Whatcha Wanna Do (Bang Your Head) feat. Kelis & Clipse (The Neptunes Remix)

Pras – What’cha Wanna Do



icon-headphones
 
If You Think I’m Jiggy feat. Pharrell (The Neptunes Remix)

The Lox – Money, Power & Respect


CC

このページは、「ウィキペディア – Wikipedia 」より作成しました。なお、原文を一部改変しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Neptunes

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です