[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Wiki

Pharrell Williams ファレルウィリアムス - Artist Wiki –


Pharrell Williams ファレル・ウィリアムス

ファレル・ウィリアムスLansciloことファレルは1973年4月5日生まれのアメリカ人歌手、ラッパー、レコーディングプロデューサーです。

ファレルウィリアムスとチャド・ヒューゴはソウル、ヒップホップ、R& Bを制作する、ネプチューンズのプロデューサー・プロダクションチームです。
彼はロック、ファンク、ヒップホップバンドのN*E*R*Dでドラマー、リードボーカリストを務めます。
N*E*R*Dはチャドヒューゴと幼馴染のシェイヘイリーがメンバーです。
彼は2003年にシングル”Frontin'”をリリースし、2006年にソロデビューアルバムIn My Mindをリリースしました。
2014年3月3日にセカンドアルバム Girl,(ガール)をリリースし、シングル曲として、”Happy”が成功を収めました。
ネプチューンズトのメンバーとして、様々なアーティストのシングルを成功に収めました。
ファレルウィリアムズは10個のグラミー賞を受賞しており、そのうち2つはネプチューンズで受賞しました。
彼は現在、娯楽的な情報メディアを所有しています。
音楽、ファッション、i am OTHERという名前のアート、これらはファレルの制作活動でブレインとして活動しています。
アパレルファッションブランドとして、Billionaire Boys Club 、Ice Cream、Billionaire Girls Club。
繊維会社として、Bionic Yarn、2012年には専用のYOUTUBEチャンネルを立ち上げ、2012年5月12日の開局以来、1億回の再生をしています。

Thank you, @chanelofficial.

Pharrell Williamsさん(@pharrell)がシェアした投稿 –

Pharrell Williams  ファレルウィリアムス

本名Pharrell Lanscilo Williams
生年月日1973年4月5日( 42歳)
出自場所バージニアビーチ、バージニア州 、アメリカ合衆国
ジャンル• ヒップホップ
• ファンク
• R&B
• ロック
職業• レコードプロデューサー
• 歌手
• ラッパー
楽器• ボーカル
• キーボード
• ドラム
• パーカッション
活動時期1992年 - 現在
レーベル• インタースコープ
• Star Trak
• コロンビア
• i am OTHER
関連アーティスト• Child Rebel Soldier
•  ネプチューンズ
• N*E*R*D
•  スヌープ・ドッグ
•  グウェンステファニー
•  ジェイ・Z
• ダフトパンク
•   PUSHA T
•  テディー・ライリー
•  アッシャー
•   T.I.
  • • 1 幼少期
  • • 2 キャリア
    • 2.1 1992–97: 初期の経歴
    • 2.2 1998–2004: The Neptunes
    • 2.3 2005–09: In My Mind
    • 2.4 2010–12: Despicable Me ・他業界とのコラボレーション
    • 2.5 2013–14: シングル”Blurred Lines”, シングル”Get Lucky”, アルバムGirl
    • 2.6 2014–現在 The Voice
  • • 3 音楽スタイル
  • • 4 ビジネスでの活躍
  • • 5 私生活
  • • 6 ディスコグラフィー
  • • 7 ツアー
  • • 8 受賞履歴、ノミネート

 icon-files-o 幼少期

幼少期

ファレルは1973年4月5日にバージニア州のバージニアビーチで生まれました。
ファラオ・ウィリアムズの3人の息子の長男です。
ファラオ・ウィリアムズは町の便利屋で、奥さんのキャロラインは先生です。
彼のルーツは、バージニア州とノースカロライナ州にあります。
彼の祖先は1831年に西アフリカへから来ました、1832年にリベリアから他の親族も呼び寄せました。
ファレルウィリアムズはseventh-gradeサマーバンドキャンプでチャドヒューごと出会いました。
ファレルウィリアムズキーボードやドラムを演奏し、チャドはテナーサックスを演奏していました。
彼らはマーチングバンドにも所属していました。
チャド・ヒューゴは、メインのドラムを演奏し、ファレルウィリアムズは、スネアドラムを演奏していました。
ファレルはPrincess Anne High Schoolに通い、学校のバンドに参加していました。
ステージネームはSkateboard Pでした。
チャドはKempsville High Schoolに通い、のちにファレルがMTVで語るには、
オタクで、際立った存在だったとコメントしています。
1990年代初頭、ヒューゴとウィリアムズは、 4ピースのR & Bグループを結成しました。
他のメンバーは友人のシェイヘイリーとマイクエスリッジで、名前をネプチューンズとしていました。
彼らは後に、高校生のタレントショーでテディ・ライリーによって見出されました。
テディライリーのスタジオはPrincess Anne High Schoolの近くでした。
高校を卒業後、テディライリーのスタジオと契約しました。

 icon-files-o キャリア

1992–97: 初期の経歴

1992年にテディ・ライリーとの仕事で、Wreckx-N-Effectの”Rump Shaker”のプロデュースのアシスタントを行いました。
同じ年に、SWVの”Right Here (UK Remix)”でラップをしました。
チャドと、ファレルは1993年にラップデュオClipseにバージニアビーチで出会い、ファレルのレコードレーベルStar Trak Entertainment経由で、Arista Recordsと契約しました。
1994年に、チャドとファレルはプロデューサー・プロダクションチームとして、ネプチューンズを結成し、Blackstreetのアルバムの”Tonight’s The Night”をアシスタントプロデュースしました。
以後3年間で彼らは様々な作品を作り、ネプチューンズサウンドを確立しました。
1997年のMaseのアルバムHarlem World,からの曲”Lookin’ at Me”は最もネプチューンズサウンドが際立っていて、1998年N.O.R.Eの”Superthug”はビルボードHOT100で36位でした。
1999年には、共通の友人のケリスのプロデュースを行い、彼女の最初のアルバムのKaleidoscope.を制作しました。

1998–2004: The Neptunes

この時点で、ネプチューンズは広いファン層を集めました、
2001年にはブリトニースピアーズのシングル”I’m a Slave 4 U“を作成し、この曲は初の世界的なナンバーワンシングルになりました。
同じ年に、チャドとファレルとヘイリーでN*E*R*D,を結成し、ファーストアルバムIn Search of…をリリースしました。
ヨーロッパではケリスのアルバムが高評価を得ました。
アルバムは以前のネプチューンズサウンドでした。
N*E*R*Dは異なるサウンドの追求のために、アルバムをロックバンドSpymobとレコーディングしなおしました。
その後、 2002年にレコーディングしなおしたアルバムが全世界で発売されました。
アメリカではネリーのシングル”Hot in Herre“が一位を取りました。
同じ年の8月に、年間プロデューサー賞をthe Source AwardsとBillboard Music Awardsで受賞しました。
ClipseはデビューアルバムLord Willin’を2002年8月にリリースしました。
このアルバムはBillboard Top R&B/Hip-Hop Albums で一位を取り、Billboard 200で4位でした。
最初の2枚のシングル, “Grindin'”と”When the Last Time”は爆発的に売れ、Billboard Hot 100.では34位と19位でした。
2003年にはネプチューンズはアルバムThe Neptunes Present… Clonesをリリースし、様々なアーティストのリミックスや曲が含まれていました。

このアルバムはアメリカのBillboard 200 Albums Chartで一位になりました。
ネプチューンズとファレルはジェイ・ZのアルバムThe Black Album.で2つのシングルを提供しました。
シングル”Frontin'”が大きなヒットになり、2003年8月の調査では、イギリスのラジオでの20%がネプチューンズがプロデュースした曲だったそうです。
アメリカでの調査では、43%だったそうです。
同年にダフトパンクの”Harder, Better, Faster, Stronger”をリミックスし、リミックスアルバムDaft Club.をリリースしました。
このアルバムにはファレルのラップが入っていました。
2004年3月にはN*E*R*DのセカンドアルバムFly or Dieをリリースし、ファレルのロックスピリッツは2004 年のグラミー賞で発揮されました。
ビートルズの”I Saw Her Standing There”をスティング、デイブマシューズ、ヴィンス・ギルと演奏しました。
その夜、ファレルは2つのグラミー賞を受賞しました。
ベストプロデューサー賞とベストポップボーカルをJustin TimberlakeのアルバムJustified.で受賞しました。
また、ネリーの”Flap Your Wings”.で初のイギリス一位を取得しました。
2004年9月、ファレルウィリアムズは、スヌープ・ドッグのシングル”Drop It Like It’s Hot.”をプロデュースしました。
この曲は、米国でファレルウィリアムズ初のナンバーワンシングルになり、 リリース2ヵ月後にビルボードHOT100で一位になりました。
2009年にビルボードから”Rap Song of the Decade”とコメントされました。

2005–09: In My Mind

2005年9月9日にファレルは初のソロアルバムIn My Mind,から”Can I Have It Like That” featuring Gwen Stefaniをリリースします。
この曲はアメリカでは48位でした。
イギリスでは3位でした。
その後2006年7月25日にシングル”Angel”をリリースし、その後”Number One”をKanye West.とリリースしました。
いくつかの曲はアルバムのリリース前にインターネットに流出し、
Mamacita featuring Daddy Yankeeをリリースし、最後に”That Girl” featuring Snoop Doggをリリースしました。
2006年にネプチューンズはClipseのセカンドアルバムHell Hath No Fury.をプロデュースし、ほとんどの批評家は、その年のネプチューンズ最高の出来と評価し、ラップデュオはチャートに返り咲きました。
その年の後半にマドンナと”Hey You”,でコラボレーションし、この曲はMSNのWebサイトからダウンロードすることができました。
最初の100万ダウンロードの中から25セントは、ライブアースの支援で
気候変動防止のための協会に寄贈されました。
その年の後半、ウィリアムズは2007年7月7日、7月1日にダイアナのためにコンサートで歌い、彼はリオ・デ・ジャネイロのライブアースブラジルに参加しました。
In My Mindのリミックスアルバムとして、Out of My Mind,が作成され、バンド”The Yessirs”が参加し、the RootsのメンバーQuestlove、プロデュースをQuestloveが行い、キーボードはJames Poyserが参加しました。
しかし、ウィリアムズのレコードレーベルインタースコープ・レコードはアルバムがよく売れるとは思いませんでした。
アルバムはリリースを求める強いファン層を作り、トラックは、 QuestloveのMySpaceからリリースされました。
1万回再生され、2007年7月4日の時点で、CDの曲は、未発表曲の”Mamacita”と”Creamsickle”のリミックスと一緒にインターネット上に漏洩しました。

ファレルはビヨンセの”Diamonds Are a Girl’s Best Friend”をプロデュースし、ネプチューンズ名義でBritney Spearsの5番目のアルバムBlackout.の”Why Should I Be Sad”をプロデュースしました。
彼はthe HivesのアルバムThe Black and White Albumをプロデュースし、”Well All Right!” と”T.H.E.H.I.V.E.S.”をプロデュースしました。
2008年4月にはマドンナの11番目のアルバムHard Candyにボーカルで参加し、ネプチューンズとしてプロデュースもしました。
6月には、 NMEの記事にウィリアムズがストロークスの5番目のアルバムをプロデュースするのに非常に興味があったとコメントしました。
その年の後半、ウィリアムズはマルーン5のCall & Responseのリミックスアルバムに取り組みました。
ファレルはシャキーラの6番目のアルバムShe WolfのDid It Again’, ‘Why Wait’, ‘Good Stuff’、 ‘Long Time’の楽曲をプロデュースしました。
2009年9月に、ファレルウィリアムズはジェニファー・ロペスの”Fresh Out the Oven”に共同作曲家、プロデューサーとしてクレジットされました。
これは、ジェニファー・ロペスの七番目のスタジオ・アルバムLove?.からシングルとしてリリースされました。
翌月、ウィリアムズはフランスのラッパーであるUffieの最初のアルバムに、ゲスト出演しました。
これは、 2010年初めにリリースされました。
2009年後半には、ウィリアムズはザ・ゲームの4番目のスタジオ・アルバムThe R.E.D. Album.をプロデュースしました。

2010–12: 怪盗グルーの月泥棒 ・ 他業界とのコラボレーション

2010年7月、ウィリアムズはハンス・ジマーがプロデュースし、映画怪盗グルーの月泥棒のサウンドトラックを作曲し、ハリウッド・スタジオ・シンフォニーが演奏しました。
2010年10月ファレルと彼のグループN*E*R*D はゴリラズのEscape to Plastic Beach World Tourに参加しました。
ツアー中に、Damon Albarnはファレルとレコーディングしました。
しかしこの曲はゴリラズのアルバムThe Fall.には収録されていません。
数か月後にN*E*R*Dは4番目のスタジオアルバムNothingをStar Trakからリリースしました。
2011年後半には、ウィリアムズはマイク・ポズナーのセカンドアルバムスカイハイために3つのトラックを作成しました。
2011年、ウィリアムズは歌手アダム・ランバートのアルバムTrespassingをプロデュースし、楽曲”Kickin’ In”を作成し、 2012年5月にリリースされました
2012年にはルーペ・フィアスコとワカ・フロッカ・フレイムのアルバムTriple F Life: Friends, Fans and Familyに参加することをルーペ・フィアスコのWEBサイトにコメントされていました。
彼はまた、ピッツバーグのラッパーマック・ミラーのPink Slime EP.に参加しています。
“Onaroll”と”Glow”はファレルがプロデュースしています。
ウィリアムズはハンス・ジマーと一緒に第84回アカデミー賞のための音楽を作りました。
彼はまた、2012年にマイリー・サイラスのアルバムBangerzの楽曲Chelsea Latelyに参加しています。
彼はまた、ザ・ゲームのCalifornia Republicミックステープの”When My Niggas Come Home” 、”It Must be Tough”に参加し、アッシャーの2012年に作成された、七番目のスタジオ・アルバムLooking 4 Myselfで”Twisted” 、”Hot Thing”といった2つのトラックを作成しました。
ミカと”Celebrate”のトラックで参加し、フランクオーシャンズのデビューアルバムChannel Orange;の”Sweet Life” 、”Golden Girl”をプロデュースし、Solange Knowlesの3番目のアルバムにも参加しました。

2013–14: シングル”Blurred Lines”, シングル”Get Lucky”, アルバムGirl

ファレルはダフトパンクの4番目のアルバムRandom Access Memoriesの楽曲
“Get Lucky” 、 “Lose Yourself to Dance”に参加しました。
彼はまた、アジーリア・バンクスのデビューアルバムBroke with Expensive Taste
の楽曲”ATM Jam”に参加しました。
ウィリアムズは映画の怪盗グルーの月泥棒2のために、新しいオリジナル曲を書き、Heitor Pereiraのスコアに含まれました。
その曲は、”ハッピー” 、”スクリーム フューチャリング シーロー・グリーンでした。
最初の映画からのファレルの2つのオリジナル曲”Despicable Me”、”Fun, Fun, Fun”もサウンドトラックに再レコーディングしました。
彼はまた、ハンス・ジマーによるMan of Steelのサウンドトラックのドラマーセッションに参加しました。
ファレルは2013年3月にロビンシックのシングル”Blurred Lines”を作曲・プロデュースしました。
この曲は世界的に売れ、ビルボードHOT100で1位を取りました。
イギリスやドイツなど13カ国以上でナンバー1を取得し、それはファレルウィリアムズの3番目のビルボードHOT100ナンバーワンシングルでした。
2013年6月29日には、ウィリアムズは”Blurred Lines”と “Get Lucky”の楽曲で、それぞれ同時に1位と2位を取得した12番目のアーティストになりました。
2013年7月の時点で英国チャートの歴史の中で唯一の137枚のシングルが100万枚以上売れたアーティストになりました。
ウィリアムズは”Blurred Lines”と”Get Lucky”で2つの百万枚売上記録を達成しました。
2013年8月に、バスタライムスはファレル作成の未発表アルバム”documentary album”、”inner-city strife and hardship”について話しました。
2013年11月に最初の24時間のミュージックビデオをリリースし、怪盗グルーの月泥棒2のサウンドトラックからハピーをリリースしました。
ゲストに、マジック・ジョンソン、スティーヴ・カレル、ジミーキンメル、ジェイミー・フォックス、Odd Future、ミランダ・コスグローヴ、ジャネール・モネイ らを迎えました。
2013年のクリスマスの日に約550万ビュー達成しました
“Happy”のミュージックビデオは、 2014年MTVビデオ・ミュージック・アワードで最優秀男性ビデオと今年のビデオにノミネートされました

2013年12月にはファレルは年間プロデューサー賞を含む、7つのグラミー賞にノミネートされました。
同じ月に、コロンビアレコードのプレスリリースは、ウィリアムズとレーベル契約が完了し、2014年にアルバムGirlをリリースすることを発表しました。
のアルバムには怪盗グルーの月泥棒2のサウンドトラックから”Happy”が含まれます。
“Happy”はアカデミー歌曲賞にノミネートされました。
2014年2月にメジャー・レイザーは、彼らがその月の25日にApocalypse Soonのタイトルで、5トラックEPをリリースすると発表しました。
このEPはMad DecentとSecretly Canadian経由でリリースされました。

ファレルウィリアムズとショーン・ポールをフューチャリングしています。
最初のシングルは”Aerosol Can”で、ファレルがフューチャリングされています。
ファレルはFutureの2014年2月シングル”Move That Dope”に参加し、PUSHA T
、カジノがフューチャリングされ、マイク・ウィルが作成しました。
2月18日、ウィリアムズはTwitterでセカンドアルバムGirlの作成を発表しました。
Girlは、 2014年3月3日にリリースされ、2014年3月2日に第86回アカデミー賞では、ウィリアムズの歌”ハッピー”はアナと雪の女王”Let It Go”に敗れました。
ファレルは雑誌GQにインタビューされた際に、顔が凍ったよ、、そして、仕方ないさとコメントしました。
Dear Girl ツアーは、彼の第二のスタジオアルバム、Girlをプロモーションするために、ヨーロッパのコンサートツアーでした。
それは2006年からウィリアムズ初のソロツアーでした。

2014–現在: The Voice

2014年3月31日には、ウィリアムズはシーロー・グリーンの交代として、テレビドラマThe Voiceの第七シーズンの新監督として発表されました。
2015年5月18日には、チームファレルは、第八のシーズンで 16歳のソーヤーフレデリクスボイスを含め勝利しました。
2014年6月には、ウィリアムズはヒップホップのドキュメンタリーシリーズSisterhood of Hip Hopにゲスト出演になるとが発表されました。
ファレルウィリアムズはアトランタのラッパーTIの9番目のスタジオ・アルバムPaperwork,のエグゼクティブプロデューサーを行いました。
Paperwork,は、グランドハッスルとコロンビアレコードによって2014年10月21日にリリースされました。
2014年5月には、ウィリアムズはフランス、パリのギャラリー・ペロタンでアルバムGirlにちなんで名付けられたアートショーをキュレーションしました。

ショーには村上隆、 JR 、Daniel Arsham 、マリーナ・アブラモヴィッチを含む37アーティストが含まれていました。
コム・デ・ギャルソンはファレルウィリアムズと共同で、ユニセックスの香水を開発しました。
2015年1月には、ウィリアムズとアル・ゴアは、彼らが気候変動に作用する意識を高めるために6月18日に7大陸で「ライブ・アース」コンサートを行うことをリリースし、彼はミュージックディレクターを行うと発表しました。
2015年2月8日には、ウィリアムズは、シンプソンズのエピソード”Walking Big & Tall”でスプリングフィールドのための新しい国歌を書く役割で、カメオ出演しました。
ウィリアムズはアニメーション映画The SpongeBob Movieのサウンドトラックのために3曲作りました。
彼はまた、パディントンの映画のためにグウェンステファニーとの曲「シャイン」をレコーディングしました。
2015年グラミー賞で、”Happy”をHans ZimmerとピアニストLang Langと演奏し、
エリックガーナーの死とファーガソン、ミズーリ州でのイベントに関連した、
Black Lives Matterの”Hands Up, Don’t Shoot”へのトリビュートを演奏しました。
2015年には、裁判所はウィリアムズの2013年のヒット曲”Blurred Lines”は1977マーヴィン・ゲイの”Got to Give It Up”の侵害であると判断しました。
陪審員は、”Blurred Lines”の売り上げに基づいて著作権侵害として、ゲイの家族に損害賠償740万ドルを払うように判断しました。
2015年10月には、ニューヨーク大学の芸術のティッシュ・スクールは、彼らのアーティスト・イン・レジデンスとしてウィリアムズを招へいしました。
また、 2015年10月に、ウィリアムズは、若い白人によって、 黒人が6月17日に射殺された件に関して、
チャールストン、サウスカロライナ、エマニュエルAME教会で11月1日(日曜日) にゴスペル聖歌隊に参加しました。
これは、A + EネットワークとiHeartMediaによって生成された人種関係上のプログラムの一環でした。
ウィリアムズは数日間、米国のニュースメディアを独占撮影し、地域社会のリーダーと話すことを計画していました。
アメリカ・プログラムでのProgress on Raceコンサートでは、11月20日に予定されていて、コンサートはロサンゼルスで11月18日撮影しました。
プログラムの目標は、人種的な暴力の被害者のために取り組み、資金を調達することです。

 icon-files-o 音楽スタイル

音楽スタイル

ファレルウィリアムズは、直接の音楽的影響をあまり受けていないとコメントしています、
しかし、いくつかのミュージシャンを彼は賞賛しています。
マイケル・ジャクソン、 J・ディラ、スティービー・ワンダー、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、ラキム、Qティップ。
ファレルウィリアムズはトライブコールドクエストの1990年のアルバムPeople’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm,からは大きなショックを受けたとコメントしています。

 icon-files-o ビジネスでの活躍

ビジネスでの活躍

2012年5月には、ウィリアムズはi am OTHER,というマルチメディアクリエイティブ集団を作りました。
レコードレーベル、専用のYouTubeチャンネル、アパレル/テキスタイルラインなどのビジネスのために機能しています。
2005年、ウィリアムズは日本のファッションブランドNIGOとBillionaire Boys Club and Ice Creamで靴ブランドをコラボレーションしました。
BBCはソーホー、ニューヨーク市と東京で公式アイスクリーム店、日本での旗艦店があります。
Billionaire Boys ClubとIce Creamは、北米全体に複数店有り、イギリス、ヨーロッパだけでなく、アジアや中東。ファレルとNIGOはBillionaire Girls Clubを進出させました。
2008年には、ウィリアムズはルイヴィトンのジュエリーのシリーズ( 「ブラゾン」)と眼鏡をコラボレーションしました。
彼はまた、エマニュエル・ペロタンとフランスのメーカー、 Domeau &ペレスと家具の作成を行いました。
彼の作品の一つは、人間の足で成形されたプラスチックの椅子で、
女性の脚と男性の一対の脚部との性的なシーンを描いています。
2009年、ウィリアムズはアートバーゼルでの村上隆とのコラボレーション彫刻を発表しました。
2011年5月には、ウィリアムズが創業者のKarmaloopTVのクリエイティブディレクター兼最高経営責任者グレッグSelkoeと元のAMC社長ケイティマッケンローとコラボレーションすると発表されました。

2011年8月1日には、ウィリアムズはYouTubeのチャネルの一環として、 “i am OTHER”チャンネルを立ち上げました。
2013年8月には、ウィリアムズは”モンクレールLunettes “という、モンクレールのサングラスのラインを作成しました。
2014年、ウィリアムズはアディダスとの長期的なパートナーシップを締結しました。
2014年2月には、ウィリアムズは、G – STAR RAWと彼の織物会社バイオニック社のコラボレーションで、海で発見された再生プラスチックから作られたデニムのコレクションを発表した。
プロジェクトは、ニューヨークのアメリカ自然史博物館で発表されました。
ウィリアムズは、ニューヨークの男性のファッション雑誌アドンのフランス人アーティストグレゴワールギルマンによって作成された表紙に登場しました。
2014年4月にウィリアムズは、小売大手のユニクロで、”i am OTHER”のコレクションを発表しました。
それはNIGO 、ユタ州のクリエイティブディレクター、同社のTシャツ部門で作成されました。
2014年6月には、アーティスト集団リッツォーリと呼ばれるFriendsWithYouとウィリアムズ、アレハンドロ・ホドロフスキー、ピータードロシェンコと”We Are Friends With You”という本を出版しました。
ウィリアムズは2015年の犯罪コメディドラマフィルムドープのエグゼクティブプロデューサーも務めました。
アメイジング・スパイダーマン2ではハンス・ジマー、ジョニー・マー、Michael Einziger、David A. Stewartと共同で作曲しました。
ウィリアムズは”From One Hand To AnOTHER”という非営利団体を所有しています。
FOHTAは、教育の協会です。
同社のウェブサイトによると、ミッションとして、 「独自の可能性を満たすために、それらのツールやリソースを与えることによって、世界を・子供を変える」を掲げています。
FOHTAのビジョンは、新しい技術、芸術、メディア、モチベーションを通して学ぶ事を子供たちに与えることにより、コミュニティセンターの概念を近代化することです。

 icon-files-o 私生活

私生活

ウィリアムズは2013年10月12日に彼の長年のガールフレンド、モデル/デザイナーのHelen Lasichanhと結婚しました。
2008年11月に生まれた息子、ロケット・ウィリアムズがいます。
怪盗グルーの月泥棒の歌のロケットのテーマは息子に向けて書いたそうです。
2005年、ウィリアムズはエスクァイアによって「世界のベストドレッサーマン」に選ばれました。
彼は、自身所有のレーベル“Star Trak”からわかるように、スター・トレックのファンであり、またスケートボーダーであり、家にハーフパイプがあります。
ウィリアムズは、彼の故郷ヴァージニアビーチに放課後センターを3500万ドル使い作りました。
彼の慈善団体”From One Hand To AnOTHER'”は 7歳から20歳までの保護団体です。
雑誌GQスタイル(秋/冬2013年)のインタビューで、ウィリアムズは彼の宗教的見解を説明しました。
「紙面上では私はクリスチャンだけど、本当に私はUniversalistです。 “ 神は、存在しないと結論付けている人に対しては“それは信じられないほど傲慢で尊大だ、それは本当にと信じている人がいるのは驚くべきことだ” とコメントしています。
2014年、ウィリアムズは村上隆の「クラゲ」と呼ばれるビデオで漫画で登場した。
2015年に、ファレルはローレル・キャニオン、ロサンゼルスで新しい家を714万ドルで作りました。
この家は6つのベッドルームがあり、 1.55エーカー( 6300平方メートル)あり、屋外の映写室も兼ねてガレージの上の2階建てのゲストハウス、モーターコート、インフィニティプール、デッキを備えています。

CC

このページは、「ウィキペディア – Wikipedia 」より作成しました。なお、原文を一部改変しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Pharrell_Williams

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です