[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Bar

お酒と音楽特集 Part1


お酒と音楽特集 Part1

お酒が絡む曲をピックアップしました。

icon-arrow-circle-up
 LMFAO icon-music Shots ft. Lil Jon

icon-angle-double-right LMFAO

2009年
USチャート 68位
この歌は非常に出てくるお酒の種類が多い歌ですね、
挙げてみると、
ウォッカ、テキーラ、イエガー、やっぱりレモンは入れるみたいですね、
バタリー・ニップル カクテルですね、Kamikaze これもカクテルですね
それで超ベロベロになり、ジン をくれ  と続きます。
彼女達には言い訳が必要だなの部分は万国共通の男の意見かもしれません。

icon-angle-double-right 透明感のあるサウンド

2009年
Billboard Hot 2位
この曲で出てくるお酒はウィスキーです。
このグループはいわゆるカントリーのカテゴリーに入るんですね、
ポップスのバンドな気がしますが。
解れたカップルの歌で、女性側からの視点の曲ですね。
日本では女性が一人でウィスキー飲まない気がしますが、アメリカは違うなー と感じました。

icon-arrow-circle-up Lady Antebellum icon-music Need You Now

 icon-arrow-circle-up
 Beyoncé icon-music  If I Were A Boy

icon-angle-double-right リハビリ

2006年
US Billboard Hot 100 9位
イギリスの歌手ですね。
この曲で出てくるお酒はワインです。
リハビリが題名なので、まじめにやばい気がしますね。
振られたら飲むと言っていますで、恋愛からお酒は 鉄板の流れ何ですかね。
振られたら飲むしかない、が女性の意見で、男性は落とすには飲ませる、そのためには飲むしかないが流れのようです。

icon-angle-double-right シャンパン

2011年
US Hot Dance Club Songs (Billboard) 4位
この曲で出てくるお酒はシャンパンです。
クラブミュージックですね、
というより、クラブでシャンパン飲む歌です。
EDMサウンドですね。

icon-arrow-circle-up LMFAO icon-music Champagne Showers ft. Natalia Kills

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン