[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Interview Recommend

TRAVIS インタビュー in HOSTESS SUNDAY SPECIAL


TRAVISインタビュー

ニューアルバム「Everything At Once」の発売を控えた4月10日、HOSTESS SUNDAY SPECIALにヘッドライナーとして出演したTRAVIS。LIVE直前のインタビューをお届けします!

icon-microphone 取材:ナンバーシックスティーン  icon-user インタビュー:ダギー・ペイン(Ba)/ニール・プリムローズ(Dr)

TRAVIS ニューアルバム発売記念LIVEインタビューin HOSTESS SUNDAY SPECIAL

icon-microphone 2年ぶりの来日ですが、ライブへの意気込みを聞かせてください。

ダギー:そうだね、ここに来るのは大好きなんだよ。長いこと来ていて、1998年以来かな。フジロックにも4回出ているから、今年で5回目になるよ。毎回より良くなるし、もっと楽しくなる。観客もいつも素晴らしいんだ。

icon-microphone 日本のファンはニューアルバム「Everything at Once」の曲が演奏されるのを楽しみにしています。

ニール:実は新しいものを演奏するのは初めてなんだ。ほかの国でもしたことがなくて、日本が最初だよ。
しかも結構な数の曲を、みんながもう知っているものと一緒にね。みんな楽しめると思うよ。

ダギー:このアルバムの素晴らしいところは、曲が短いところなんだ。2分半から3分くらいかな。だから今日も確か8曲演奏しながら、もともと知られている曲も披露できる。いいショーになるよ。

icon-microphone ニューアルバムのテーマや魅力を教えてください。
ダギー:魅力、いい質問だね。これといって決まってないんだけど、共通項はあるんだ。
「Paralysed」、「Animals」、「Everything At Once」、「3 Miles High」の4曲はとあるアイディアに触れてて、意図したわけじゃないんだけど染み込んできたんだよね。
歴史の中で今以上に繋がっている時はないはずなんだけど、実はまったく繋がってないんだ。意味のあるコミュニケーションが取れていない。テクノロジーを通すことで、自分の外でやってしまっているというか、TwitterやFacebook、Instagramで理想の自分を提示しているよね。
TRAVIS ニューアルバム発売記念LIVEインタビューin HOSTESS SUNDAY SPECIAL

みんなやってるし、やっちゃダメだって言いたいわけじゃないんだ。どちらかというと、気づいている?クレイジーだよね?みたいな。
お説教してるわけではなくて、僕たちのやっている不思議なことに気づいてる?と言いたいんだ。みんな自分のバージョンを提示しているから、偽物のバージョン同士が会話をしてて、本当のアニマルな自分たちじゃないよね。

icon-microphone 先ほど、新曲を初めて披露するのが日本でだとおっしゃっていましたが、それは偶然ですか?

ダギー:ここで演奏してと頼まれたけど、日本に来るのは大好きだから、いいねってなったんだよ。
新曲を披露するタイミングがたまたま重なった感じかな。

icon-microphone トラヴィスは結成20周年を迎えた今年をどんな年にしたいですか?
TRAVIS ニューアルバム発売記念LIVEインタビューin HOSTESS SUNDAY SPECIAL
ニール:しばらく休憩していたから、忙しくできることが嬉しいよ。忙しい1年になるけど上手くいくと思う。願ってもこれ以上の年は来ないよ。
icon-microphone 日本のファンをどう思いますか?

ダギー:素晴らしかったよ。彼らはスイートでナイスだ。ここの人は優しくて心が広いよね。ほかではそんなことみんなしないから、日本のファンは特別だな。

icon-microphone 最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

二人:ダニーだよ。ニールだよ。ハーフトラヴィスだよ。

ダギー:日本に戻ってこられて本当にうれしいよ。
大好きな東京にいて、今日演奏するのが待ちきれないな。夏にフジロックのためにまた来るのも待ちきれないし、今年の後半にもまた来られたらと思ってる。
これから君たちにたくさん会えると思うし、そう願ってるよ。

動画サイトGYAO!で、ニールとダギーのインタビュー動画を公開しています!ぜひご覧ください!
icon-external-link-square No.16 ミュージックセレクション vol.1

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です