[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Club Producer/Artist

カルビン・ハリス特集


カルビン・ハリス特集

カルヴィン・ハリスは、スコットランド出身のDJである。
MySpaceで自身の楽曲をアップロードし、人気を博しました、
今風のインターネット世代のプロモーションをしたミュージシャンです。

テイラースィフトとも付き合っていた時期があります。

フォーブス誌のDJ長者番付2014年版では、
70億で、2年連続の1位を取りました。
前の年の2013年は46億円でしたね。
稼いでいるEDMアーティスト、DJですね。

カイリー・ミノーグやリアーナ、ケシャといったミュージシャンの楽曲や、
変わったところですと、Dizzee Rascal デイジーラスカルともやっています、
デイジーラスカルはイギリスのグライムのラッパーですね。

やや緩い4つ打ちですね、BPMがゆっくりなんでしょう。
計測すると、BPMは120前半でしたね。

icon-arrow-circle-up
 Rihanna;icon-music We Found Love ft. Calvin Harris

icon-angle-double-right リアーナ×EDM

2011年
リアーナがEDMに寄せた曲ですね、
というより、ユーロ圏に寄せ、アメリカからヨーロッパに輸出する曲です。
このアルバムの前の曲は、 “Umbrella”とかが入っているアルバムでしたから、
始めて聞いたときはビックリしました。
路線変更というよりも、EDM流行っているなー と思いましたね。
リズム無しにシンセリフ+ボーカルから入り、アップリフィティングから4つ打ち+リフを聞かせる
王道のEDMの構成です。
開始からなっているリフを、音色を変えずーと鳴らし続けます。

icon-angle-double-right デビュー曲

2007年
デビュー曲です、
ポップスですね、ハウスにしてはリズムが緩い4つ打ちなので、
ディスコソングを意識したんですかね、
デビットゲッタもそうですが、ヨーロッパ圏はディスコからハウスへの転換が意外と遅く、
トランスの影響の方が大きい感じがします。
カルヴィン・ハリスは80年代のポップスが好きなんですね。

icon-arrow-circle-up Calvin Harris icon-music Acceptable in the 80s

 icon-arrow-circle-up
 Calvin Harris icon-music I’m Not Alone

icon-angle-double-right  騒動になった曲

2009年
イギリスで一位を記録しています。
この曲は次に紹介する曲と似ているという事で、
騒動ののち、クリス・ブラウン本人が2曲を聴き比べた上で類似を認め、
カルヴィン・ハリスの本名「Adam Richard Wiles」を「Yeah 3x」作曲者のクレジットに追加したそうです。
似ているのはリフの部分ですね、提示したリフを音色を変え、他のパートでも鳴らしていますね。

icon-angle-double-right アメリカナイズされたEDM

2011年
リフがかぶっているんですね、これはこれでアメリカナイズされたEDMですけどね。
さわやかなダンスチューンです、この曲にもカルヴィン・ハリスがクレジットされているそうです。
アップリフティングでも歌うのがアメリカ流です。
これはこれで好きですけどね。

 icon-arrow-circle-up
 Chris Brown icon-music Yeah 3x

 icon-arrow-circle-up
 Calvin Harris & Disciples icon-music How Deep Is Your Love

icon-angle-double-right クールなEDM

2015年
後半のDメロ相当のことろになっているボコーダーが面白いですね、
カウンターでなっているギターも美しいです。
昨今はオートチューン系のケロケロボイスよりも、
ボコーダーを使ったボーカルワークの方が流行っています。
イントロでリフを一瞬提示します、いわゆるサビ始まりを、リフ始まりでやっていますね。
EDMはサビがリフになるので、リフを聞かせる気が強いですね。
ただし、リフでは若干ボコーダーをかましていますね。
アップリフティングも控えめですね、クールなEDMです。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン