洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Club Producer/Artist

ロバートグラスパー 特集 Part2


ロバートグラスパー 特集 Part2

今回のロバートグラスパーのアルバム、アートサイエンスご紹介をすると、
1972-3年の時代に落ち着きます。

黒人音楽、JAZZは歴史が長いですから、含めてご紹介します。


icon-arrow-circle-up
 Robert Glasper Experimenticon-music Find You

icon-angle-double-right アートサイエンス Find You

ピアノ早引きの瞬間はシステムチックに演奏します、
チックコリアを思い浮かべますね。
アップリフティングの後は、ギターソロ、EDMに近いですね。
チックコリアの影響を考えると、プログレッシブロックを意識しているでしょう。

icon-angle-double-right チックコリア

1973年

このアルバムはレーベルがECMレコードです、
沈黙の次に美しい音を作るがコンセプトのドイツのジャズレーベルです。

チックコリアは、マイルスバンドのメンバーでして、ピアニストです。
ラテンバンドで演奏していたキャリアも持っているので、ダンサブルな演奏をしますが、
チックコリアは、世界で最も優秀な音楽大学の中の1つとされている、ジュリアード音楽院を卒業していますので、
バカテクです。
なので、グルーブはありますが、システマチックな演奏を得意としております。

ゲイリー・バートンはヴィブラフォン奏者です。
この人もバークリー音楽大学を卒業し、またバークリーで講師も務めています。
バカテクです。
他の楽器では出せない、ふくよかな響きがある、ヴィブラフォンを聞かせます。

テクニックとふくよかな音楽性がマッチした、JAZZならではの超名曲ですね。
LIVE版ですと、ピアノの弦を抑えて、ミュートしながら演奏してます。
ピアノ演奏なのに、DJのようです、意識高すぎて突き抜けています、2周ぐらいしていますね。

icon-arrow-circle-up Chick Corea and Gary Burton icon-music Senor Mouse

 icon-arrow-circle-up
 Seals & Croft icon-music Summer Breeze

icon-angle-double-right シールズ&クロフツ

1972年
シールズ&クロフツはアメリカ合衆国、カリフォルニア州、ロサンゼルス出身の
1969年に結成されたフォークデュオです。
この曲が代表曲になります、2004年にもアルバムをリリースしていますね。

この曲のプロデューサーはルイ・シェルトンでして、
ザ・モンキーズのLast Train To Clarksvilleでセッションギタリストを務めた方です。
ザ・モンキーズといえば、日本では忌野清志郎さんがカバーしたので有名ですね。
Summer Breezeの郷愁感の正体は、ルイ・シェルトンにありますね。

icon-angle-double-right アイズレー・ブラザーズ

1973年

アイズレー・ブラザーズ (The Isley Brothers) は1954年にオハイオ州シンシナティで結成された、
黒人のソウルグループです。

原曲のシールズ&クロフツのSummer Breezeは白いトリオで作成された曲ですが、
黒人がカバーすると、非常に濃くなりますね、
またこの時代にしては、珍しいと思います。

ギターソロがたまらないですね、ファンクでサウンドでギターソロというと、
プリンスを思い浮かべますが、こちらからは、サンタナ的な香りはしない、別の哀愁のソロです。

 icon-arrow-circle-up
 The Isley Brothers  icon-music Summer Breeze

 icon-arrow-circle-up
 Robert Glasper Experiment icon-music Day To Day

icon-angle-double-right アートサイエンス

ニューヨーク出身のサックス奏者、
ケイシー・ベンジャミンが作詞作曲を務め、
この曲ではボーカルも務めています。
ディスコライクなファンクサウンドに仕上がっています。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン