洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Celeb News Feature

【35億】ブルゾンちえみのネタで使用されてる曲って誰の曲?【あと5000万】

DIRTY WORK:AUSTIN MAHONE


歌うのは、若干20歳のイケメンシンガー!

🔫 BURUZON CHIEMI with B 🔫 #fridaynight #japan

ブルゾンちえみさん(@buruzon333)がシェアした投稿 –

年明けあたりから急激に露出を増やしているお笑いタレント・ブルゾンちえみ。人気の秘訣はキャリアウーマンネタの面白さのみならず、イケてる曲のせいもあるだろう。

曲名はDIRTY WORK

歌うのは、若干20歳のイケメンシンガー、オースティン・ホマーン。曲名はDIRTY WORK。2015年にリリースされた「This Is Not the Album」というアルバムに収録されている。

オースティン・マホーンは、テイラー・スウィフトのレッドツアーやブリジット・メンドラーのサマーツアーでオープニングアクトを勤めたこともあり、人気・実力ともに申し分ない。

DIRTY WORKの歌詞の内容を翻訳してみると、

ダーティーワーク、ああ、ひどい仕事だ
でも好きなことをやっていれば、
そのうちもっと好きになってくるからさ
お前のために毎晩やるよ

鑑みるに、愛する女性に尽くす自分をダーティーワークと卑下しているのだろう。
また、あとの歌詞には、

ダーティーワーク
お前の身体に働いてもらおう
9時から5時の仕事じゃないってわかってるだろ
日暮れから朝まで続くのさ

とあるように、セクシーな営みをダーティーと言い換えているようだ。

ちなみにブルゾンちえみは、ほかのネタでリアーナやアリアナ・グランデ、ビヨンセの曲を使っている。オースティンの曲もPVを見て人目で気に入ったと発言しており、なかなかのR&B好きなようだ。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です