洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

サッカーソング特集

サッカーソング特集


サッカーソング特集

6月14日に開幕するのが、2018 FIFAワールドカップ・・・
そう、サッカー・ワールドカップ・ロシア大会。

ハリルホジッチさんが電撃解任され、「西野ジャパン」となった日本代表は、
ポーランド、セネガル、コロンビアと同じグループHに入っています。
(初戦は6月19日、コロンビアと。)

今までも、サッカーにまつわる楽曲をコンパイルしたアルバムがリリースされるなど、
音楽とサッカーは、とても縁の深い関係。
ということで、今回はサッカー関連の曲をピックアップ。

icon-angle-double-right ニューオーダー

icon-youtube-play New Order icon-music World In Motion

 イギリス、マンチェスターのバンド、ニューオーダー。
 1990年のイタリア・ワールドカップでの、イングランド代表の公式応援ソングとして
 リリースされた。この曲には当日のイングランド代表のジョン・バーンズが
 ラップで参加、ポール・ガスコインがコーラスで参加している。
 ちなみに、サッカー発祥の地でもあるイギリスのイングランド代表は、
 1966年以来、優勝を果たせていない。

icon-angle-double-right マニック・ストリート・プリーチャーズ

icon-youtube-play Manic Street Preachers icon-music Together Stronger(C’mon Wales)

 イギリス、ウェールズ出身のバンド、マニック・ストリート・プリーチャーズが、
 2016年にリリースした1曲。
 ヨーロッパ各国の代表で争われた「ユーロ2016」に出場した、
 ウェールズ代表のオフィシャル・アンセム。レアル・マドリード所属の
 ガレス・ベイルを擁して、ユーロ2016ではベスト4という結果を残した。
 しかし、ロシア・ワールドカップは、ヨーロッパ予選を突破できなかった。

icon-angle-double-right ミ・ヘンテ

icon-youtube-play J.Balvin and Willie William feat.Beyonce icon-music Mi Gente

 コロンビア出身のアーティスト、J.バルヴィンと
 フランスのDJ、ウィリー・ウィリアムによる「ミ・ヘンテ」の、
 ビヨンセが参加したリミックス・バージョン。
 このビデオには、クリスチアーノ・ロナウドやネイマールも登場している。
 ロナウドはポルトガル、ネイマールはブラジルと、どちらもラテンのビートが
 サッカーのプレーにプラスの影響を与えているのか・・・?

icon-angle-double-right ペレ

icon-youtube-play Pele icon-music Espelanca

 「サッカーの王様」ペレ。ブラジル代表として、サッカーワールドカップを3度優勝。
 通算1363試合に出場し、1281ゴールを決めている。
 そんなペレの意外な特技が、ギターなんだそうです。
 これまでも、エリス・レジーナなどとコラボレーションもしていて、
 ミュージシャンとしての一面も持っている。
 この「Espelanca」という曲は、2016年のリオ・オリンピック開催を記念して、
 リリースした曲。もちろんペレ本人も作詞作曲に関わっている。
 そして、リオ・オリンピックのサッカーは、ネイマール擁するブラジル代表が、
 見事金メダルを獲得した。

icon-angle-double-right ジネディーヌ・ジダン

icon-youtube-play  Vaudeville Smash feat.Les Murray icon-music Zinedine Zidane

 オーストラリアのバンド、ヴォードヴィル・スマッシュがリリースした、
 「ジネディーヌ・ジダン」という曲。元フランス代表の、ジダンがタイトル。
 そして、この曲の歌詞は、サッカー選手の名前を羅列しているという、
 究極のサッカー・ソング。
 リオネル・メッシ、クリロナといった現代のプレイヤーから、
 果てはマラドーナまで、名選手の名前、どれだけ分かるだろうか?
 日本人選手の名前も出てくるので要チェック。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です