[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Genre Radio

セクシーな女性ヴォーカル特集

セクシーな女性ヴォーカル特集


セクシーな女性ヴォーカル特集

今回は、セクシーな女性ヴォーカルを特集します。
「Sexy」と一言で言っても、それは人それぞれ受け取り方が違うので、
もちろんこの声はSexyじゃないな・・・というご意見もあるかもしれませんが、
番組の独断と偏見で、セレクトさせていただきます。ご容赦ください!

icon-angle-double-right シャーデー

icon-youtube-play By Your Side icon-music Sade

 イギリスのバンド、シャーデーのヴォーカル、
 Sade Adu(シャーデー・アデュ)。ハスキーで低音の声は、初めて聴くと、
 「男性ヴォーカルかな?」と思ってしまうかも知れない。
 落ち着いた曲調が多いので、楽曲としてのセクシーと言うよりも、
 耳元で囁かれた時のことをイメージして聞いていただきたい。
 
 「By Your Side」は、2000年にリリースされたアルバム「Lovers Rock」 
 からの1曲で、Sadeの代表曲のひとつだ。まさに耳元で囁かれたい1曲では
 ないだろうか。

icon-angle-double-right シアラ

icon-youtube-play Ciara icon-music Dance Like We’re Making Love

 アメリカのシンガー、シアラ。Destiny’s Childをテレビで見て、
 シンガーになる決意をしたそうだ。シンガーとしてだけではなく、
 モデルとしても活躍している。
 シアラは曲もストレートにセクシーなものも多いが、
 ビヨンセのようなパワフルさはなく、柔らかいヴォーカルで、
 高音が特に美しく、何と言っても所々に入る細かいビブラートがたまらない。
 
 「Dance Like We’re Making Love」は、2015年に
 デジタルリリースされた1曲。PVもセクシーである。

icon-angle-double-right カイリーミノーグ

icon-youtube-play Kylie Minogue icon-music Love At First Sight

 80年代後半から活躍し続けているオーストラリア出身のシンガー。
 妹のダニー・ミノーグもシンガーだ。
 「Loco Motion」、「I Should Be So Lucky」といった
 80年代ポップアイドル路線で一気にスタートダッシュを飾ったが、その後、
 本格的なアーティスト路線に舵を切ると低迷。
 しかし、2001年、当時流行っていたフィルターハウス・サウンドを
 取り入れたアルバム「Fever」が世界的にヒット。
 伸びのある、それでいて、独特の粘り気があり、少し鼻にかかったような
 歌声が何ともセクシーだ。

 「Love At First Sight」は、世界的大ヒットとなったアルバム「Fever」
 からの1曲。一目惚れ。

icon-angle-double-right シャキーラ

icon-youtube-play Shakira icon-music She Wolf

 コロンビア出身のシンガー、シャキーラ。ラテン・ミュージック界では、
 絶大な人気を誇っていたが、英語のアルバムも大ヒットし、世界的な
 シンガーとなった。私生活では、サッカーのスペイン、ラ・リーガ、
 バルセロナのピケ選手のパートナーとしても知られる。2010年、
 サッカーワールドカップ南アフリカ大会のテーマソング「Waka Waka」で
 知っているという方も多いのではないだろうか。
 そんな彼女の歌声の一番の特徴といえば、所々で裏がえるところだ。
 演歌で言うところのコブシのようなものだろうか。ラテンの情熱的な血も、
 その歌声に反映されているのかもしれない。

「She Wolf」は2009年にリリースされあたアルバム「She Wolf」の
 タイトルトラック。ベリーダンスもやっているというシャキーラの
 腰の動きがまたなんともセクシー。

icon-angle-double-right ジェーン・バーキン

icon-youtube-play  Moi Non Plus / Jane Barkin & Serge Gainsbourg icon-music Je T’aime,

 イギリス出身、女優、モデル、シンガーと、マルチに活躍した女性、
 ジェーン・バーキン。その歌声は、囁くような、そしてどことなく
 ロリータな雰囲気を漂わすものだ。当時、パートナーでもあった
 セルジュ・ゲンズブールとのデュエット曲、
 「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」では、そのセクシーさを遺憾なく発揮。
 「ジュテーム」「モナムー」と、愛する男女の囁き合いを、
 赤裸々に表現している。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です