洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

スケートボードミュージック特集

スケートボードミュージック特集


<特集 – スケートボードミュージック>
今ではX Gamesの一つとして絶大な人気を誇るスケボー。
来年開催となる東京オリンピックでは、正式競技として採用されている。
そんなスケボーと音楽について。

icon-angle-double-right トミー・ゲレロ

icon-youtube-play ARCHAIC DAYS icon-music TOMMY GUERRERO

トミー・ゲレロは、10代の若さでプロスケートボード・チーム「ボーンズ・ブリゲード」の最も有名なメンバーの一人となった。
その後も、自分自身でスケートボード・チームを立ち上げるなど、スケボー界では知らない人はいないほどのレジェンドの1人である。
ミュージシャンとしては1995年ごろから、プロとしてのキャリアがスタートしている。インストナンバーが中心で、ロック、ヒップホップ、ファンク、ジャズなど、様々な要素がミックスされている。

icon-angle-double-right レイ・バービー

icon-youtube-play A WORD APTLY SPIKEN icon-music RAY BARBEE

そんなトミー・ゲレロを追うようなキャリを持っているが、レイ・バービー。
彼は子供の頃に父親からスケートボーダーをもらい、そこからスケボーにのめり込んだという。その後、高校卒業後、カリフォルニアに移住し、そこでトミー・ゲレロに出会うことで、プロスケーターとしてのキャリアがスタート。
そして、トミー・ゲレロらとバンドを結成し、そのギターの才能も開花させていった。スケートボードと音楽、といえば、まずはこの2人の名前が思い浮かぶだろう。

icon-angle-double-right BLINK 182

icon-youtube-play FIRST DATE icon-music  BLINK 182

90 年代のアメリカではメロコア、パンクロックが勢いを増していた。その中で、ボーダーたちが聴く音楽の一つにも、パンクがチョイスされるようになっていった。華麗なエアを決めたり、トリッキーな技を決めるスケーターにとって、パンクロックはいい感じにアドレナリンを分泌してくれるのではないだろうか。BLINK 182は、メンバーのトラヴィス・パーカー自身もボーダーである。

icon-angle-double-right スパイク・ジョーンズ

icon-youtube-play 100% icon-music SONIC YOUTH

スケボーと切り離せないもののひとつが、映像。
多くのPVを手がけている監督、スパイク・ジョーンズのスケボー好きは有名で、彼自身もスケーターであり、スケート・ビデオも手がけている。
また、彼が監督したPVの多くにスケボーが登場していて、1992年、ソニック・ユースの名曲のひとつ「100%」のビデオも、がっつりスケボーのビデオになっている。

icon-angle-double-right マイルス・デイビス

icon-youtube-play MYSTERY icon-music MILES DAVIS

スケボーのフィルムを数多く手がけているDan Wolf。彼の名作の一つと言われているのが「Eastern Exposure 3」だが、この映像作品のBGMに使われているのが、ジャズの帝王、マイルス・デイビスの「Mystery」だ。ニューヨークの街を駆け抜けるスケーターのバックに、ヒップホップ・ジャズの名作でもある「Doo-Bop」からのナンバーが使われている。
スケボーとジャズという、意外な組み合わせだが、これがクールに見えるのだ。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です