洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

卒業ソング特集

卒業ソング特集


<特集 – 卒業ソング特集>
3月は卒業の月。

icon-angle-double-right バイタミンC

icon-youtube-play  VITAMIN C icon-music GRADUATION

まずはストレートに、タイトルも「卒業」となっているアメリカのシンガー、バイタミンCによる1999年のナンバー。高校で一緒に過ごした友人たちのことを振り返りつつ、これから先も関係は続いていく、ということを歌った、まさに卒業ソング。トラック自体もパッヘルベルのカノンを取り入れていて、雰囲気的にも申し分ない。

icon-angle-double-right ニッケルバック

icon-youtube-play NICKELBACK  icon-music PHOTOGRAPH

カナダのロックバンド、ニッケルバック。ヴォーカルのチャド・クルーガーは、アヴリル・ラヴィーンの元ダンナだ。
そんなニッケルバックの2005年のナンバー。写真を見ながら昔を思い出す、そんな内容の歌詞となっている。その中に、「これが俺が昔通っていた学校だ。もう一度戻って卒業するべきだろうか・・・」という感じで、懐古するくだりもある。卒業アルバム、どこにしまったか覚えていますか??

icon-angle-double-right ニムロッド

icon-youtube-play GREEN DAY icon-music GOOD RIDDANCE(TIME OF YOUR LIFE)

1997年のアルバム「ニムロッド」に収録されたナンバーで、パンクバンドというイメージが定着していた彼らにとっては珍しくアコースティックギターとストリングスで構成されたバラードとなっている。
人生とは、常に分岐点をどちらに進むかを選択し続けているわけだが、それまで過ごした時間が、最高の時間であったことを願う、という内容。
まさに、これまで過ごした学生としての時間が、何年ものちに振り返れば、最高の思い出になっている、ということ。

icon-angle-double-right ナターシャ・べディングフィールド

icon-youtube-play NATASHA BEDINGFIELD icon-music UNWRITTEN

イギリス出身のシンガー、ナターシャ・べディングフィールドによる2004年のナンバー。「unwritten」とは、何も書かれていない、白紙のままの・・・といった意味。
「今日こそがあなたのストーリーのスタート。続きはまだ何も書かれていない、白紙のまま」と歌われている。終わりがあれば、そこから何かが始まる。学校からの卒業というのは、白紙のままの自らの物語を、自分の力で紡いでいくことなのかもしれない。

icon-angle-double-right ダンスパンク・バンド

icon-youtube-play  LCD SOUNDSYSTEM icon-music ALL MY FRIENDS

アメリカのダンスパンク・バンド、LCD SOUNDSYSTEMが2007年にリリースした彼らの代表曲の一つ。
朝まで好きな音楽を聞き合ったり、クラブでどんな曲をかけるかを相談したり、そんな経験を共にした友人たちのことを歌っている。
学生時代は、友達との部活だったり、遊びだったり、やらかしてしまったことなどが色濃く思い出に残っているもの。たまには卒業以来会っていない昔の友人に連絡を取ってみるというのもいいのではないだろうか?

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です