洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

2010年代のドラムンベース特集

2010年代のドラムンベース特集


2010年代のドラムンベース特集

<特集 – 2010年代のドラムンベース>
以前もドラムンベース特集をしたが、今回は2010年代のドラムンベースに
的を絞ってみたい。

icon-angle-double-right ランダム・ムーヴメント

icon-youtube-play Waterlogged icon-music Random Movement

アメリカ出身のDJ、マイク・リチャーズのステージネームがランダム・ムーヴメント。2010年にデビューアルバム『Lucky Guess』をリリース。アルバム全体的にジャズテイストを交えた、聴きやすい楽曲が揃っている。しっかりとベースがブリブリ言っていて、オシャレなだけではない、クラブでも盛り上がるサウンドに仕上がっている。

icon-angle-double-right ハイ・コントラスト

icon-youtube-play God Only Knows icon-music High Contrast

ハイ・コントラストはイギリス、ウェールズ出身のリンコルン・バレットのステージネーム。元々は映画音楽に興味を持っていたが、彼が17歳の時にJ Majikの「Arabian Nights」という曲に衝撃を受け、ドラムンベースに開眼。
デビューは2002年と、活動も長いアーティストだが、ピックアップしたいのは2018年にリリースされた「God Only Know」。タイトルを聞いてピンとくる方も多いと思いますが、1966年にザ・ビーチ・ボーイズがリリースした名曲をドラムンベースでカバーしている。

icon-angle-double-right EP『Identity Crisis』から

icon-youtube-play Rise & Fall icon-music The Vanguard Project

ドラムンベースから派生したサブジャンルとも呼ばれている、リキッド・ファンクを多数扱っているレーベルSpearheadからのアーティスト、The Vanguard Project。Andrew WilsonとSteve Jefferyによるこのユニットは、活動スタートは2015年と、まだ新しいグループではあるが、注目度は高い。「Rise & Fall」は2018年リリースのEP『Identity Crisis』から。

icon-angle-double-right 31 Records

icon-youtube-play Big Dirty icon-music Hidden Turn

ドラムン・ベースのレーベルとして知られている31 Recordsから2014年にリリースされたこの曲は、ダークなサウンドをベースにしたナンバーで、トラップに近い感じ。シンプルな単音のベースがなる中、ドラムンの特徴的なサウンドでもあるリズム隊は抑え気味。そこに挟まってくるラップのサンプルがより曲のダークさを後押ししている。

icon-angle-double-right ペンデュラム

icon-youtube-play Hold Your Colour(Noisia Remix) icon-music Pendulum

以前、デジタルロック特集でもピックアプしたオーストラリアのバンド、ペンデュラム。バンドでありながら、ドラムンベース・シーンにおいても、その存在感を示し続けている彼らが、7年ぶりに活動を再開させ、去年リリースしたのが、アルバム『The Reworks』。これまでの楽曲をリミックスした音源だ。去年はフェスなどにも出演していた彼らだが、オリジナルアルバムの新作も待たれるところだ。
彼らのオリジナルメンバー、ギャレス・マクグリレンと、ロブ・スワイヤーの2人はナイフ・パーティーとしても活動をしていただけに、よりEDM/ドラムンベース色が色濃くなるのでないだろうか。彼らの動向にも注目だ。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です