洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

DROP-ZONE特集

DROP-ZONE特集


DROP-ZONE特集

今、音楽業界で注目を集めているのが、サブミッション・メディアと呼ばれる新しい形のメディア。
これは、YoutubeやSoundcloud、Spotifyといったストリーミング系サービスを持つメディアで、クリエイターは自らの作品を、投稿(サブミット)して、
メディア側のキュレーターがキュレーションしていく、というもの。
フォロワーの多いメディアに採用されれば、そのプロモーション効果は、非常に大きなものになりそう。音楽だけじゃなく、写真や画像なども受け付けているところもあるらしい。そんなサブミッション・メディアのひとつ、DROP-ZONEにアップされている楽曲を特集。

icon-angle-double-right ベースハンター

icon-youtube-play Now You’re Gone icon-music&nbspBasshunter

スウェーデン出身のDJ、ベースハンター。自分の音楽のことは「ユーロダンス」と呼んでいるらしい。また、パソコンなどに非常に詳しく、「現実の女性よりもパソコンが好き」というジョークを飛ばすほどのパソコン好きで、「おたくDJ」という異名も持っているとか。身長193センチの巨漢でもある。
「Now You’re Gone」は、2008年にイギリスで初めてリリースされたアルバムのタイトルトラック。

icon-angle-double-right ステファン

icon-youtube-play Crossfire icon-music  Stephen

カリフォルニア、シルバーレイクを拠点に活動しているシンガーソングライターのステファン(スティーヴン?)。
ブルース、ソウル、R&B、ヒップホップなど、あらゆるジャンルから影響を受けているそうで、その活動はDIYで行なわれているということ。DIYで活動しているアーティストにとっては、このサブミッションメディアは、採用されれば100人力となりそうだ。

icon-angle-double-right アヴィーチ

icon-youtube-play The Nights icon-music Avicii

今年4月に28歳という若さでこの世を去った、スウェーデン出身のDJ。
「The Nights」は、2ndアルバム『Stories』に収録された1曲。親子の関係や、後悔のない人生を送ろう、と言った内容の歌詞が歌われている1曲なのだが、まるで自分の人生が短いものになるというのが既に分かっていたかのような内容だ。
PVに出演しているのは、映像監督でフォトグラファーのローリー・クレイマー。
GoProやドローンを駆使した、スリリングな映像作品になっている。

icon-angle-double-right マコ

icon-youtube-play Breathe icon-music Mako

アメリカで同じ音楽学校にかよっていた友人2人によるユニット、Mako。2人とも、楽器はもちろん歌も上手いらしい、という芸達者なDJユニットだ。
結成のきっかけは、EDMに興味があったメンバーの一人が、もう1人を誘って、音楽イベントEDCに行き、クラシックばかり聴いていたもう1人がEDMにのめり込んだため。
そして、このMakoというユニット名は、名前を急いで決める必要があったらしく、思いついたゲームの名前からとったとか。

icon-angle-double-right チェインスモーカーズ

icon-youtube-play Sick Boy icon-music The Chainsmokers

今や、全世界でヒットを飛ばすユニットとなったChainsmokers。ブレイクのきっかけとなったのは、「#Selfie」という、まさに自撮り文化が花開いたタイミングに出した、バッキバキのEDMチューンだったが、一転、ここ最近はスロウ〜ミドルテンポを中心としたナンバーを多く世におくりだしている。
この「Sick Boy」という曲では、ネクスト・テイラー・スイフト、とも言われている、ケルシー・バレリーニをフィーチャリング・ボーカルに迎えている

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です