洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

特集 – アメリカのアニソン part.1

特集 – アメリカのアニソン part.1


<特集 – アメリカのアニソン part.1>
日本ではアニソン・・・アニメソングの人気は確固たるものになりつつある。アニソンとして制作した曲ではなくても、アニメとコラボすることは、タイアップとしてはとても大きな意味を持っているかもしれない。
一方で、エンタメの本場、アメリカでのアニソン、というのはどんなものがあるのか、というと、そのほとんどがテーマ音楽、という形になっており、「主題歌」という位置付けの歌は非常に少ない。今週と来週は、そんなアメリカにおけるアニメソングを特集。

icon-angle-double-rightWitch Doctor

icon-youtube-playWitch Doctoricon-musicAlvin & The Chipmunks

アルヴィン&チップマンクスは、アニメの3匹のシマリスのキャラクターだが、順番としては曲が先に生まれ、そのあとにキャラクターが生まれ、アニメーション作品になっていったという、ちょっと変わった成り立ちになっている。
なお、ヴォーカルは、楽曲を作っているロス・バグダサリアン本人の声を高速回転させて作っている。

icon-angle-double-rightTheme From Spiderman

icon-youtube-playTheme From Spiderman

今から半世紀以上も前の、1967年にアメリカで放送されたアニメ、「スパイダーマン」のテーマ曲。2002年にスパイダーマンが実写映画化されてからは、各シリーズでもこの曲が使われている。また、ラモーンズやエアロスミス、マイケル・ブーブレなどがカバーしている。

icon-angle-double-rightSpongeBob & Patrick Confront the Psychic Wall Of Energy

icon-youtube-playSpongeBob & Patrick Confront the Psychic Wall Of Energyicon-musicFlaming Lips

海の底に存在しているという架空の都市、ビキニタウンを舞台に、様々なキャラクターが色々な出来事を起こすというギャグじたてのアニメ。子供向けのアニメではあるものの、大人にも人気で、オアシスのリアム・ギャラガーも大好きなんだとか。ちなみに、メインキャラクターでもあるスポンジ・ボブは、お皿を洗ったりするスポンジではなく、海に生息している海綿・・・つまり動物をモチーフにしているそうです。Flaming Lipsが歌っているこの曲は、2004年に公開された劇場版のエンドテーマ。

icon-angle-double-rightThe Simpsons Theme

icon-youtube-playThe Simpsons Themeicon-musicGreen Day

アメリカで最も有名なアニメ作品の一つが、ザ・シンプソンズだろう。1989年に放送が始まったシンプソンズのテーマ曲「The Simpsons Theme」は、作曲家、ダニー・エルフマンによるもので、彼にとっては代表作の一つとなっている。グリーン・デイがカバーしたバージョンは、2007年に公開された映画「ザ・シンプソンズ MOVIE」で使われたもの。特に歌詞があるわけではないのだが、全米シングルチャートでは106位、UKチャートでは19いというランキングを記録した。

icon-angle-double-rightLinus And Lucy

icon-youtube-playLinus And Lucyicon-musicVince Guaraldi Trio

1950年に連載がスタートしたアメリカの漫画「ピーナッツ」は、主人公チャーリー・ブラウンと、その飼い犬スヌーピーを中心に、様々なキャラクターが登場する群像劇。1965年に放送されたアニメ「スヌーピーのメリー・クリスマス」で使われたこの楽曲は、ピーナッツを代表する楽曲で、事実上のテーマソングとなっている。なお、タイトルのライナスは、主人公チャーリー・ブラウンの親友で、常に毛布を持っている男の子。そしてルーシーは、そのライナスの姉である。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です