[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Chikako Takagi Feature Recommend Tweet

【高樹千佳子コラム】Gorillaz、来日公演が決定しました!!

Chikako Takagi Column Vol.30


Gorillaz、来日公演が決定しましたね!!6月、幕張メッセ!

昨年フジロックに初登場しヘッドライナーを飾ったゴリラズが、98年の結成から20年経て‘初’となる単独来日公演を行います!‘初’とは意外な気もしますが、、フェス出演での来日はあったけど、確かに単独ライブはこれまでなかったですね。

高樹千佳子 洋楽COLUMN
高樹千佳子(cent.FORCE)

MUSIC ON!の音楽番組「TVカウントダウンE.T」、NOTTVの音楽番組「LOVE&ROCK」でMCを勤め、無類の洋楽好きとしても知られる高樹千佳子。そのコアな知識と飽くなき探究心を、NO.16 Columnで好き勝手に披露してもらいます!(週1回更新予定)

ゴリラズは、UKバンド、ブラーのフロントマンであるデーモン・アルバーンと、コミック・アーティストであるジェイミー・ヒューイットによるバーチャル覆面バンド。デーモンがサウンド面を担当し、ジェイミーがキャラクター・デザインやストーリーを担当しているプロジェクトです。

マードック、2D、ヌードル、ラッセルなどの架空のアニメキャラクターのバンドということになっていて、それぞれのプロフィールもきちんと設定されています(これがけっこう波乱万丈)。ファンの方がまとめたゴリラズの公式ストーリーというのがネットで検索すると出てくるので、興味のある方は見てみてくださいね。(あまりに長?いストーリーなので、ここでは割愛します)

そして音楽は、デーモンがブラーでできなかったことをゴリラズでやっているので、ロックだけではなく、ダブやヒップホップ、レゲエ、ソウルなど幅広い要素が詰め込まれています。オーケストラや合唱隊を駆使することもあり、デ・ラ・ソウル、スヌープ・ドッグ、ルー・リード、モス・デフ、ボビー・ウーマックなどなど豪華なゲストが作品ごとに参加していて、ゴリラズのライブにも出演します。

で、そう、そのライブのスタイルなんですが、どんどん変わってきているんですよね。

初期の頃は、アニメーションや映像を多用し、メンバーは巨大スクリーンの裏側でパフォーマンス、デーモンもスクリーン越しという完全なる覆面。(2001年の初来日、夏フェス・ソニックマニアではこの形)

ゲスト・ボーカリストをフィーチャーし、他のメンバーはステージ後方の照明が当たらないところで演奏。(ちょこっと人が出てきた!デーモンも時々照明が当たると少し見える)

2010年の3rdアルバム「Plastic Beach」リリース後ぐらいからメンバーが堂々と素顔でステージに。(おー、やっとメンバーが、デーモンがちゃんと見える!)

とこんな具合に、徐々にメンバーがステージ前方に出てきて見えるようになってきたんですね。ライブでの演出方法を、時代に合わせてなのか、音楽界でのゴリラズの立ち位置や使命なんかも考慮してなのか、変えてきているんです。

昨年のフジロックでは、ステージ横のスクリーンにデーモンが大写しになっていて、「おぉ!覆面ゴリラズというより、もうデーモン・バンドみたいだな!」と初期からの変わりようにびっくりしましたが笑、、真正面から攻めるエネルギッシュなライブは圧巻で、その場にいた観客は皆、終始魅了されっぱなしだったということです。(フジで観た友達談)

今度の単独来日公演は、去年6年ぶりにリリースされたニューアルバム「Humanz」を引っさげてのツアーの一環ということで、アルバムには元オアシスのノエルや、デ・ラ・ソウル、ヴィンス・ステイプルズ、サヴェージズのジェニー・ベスなどが参加していますが、ゲストは誰なのか、何人連れてくるのか、単独だからこそのフェスとは違う演出や選曲も気になります。

icon-music Strobelite (フジロックには、この曲に参加しているペバン・エヴェレットが出演していました!)

icon-music We Got The Power(サヴェージズのジェニー・ベス参加)

icon-music Ascension(ヴィンス・ステイプルズ参加)

「HUMANZ」は、‘痛み、喜び、切迫感’を基本理念に制作されたとのこと。トランプ政権そのものではなく、‘トランプが当選する世の中’について語られていて、自分達が今どこにいるのか、なぜ現状から脱却できないのか、などのメッセージも込められているようです。さらにエンターテイメント性や音楽性の高いポップミュージック。ずしりと聴きごたえのある傑作アルバムです☆ (そんなこと言ったって、あんた、‘2017年洋楽アルバムトップ10’に入れていないじゃないか!と言われてしまいそうですが…、ごめんなさい!いや、これも素晴らしい作品で、好きなんですよ!ゴリラズのアルバムはどれも本当に好きで。ほんと、10枚ぽっきりに絞ったので惜しくも入れられなかったんですが、もう気持ちはトップ10に入っています!!)

そして実は私、ゴリラズのライブ、生で見たことないんです泣

DVDやユーチューブやらでは何度も見てるんですが、、2010年はニアミスだったし泣。その年のグラストンベリーフェスのヘッドライナーだったゴリラズのライブを、ロンドンのホテルの部屋でTVで見ていたという、、(イギリスではいつもBBCでグラストンベリーフェスのライブ模様が生中継(確か)されていまして。2010年、グラストンベリーフェスに行ったんですが、私が行けたのはミューズがヘッドライナーだった2日目だけ。ゴリラズは1日目のヘッドライナーだったので、日本から飛行機に乗ってロンドンに着いた日の夜、ちょうどテレビでオンエアされていたゴリラズのライブを見ていたというわけです。)

あーーー、ゴリラズのライブ、見に行きたいなぁ!!!

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です