[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Column DJ JunyaShimizu Feature Recommend

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?④

DJ JunyaShimizu Column Vol.9


世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?

こんにちは!DJ / Label Owner / ProducerのJunya Shimizuです。

初心者でも分かる“EDM”って何??? Vol.1
DJ JunyaShimizu

プロジェクトレーベル『InfinitySense』主宰・『TOKYO FM』ディレクター/選曲家。2005年よりDJ/オーガナイザーとして国内のHouse/Crossoverシーンを中心に活躍。Jazzy & SoulfulなGrooveを主軸に、House, EDM, Drum’N’Bass, HipHopと、固定概念に囚われる事の無い自由なCrossover Style DJ。2006年より“次世代のダンスミュージック”をテーマにプロジェクト兼パーティー『InfinitySense』を主宰。海外アーティストの来日ツアー企画など、常に新世代の音楽を紹介してきた。現在は、青山0 ZEROにて偶数月第3日曜日に開催中。
icon-external-link https://iflyer.tv/ja/infinitysense/

改めてDance Music界の重要人物“Calvin Harris”
彼について色々とお話しています。。。

Vol① http://no16.jp/column/2017/06/13/junyashimizu icon-external-link
Vol② http://no16.jp/column/2017/06/19/junyashimizu icon-external-link
Vol③ http://no16.jp/column/2017/06/26/junyashimizu icon-external-link

■“Calvin Harris”は、EDMシーンで確固たる地位に!

2012年の3rd Album『18 Months』で
EDMシーンで確固たる地位を築き上げたCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)。

2014年には、間髪入れず4th Album『Motion』をリリース。
発売と同時に全世界52カ国でiTunesアルバム・チャート即日1位を獲得、
日本を含む75カ国でTOP5入りを記録します。
収録曲の「Summer」は、iTunes57カ国で1位を獲得、91カ国でTOP5入りし、
翌年の夏の大ヒット・アンセムになりました。

そんな彼の4th Album『Motion』からヒット曲を抜粋。

「Calvin Harris / Summer」


↑この曲のボーカルは、カルヴィン本人が担当。
“あの夏、ぼくらは恋をした”という歌詞は、懐かしさに浸りながら回想しているかのよう。
要するに、ひと夏の甘酸っぱい恋(アバンチュール)的な曲ですね(笑)

「Calvin Harris / Blame feat. John Newman」


↑全英チャート1位にもなった「Love Me Again」で知られる
イギリスの男性シンガー・John Newman(ジョン・ニューマン)をフィーチャー。
セクシーでアダルトな雰囲気を持つ1曲に仕上がっています。

「Calvin Harris / Outside feat. Ellie Goulding」


↑イギリスのシンガーソングライター・Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)がボーカル。
前作のAlbum『18 Months』収録の「I Need Your Love feat. Ellie Goulding」振りの共演。
そんな前作の続編的な内容と言われているのが今作。
前は、主人公が無理だと知りつつも相手の気持ちを取り戻そうとする曲でしたが
「今はもう他人なんだ」といった歌詞があったりと、破局ソングなのは間違いないですね。

「Calvin Harris & R3hab / Burnin’」


↑オランダのDJ/プロデューサーのR3hab(リハブ)。
彼はバウンス系EDMで有名なんですが、そんな彼とのコラボが実現し誕生した曲がこの曲。
MV見ても分かる通り、100%フェス使用のアッパーナンバーになっています。

「Calvin Harris & Alesso / Under Control feat. Hurts」


↑Avicii(アヴィチー)と同じスウェーデン出身のDJ/プロデューサー、Alesso(アレッソ)。
そんな彼とのコラボで、イギリスのエレクトロ・ポップ・デュオ
Hurts(ハーツ)のTheo Hutchcraft(セオ・ハッチクラフト)をヴォーカルに迎えたのがこの曲。
MVは、またまたロサンゼルスの大自然がロケ地になっています。

「Calvin Harris / Slow Acid」


↑往年のDaft Punk(ダフトパンク)を彷彿させるようなインストナンバー。
こういうEDMとは違ったアプローチの曲を入れてたのは、今後の伏線?

と、まぁ何曲かピックアップしてみましたが…
コチラも、どれも今でもClubでガンガンかかってる EDMアンセム 多い!

この頃のCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)は
EDMスタイル絶頂期と言えるのではないでしょうか?

ただ、最後に紹介した「Slow Acid」でもあるように
メジャーシーン・アンダーグラウンドシーンの両方で名声を獲得した彼は
少しづつ脱EDMのアプローチをしていく事になります。

カルヴィンの勢いはまだまだ止まらない♪

初心者でも分かる“EDM”って何??? Vol.1
DJ JunyaShmizu

プロジェクトレーベル『InfinitySense』主宰・『TOKYO FM』ディレクター/選曲家。2005年よりDJ/オーガナイザーとして国内のHouse/Crossoverシーンを中心に活躍。Jazzy & SoulfulなGrooveを主軸に、House, EDM, Drum’N’Bass, HipHopと、固定概念に囚われる事の無い自由なCrossover Style DJ。2006年より“次世代のダンスミュージック”をテーマにプロジェクト兼パーティー『InfinitySense』を主宰。海外アーティストの来日ツアー企画など、常に新世代の音楽を紹介してきた。現在は、青山0 ZEROにて偶数月第3日曜日に開催中。

icon-pencil JunyaShimizu Recent Posts

DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?⑤

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?④

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?③

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?②

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?①

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です