[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Chikako Takagi Feature Film Recommend Tweet

【高樹千佳子コラム】コーヒーでも飲んでリラックスしながら聴きたい、女性シンガーソングライターDiane Birchについて語りたいと思います!

Chikako Takagi Column Vol.15


朝晩涼しくなり、すっかり秋の空気になりましたね。

今回は、ホットコーヒーでも飲んで一息つきながらリラックスして聴き入りたい、アメリカの女性シンガーソングライター、Diane Birch(ダイアン・バーチ)を取り上げたいと思います^^

高樹千佳子 洋楽COLUMN
高樹千佳子(cent.FORCE)

MUSIC ON!の音楽番組「TVカウントダウンE.T」、NOTTVの音楽番組「LOVE&ROCK」でMCを勤め、無類の洋楽好きとしても知られる高樹千佳子。そのコアな知識と飽くなき探究心を、NO.16 Columnで好き勝手に披露してもらいます!(週1回更新予定)

83年ミシガン州生まれ、NY在住。フォークを軸にした、アメリカン・ソウルのルーツを感じさせる作風で、その音楽性と歌唱力から、‘現代のキャロル・キング’とも評されている、若手実力派アーティストです。ソウルフルでスモーキーな歌声、卓越したソングライティングセンス。

あのプリンスに見初められたそうで、LAのビバリーヒルズ・ホテルのラウンジで演奏する彼女の姿をプリンスが見て気に入り、プリンスの自宅に招待されセッションを行ったとか!

「第2回 CDショップ大賞」洋楽賞の準大賞や、ミュージック・ペン・クラブ音楽賞「新人賞」に選出されたり、ファッションブランド「ZUCCA」のブランドムック本の表紙を飾ったり、2010年のフジロック出演はじめ、ビルボード・ライブなどでの単独来日公演など、デビュー後、日本でも馴染みのあるアーティストとしてどんどん浸透していきました。

お父さんが牧師だそうで、キリスト教の禁欲的な環境の中、小さい頃からピアノを習い、クラシックをはじめ、様々な音楽の影響を受けてきたとのこと。

2009年のデビューアルバム「Bible Belt」は、カントリーやゴスペル、ロックなどの要素が、そして2013年の2ndアルバム「Speak A Little Louder」は80年代ポップスやAORも取り入れた作品になっています。

「Bible Belt」から

icon-youtube-play Valentino

icon-youtube-play Fools

icon-youtube-play Nothing But A Miracle

「Speak A Little Louder」から

icon-youtube-play All The Love You Got

icon-youtube-play Love And War

2011年にはカバー集「The Velveteen Age」を配信限定でリリースしましたが、こちらでは、彼女が10代の頃に聴いて影響を受けていた、ゴシック・ポストパンクのアーティストの曲がカバーされいます。10代の頃は意外にもゴス少女だったようで、ザ・キュアー、エコー&ザ・バニーメン、ジョイ・ディヴィジョン、スージー&ザ・バンシーズ、ディス・モータル・コイルなど、当時聴いていた名曲を彼女なりに解釈した作品になっています。どの曲もオリジナルから雰囲気がガラッと変わって、まるでダイアンのオリジナルかのごとくダイアン色に染まっています。

そうかと思えば、あるインタビューではニーナ・シモンやマイケル・ジャクソン、マライア・キャリーなどもよく聴いていたと答えていたりと、とにかく幅広い音楽から影響を受けて、それがダイアン・バーチの作品にも反映されているんですね。

2016年には、完全セルフ・プロデュース、全7曲入りのEP「Nous」を、またまた配信のみでリリースしました。最近は、レーベルに縛られることなく自由な環境で音楽に向き合い、制作に取り組んでいるようです。

そんなダイアン・バーチですが、音楽だけでなく、ビジュアルも魅力的で、高いファッション性が注目されています。

まずは、ダイアンといえばのロングヘアーにハット!とにかくハットが似合うんですよね?。こんなにハットが似合う若手女性アーティストは他にいないのではってくらい☆ そして白い肌に、黒髪、赤い口紅が映えます。

ライダースジャケット、ワンピース、スキニー…、ゴスやヴィンテージ、ロック感をミックスしたモードなファッションで、ほどよくハードでフェミニンな女性らしさもあるのが特徴のようです。ロックTシャツに古着風長め丈のプリントスカートだったり、全身全部‘黒’でも素材感の違うものを合わせていたり、ポイントで赤い靴を履いていたり。

服が大好きで、服選びの際には、生地の質と着心地を最も大切にしているとのこと。プライドを持って良い材質で作っているブランドが好きなので、高い服ばかりでお金がないとインタビューで答えていたとか(笑)

でも素敵なんだよなぁ。個人的にすごく真似したいファッション&ヴィジュアルです。アラフォーで子育て中の私にはなかなか真似できないし、そもそも着こなせない&似合わなそうですけど(笑)、、

音楽と共に、彼女のヴィジュアルにも注目してみてくださいね♪

高樹千佳子の最近の記事
高樹千佳子 洋楽COLUMN

【高樹千佳子コラム】King Crimsonのライブ盤が日本‘大幅先行’発売されたことを記念し、今回はKing Crimsonついて語りたいと思います!

イギリスのプログレッシブ・ロックバンド、キング・クリムゾンの凄いライブ盤が、先日9月27日に日本‘大幅先行’発…

コメントなし
高樹千佳子 洋楽COLUMN

【高樹千佳子コラム】コーヒーでも飲んでリラックスしながら聴きたい、女性シンガーソングライターDiane Birchについて語りたいと思います!

朝晩涼しくなり、すっかり秋の空気になりましたね。 今回は、ホットコーヒーでも飲んで一息つきながらリラックスして…

コメントなし
高樹千佳子 洋楽COLUMN

【高樹千佳子コラム】アリエル・ピンクやUSインディーを代表するアーティストThe Nationalが所属するレーベル「4AD」について語ります!(後編)

前回に続き、レーベル、「4AD」について書こうと思います^^ Camera Obscura 96年に結成された…

コメントなし
高樹千佳子 洋楽COLUMN

【高樹千佳子コラム】アリエル・ピンクやUSインディーを代表するアーティストThe Nationalが所属するレーベル「4AD」について語ります!(前編)

前回はアリエル・ピンクを取り上げましたが、同じくUSインディーを代表するアーティスト The National…

コメントなし
高樹千佳子 洋楽COLUMN

【高樹千佳子コラム】3年ぶりに新作をリリースする「アリエル・ピンク」をピックアップ!

私の大好きなアーティスト、USインディーを代表する西海岸の奇才『Ariel Pink』が、3年ぶりに待望の新作…

コメントなし

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です