[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Column Feature Tweet Yoko Shimizu

次世代のアーティストが紡ぐ、クラシック音楽

YOKO SHIMIZU COLUMN


ラジオディレクター清水葉子コラム

清水葉子COLUMN
RADIO DIRECTOR 清水葉子

フリーランス・ラジオディレクター。TOKYO FMの早朝の音楽番組「SYMPHONIA」、衛星デジタル音楽放送ミュージック・バードでクラシック音楽の番組を多数担当。「ニューディスク・ナビ」「24bitで聴くクラシック」など。趣味は料理と芸術鑑賞。最近はまっているのは筋トレ。(週1回更新予定)

フランチェスコ・トリスターノというピアニストをご存知だろうか?長身痩躯で巻き毛と彫刻のような顔立ちは一見モデルか俳優のようにフォトジェニックだ。

ルクセンブルクで生まれ、地元ルクセンブルク音楽院とパリ市立音楽院、またアメリカのジュリアード音楽院で学んだトリスターノはアメリカ留学時代にDJやターンテーブルに触れ、テクノ・ミュージックを取り入れた自作も作曲している。音楽好きの両親のもと、幼い頃からジャズやポップスなどにも親しみ、世界中を旅していた彼は、実に6ヶ国語を話すコスモポリタンでもある。バッハとジョン・ケージを組み合わせた「バッハ・ケージ」や、ブクステフーデと自作のアルバム「ロング・ウォーク」など、バロックの作品と自作や現代音楽の作曲家の作品をミックスした個性的なプログラムを発表して独自の音楽世界を築いている。日独ハーフのピアニスト、アリス・紗良・オットとのデュオでも話題を集めたアルバム「スキャンダル」も記憶に新しい。

icon-youtube-play 「バッハ・ケージ」

icon-youtube-play 「ロング・ウォーク」よりブクステフーデ

icon-youtube-play 「スキャンダル」からアリス・紗良・オットとの共演

しかしこうしたコンセプト・アルバムを発表するアーティストというのはとかく色眼鏡で見られやすいことも確かだ。彼は2004年のオルレアン20世紀音楽国際ピアノ・コンクールでの優勝など、コンクールでの実績もさることながら、10代の頃からプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団など著名なオーケストラとの共演を行なっていることからもわかる通り、その確かな技術と音楽性は折り紙つきだ。

先日、そのトリスターノと指揮者クリスチャン・ヤルヴィがタッグを組んだ、「クリスチャン・ヤルヴィ・サウンド・エクスペリエンス2017」というコンサートを聴いた。これはすみだトリフォニーホール開館20周年記念として行われたもので、クリスチャンの言葉によると、「伝統的なレパートリーにおける過去の偉大な名曲とポップ・カルチャーの架け橋を目指す」ものだそうだが、実際にとても刺激的なコンサートだった。マチネー公演だったため少し控えめではあったが、照明もクラブ仕様といった趣で、色とりどりのネオンのように舞台前方のパイプオルガンを照らしていた。

前半は2曲。どちらも伝統的な音楽語法というよりは、よりポップス的なアプローチの音楽だ。始めにクリスチャン・ヤルヴィの自作、「ネーメ・ヤルヴィ生誕80年のためのコラール」。彼の父、やはり世界的名指揮者であるネーメの80歳の誕生祝いのために作曲された。本来コラールとは英語で「Choral」と表記されるが、クリスチャンは自身のイニシャルのKを用いて「Koral」としているのが面白い。続くトリスターノ作曲のピアノ協奏曲「アイランド・ネーション」はまさに『島国』である日本では初演とのこと。これもオーケストラ=「大海」がリズムを刻み、その上をピアノ=「島国」が浮かび、インプロヴィゼーションが繰り広げられる。これが実にスリリングなグルーヴ感を醸し出していた。トリスターノもヤルヴィもテクノやポップミュージックをごく当たり前に聴いて育った世代。彼ら比較的若い世代の音楽家がクラシック音楽を演奏する時、こうした感覚がごく自然に表れてくるのは当然のことだ。そして私も含めてそれを聴く聴衆も、より若い世代にとって親和性のあるものになったに違いない。

icon-youtube-play ピアノ協奏曲「アイランド・ネーション」

後半はちょっと刺激的過ぎたプログラムを軌道修正するように、とはいえ、なかなか捻りを効かせたもの。ワーグナーの「ニーベルングの指輪」の重要な部分を抜粋し、ヘンク・デ・フリーヘルが編曲した『オーケストラル・アドヴェンチャー』。何しろ『指輪』は上演するだけで4日間かかるという超大作。物語=音楽の重要なポイントをわかりやすくまとめて聴けるのは非常に合理的でもあり、こういう取り上げ方もやはり世代感覚なのか、という気もした。

私が今回のコンサートで俄然注目したフランチェスコ・トリスターノだが、近頃ニューアルバムを発表した。タイトルは「ピアノ・サークル・ソングス」。この中からの楽曲がコンサートのアンコールにも演奏された。今回のアルバムではカナダのマルチ・アーティスト、チリー・ゴンザレスとのコラボレーションも注目だ。(彼はやはり新感覚のヴァイオリニスト、ダニエル・ホープとも共演している。)刺激的でエッジの効いた今までのトリスターノとは一味違う、彼流の『無言歌』ともいうべきメロディアスな響きのピアノ・アルバム。これは彼が父親となったことと深く関わっているという。

icon-youtube-play 「ピアノ・サークル・ソングス」

バッハやモーツァルトも彼らの生きていた時代にはその音楽は現代音楽だった。次世代のアーティストたちの感覚を従来のクラシック音楽の語法と違っているからと切り捨てるのは簡単だ。しかし時代は常に先に進んでいる。クラシック音楽だけが旧態依然としていることにもはや無理がある。そこに新しい感覚を注入してこそ、次の世代に愛されるジャンルの音楽になるだろう。私は今回のコンサートを素直に「かっこいい」と思ったのだった。

清水葉子の最近のコラム
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ストラディヴァリウスの魅力

ストラディヴァリウスといえばヴァイオリンの最高峰の銘器である、ということは特に音楽愛好家でなくても知っている話…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

永遠の名曲「新世界より」

ごく普通の人がクラシック音楽に触れる最初のきっかけは〈音楽の授業〉という場合も多いだろう。音楽室に飾られた作曲…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

バーンスタイン・センテナリー

今年はレナード・バーンスタインの生誕100年ということで、既に音楽業界では各種の盛り上がりをみせている。彼の代…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

プロメテウス・プロジェクト

クリーヴランド管弦楽団といえばアメリカの5大オーケストラとも言われる、名門オーケストラ。音楽監督ジョージ・セル…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

美しき自己犠牲

いつも直前までスケジュールが確定しない状況の私が珍しく随分前からチケットを手配していたコンサートが先日サントリ…

コメントなし

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です