[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Chikako Takagi Feature Film Recommend Tweet

【高樹千佳子コラム】11月14日、イギリスの世界最強ロックバンド、ミューズの来日公演@横浜アリーナに行ってきました!!!

Chikako Takagi Column Vol.22


11月14日、イギリスの世界最強ロックバンド、ミューズの来日公演@横浜アリーナに行ってきました!!!
ライブに行くの自体、本当に久しぶり!!2年ぶりかな?出産や育児でずっと行けなかったので。
そしてミューズのライブは、2年前のフジロックに行けなかったので、4年ぶりです泣!!こんなに行ってないのは初めてじゃないかな。
久しぶりとはいえ、もう何度もライブを見てきたミューズ。今回も予想通り期待通り、文句なしにかっこ良くて最高でした!!!
産後は聴く頻度が減ってしまったけど(というか、以前が聴きすぎ!?笑)、やっぱりミューズ、かっこいいわー好きだわー。

高樹千佳子 洋楽COLUMN
高樹千佳子(cent.FORCE)

MUSIC ON!の音楽番組「TVカウントダウンE.T」、NOTTVの音楽番組「LOVE&ROCK」でMCを勤め、無類の洋楽好きとしても知られる高樹千佳子。そのコアな知識と飽くなき探究心を、NO.16 Columnで好き勝手に披露してもらいます!(週1回更新予定)

Tokyo – Show 1

MUSEさん(@muse)がシェアした投稿 –

あ、私、20代からずっとミューズが大好きでして。一番ライブの数見てるバンドです。好きすぎて、海外でのライブも見に行ったくらい。(2010年、イギリスのグラストンベリーフェスにて。ミューズはヘッドライナーでした!)

ミューズの何がいいって、、やっぱり、曲が好き!ライブがとんでもなく良い!
ですかねぇ。

初期はレディオヘッドのフォロワーみたいに言われていましたが、ハードロックから、クラシックの要素を取り入れオーケストラを駆使したシンフォニックなロックまで、ドラマチックな激情ロックサウンドを展開し、独自路線を貫きながらアリーナ級スタジアム・バンドにまで成長を遂げたミューズ。ライブハウスでライブをやっていた彼らは、今では世界中のフェスでヘッドライナーを飾り、その音楽が最も映える大きな会場でツアーを行なっています。
99年にデビューしたんですが、00年の第1回サマーソニックでは最初の出番!朝10時半からの枠でしたからね…。ビッグになりました、本当に。

見た目はイギリスのバンドらしいシュッとした草食系なんですが、ライブは肉食系。超絶変態ギター&華麗なピアノ担当のヴォーカル・マシュー、抜群の安定感のドラム・ドム、低音でしっかり支えそのテクニックも申し分ないベース・クリスと、メンバー3人の演奏力が素晴らしいのです。

音も毎回凄く良いし、レーザーなどの照明や映像もかっこ良いし、とてもいいチームでツアーができているんでしょうね。

今回は、2015年の最新作「Drones」を引っさげたツアーというわけではなく、来年予定されている次回作リリース前の、うーん、なんだろう。ファンサービス的な来日公演って言っていいのかな。
だったので、最初に新曲‘Dig Down’をやって、その後は序盤からライブマスト曲の‘Plug in Baby’、‘Stockholm Syndrome’が飛び出し(この2曲は大体ライブ終盤、クライマックスでやってます)、その後もこれまでの作品からほぼ万遍なく代表曲をやるという、ベスト盤的なセットリスト。

私が行ったのは2日目だったんですが、

なんと!!!
なんとなんと!!!
‘Take A Bow’!!!
ひゃーーー、何年ぶり!?

06年の4thアルバム「Black Holes And Revelations」冒頭を飾るこの曲は、曲の終わりまでじわじわぐんぐんクレッシェンドで盛り上がり続ける、個人的にとても好きな曲なんですが、アルバムツアー後はなかなかライブで披露されなかったので、、完全に不意打ち食らいました!まさかこの曲をやるとは…、、サンキュー!ミューズ!最高だよ☆

そして、‘Starlight’からは、マシューがしばらくド派手な法被を羽織り…..(°▽°)
なんだか‘お殿様’のようでした笑
あれは特注なんだろうか。。

近年、こういったコスプレよくやるんですよねぇ笑 以前はライブの最初から最後までシリアスにドラマチックにやっていたのに。

私がミューズを好きになった頃のマシューは ‘王子様’の印象でしたが、近頃はまったく‘王子’に見えません笑、、

必ず笑えるポイントがあったり、マシューがステージを降りてファンサービスしたりと、こういうことをやるようになったのは、バンドとして世界的にビッグになり昇りつめた気持ちの余裕からなのかしら^^;

まあ何はともあれ、メンバーが楽しんでやっているので(特にマシュー)、見ていてこちらも楽しいです^^ ライブも変わらずかっこいいんだけど、肩の力が抜けているし。

あと今回のセトリの中では、‘The Globalist’も良かったです!最新アルバム「Drones」の終盤の曲。
静かに始まって、中盤からギュインギュイン盛り上がってカウントダウンからの激情ロック、からの終盤はどこか美しい高みに到達したかのような穏やかで美しい音世界。後ろの映像も綺麗で、ピアノマシューも久しぶりに見られました。

見る度にオタク度を増していく超絶ギターも聴けたし、お祭りのようなてんこ盛りセットリスト、ド派手な‘殿様’マシュー、巨大バルーンに大量の人型紙吹雪(「Drones」のジャケの人型!凝ってるわ!)、ギラッギラのレーザー照明、、あと‘Take A Bow’もね!!、
今回もアドレナリンを最高潮に上げてくれた最高のロックショーでした☆☆☆

<14日のセットリスト>

Dig Down
Psycho
Interlude
Hysteria
Plug In Baby
The 2nd Law: Isolated System
Stockholm Syndrome
Supermassive Black Hole
Take a Bow
New Kind of Kick (The Cramps cover)
Madness
Dead Inside
Munich Jam
Starlight
Time Is Running Out
Mercy
The Globalist

Uprising
Knights of Cydonia

ミューズをご存知なかった方、ライブ未体験の方、興味を持ってくださったら、ぜひ一度ライブを見にいらしてください!
といってもまたしばらく、1、2年は来日公演がないと思うので、それまではぜひライブDVDを♪

おすすめは、
★「Absolution Tour」(05年)
ミューズが初めてグラストンベリーフェスでヘッドライナーを務めた時の映像等収録。普通にミューズが好きだった私は、コレを見て大ファンになりました。白い衣装のマシューは王子のようです!特に‘Butterflies And Hurricanes’のピアノマシューは素敵です。

★「HAARP」(08年)
ライブCDも付いてます。終盤、‘New Born’途中のギターソロ、‘Stockholm Syndrome’からのラスト曲‘Take A Bow’は鳥肌モノ!

★「Live At Roma Olympic Studiam」(13年)
世界最強ロックバンドに昇りつめたミューズの、ダイナミズムに溢れた圧巻のステージをお楽しみください☆

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です