洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Chikako Takagi Feature Recommend Tweet

【高樹千佳子コラム】嵐を呼ぶバンド、ナイン・インチ・ネイルズ♪

Chikako Takagi Column Vol.42


嵐を呼ぶバンド、ナイン・インチ・ネイルズ♪

今年の夏フェス、ソニックマニア (さらにサマソニ大阪のヘッドライナー) に出演が決まっています!

高樹千佳子 洋楽COLUMN
高樹千佳子(cent.FORCE)

MUSIC ON!の音楽番組「TVカウントダウンE.T」、NOTTVの音楽番組「LOVE&ROCK」でMCを勤め、無類の洋楽好きとしても知られる高樹千佳子。そのコアな知識と飽くなき探究心を、NO.16 Columnで好き勝手に披露してもらいます!(週1回更新予定)

ナイン・インチ・ネイルズは、アメリカ、クリーブランド出身。トレント・レズナー(vo)中心に1988年に始動し、94年のアルバム「The Downward Spiral」で全米2位、99年のアルバム「Fragile」で全米1位を記録し、人気ビッグバンドとして不動の地位を築き上げました。

「ヘビーで暗かっこいい」ナインインチ。アグレッシブなハードロックと先鋭的なエレクトロを融合させた、‘インダストリアル’ロックと言われる音楽の先駆者的存在です。

icon-youtube-play The Hand That Feeds

icon-youtube-play Head Like A Hole

icon-youtube-play Come Back Haunted

icon-youtube-play Copy Of A

icon-youtube-play Wish

など…

わかりやすくてキャッチーな音楽では決してないですが、アンダーグラウンドなジャンルの音楽を、オーバーグラウンドに広めたバンドとも言えるんじゃないかな。激しくて繊細、美しく攻撃的な独自の音世界は中毒性があって、私も年に何回も、ナインインチの曲や世界にどっぷり浸りたくなります。

あと、トレント・レズナーの存在感。バンドとしてグラミー賞も受賞していますが、映画「ソーシャル・ネットワーク」のサントラ制作で高い評価を得てアカデミー賞作曲賞を受賞したり、政治や世界情勢、音楽業界についてのご意見番のようにもなっていて、近年ますますその存在感を増しています☆

音楽はもちろんなんだけど、そんなトレントさんを拝みたくてライブを見に行くというのもあるかな。

で、その‘ライブ‘がですね、、、ナインインチの時は、大抵、雷雨!!それで‘嵐を呼ぶバンド’ なんて言われているんですが、思い出されるのは2009年のサマソニ、マリンステージで激しい雷雨の中での凄まじいライブ。豪雨に打たれながら仁王立ちで歌うトレント・レズナーはこわかった。。なんという迫力。ひれ伏すしかない存在感と力強さ。しかも終わった途端にさぁーっと雨が止んで雷もおさまり、、、雷雨も演出だったかのような神がかったライブは、今も「伝説」と言われています。

さらにそれだけではおさまらない、2013年のフジロック。グリーンステージのヘッドライナーとして出演したナインインチのライブは、、、なんとまたもや雷鳴豪雨!!ひぇーー!! 「伝説」再び!!トレントさんの怒りが雷雨になったかのような、またもや凄まじいライブ。野外で、下はぬかるみ泥だらけ、後ろの山が雷でピカピカ光り、雷鳴が轟き、長靴雨がっぱで豪雨に打たれながら、、あれはもう強烈な体験でした。

なので…、

きっとまた雨が降るんじゃないか。雷も鳴るんじゃないか。何かが起こるんじゃないか。と思うわけなんですよ!

ソニックマニアは屋内だけど…、外は豪雨とか、台風とか、、その影響で停電とか!? (いやだー、やめてください、トレントさんm(_ _)m!!) とはならないことを願っていますが。。でもライブそのものは本当に本当にかっこいいので、今回も大いに期待できると思います☆☆☆

先日リリースしたばかりの新作「Bad Witch」からの曲もやってくれそうですし、

icon-youtube-play God Break Down The Door(新曲)

最近のライブでDavid BowieやJoy Divisionのカバーも披露しているようなので、、きっとまた新たな「伝説」が生まれるはず!!!

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です