洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Celeb News Feature

“イタリアの巨匠”ルドヴィコ・エイナウディが音楽を手掛けた映画『三度目の殺人』のメインテーマの配信がスタート

Ludovico Einaudi


ヨーロッパで絶大な人気を誇り、映画『最強のふたり』をはじめ数々の映画音楽を手掛けているコンポーザー、ルドヴィコ・エイナウディ(Ludovico Einaudi)。
彼が初めて日本映画の音楽を手がけたことでも話題となっている『三度目の殺人』のメインテーマが本日9月8日より配信開始となった。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

“イタリアの巨匠”ルドヴィコ・エイナウディが音楽を手掛けた映画『三度目の殺人』のメインテーマの配信がスタート01

映画『三度目の殺人』は、9月9日から全国公開される是枝裕和監督によるオリジナル脚本作品。『そして父になる』から是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治を主演に、是枝組初参加の名優・役所広司を迎えた本作は、是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマになっている。

エイナウディと是枝監督は今年2月末に撮影現場で初対面。
その際、是枝監督は映画のいくつかのシーンをエイナウディに見せ、自身のイマジネーションを伝え、エイナウディは、映画のストーリーの一番重要な部分を選別し、そこからメインテーマの雰囲気を作り上げていったという。今回のテーマ曲についてエイナウディは「映画のストーリーから感じる悲しみや嘆き、そして謎、不可解な要素を音楽に取り入れています」と語っている。出来上がったメインテーマは映画の中で何回か繰り返され、物悲しくも美しい印象的なものになっている。また『三度目の殺人』は、イタリアで開幕される「第74回ベネチア国際映画祭」のコンペティション部門に出品されており、そのレッドカーペットには、監督、出演者とともにエイナウディも登場し、世界各国のマスコミから注目を浴びていた。

“イタリアの巨匠”ルドヴィコ・エイナウディが音楽を手掛けた映画『三度目の殺人』のメインテーマの配信がスタート02

icon-film 映画情報

福山雅治主演・是枝裕和監督作
――オリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ――
『三度目の殺人』

監督・脚本・編集:是枝裕和 (『そして父になる』『海街diary』) 
撮影:瀧本幹也(『そして父になる』『海街diary』)
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ(『最強のふたり』)
出演:福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、市川実日子、橋爪功
製作:フジテレビジョン アミューズ ギャガ/配給:東宝 ギャガ/コピーライト:(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ  
公式HP:http://gaga.ne.jp/sandome/
映画公式Twitter:@SandomeMovie

icon-file-text ルドヴィコ・エイナウディ:プロフィール

1955年イタリア・トリノ生まれ。イタリアの現代音楽の作曲家ルチアーノ・ベリオに師事。
1988年にアルバム・デビュー。
イギリス総合アルバムチャート23年ぶりにTOP15(12位)にチャートインしたクラシックアーティスト、世界で最もストリーミングされているクラシック作曲家、iTunes Festivalに初めて出演したクラシックアーティストなど、現在全世界で絶大な人気を得ている。
クラシックをベースに、民族音楽、ロック/ポップス、フォーク、エレクトロなどの要素を取り入れた美しい旋律のミニマル・ミュージックを聴かせる。映画、ダンス、CMなど多方面でも活躍。
2016年6月に北極海の氷河の前に設置された氷上の舞台で、北極海の自然保護を求めて特別に作曲した「北極に捧げるエレジー(Elegy for the Arctic)」を演奏し大きな話題に。イタリア政府音楽大使。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です