洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Celeb News Feature

サラ・オレイン、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』で初の映画主題歌を担当

Sarah Àlainn


3オクターブを越える「1/fゆらぎ」成分を含む癒しの歌声と、卓越したヴァイオリン演奏で、いま世代を越えて人気上昇中のオーストラリア出身の歌姫、サラ・オレイン(Sarah Àlainn)。自身初の映画主題歌を担当することが決定し、その主題歌を収録したアルバム『Cinema Music』が10月11日に発売されることになった。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

サラ・オレイン、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』で初の映画主題歌を担当

最近ではEテレ「おとなの基礎英語」に2年連続でレギュラー出演するなど、活動の幅を広げているサラ・オレインだが、主題歌を担当する映画は今年12月2日全国公開の『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』。全世界にファンを持つキャラクター「ムーミン」のパペット・アニメ・シリーズ第3作目となる。サラ・オレインは日本語歌詞で主題歌「ウィンターワンダーランド」を歌唱、さらにサラは同楽曲の英語ヴァージョン「Bring The Snow」も歌唱しており、こちらは英語圏で公開される同映画の主題歌として使用されることも決定。2つの言語のヴァージョンを1アーティストが担当するという珍しいパターンとなっている。ちなみに前作『ムーミン谷の彗星』(2015年公開)の主題歌は、あの世界の歌姫、ビョークの「The Comet Song」。ビョークに続くアーティストとしてサラ・オレインが選ばれたのは、海外のユニバーサル・ミュージックのスタッフから、サラ・オレインのことを聴いて興味を持った映画プロデューサー、トム・カープランが、彼女の歌声に惚れ込んだのがきっかけ。彼はサラ・オレイン起用の理由を「彼女の素晴らしい歌声がムーミン谷の精神を最大限に表現してくれると思いました」と語っている。そして映画主題歌を初めて担当すること関してサラ本人は、「毎週古い作品から最近のものまで見るくらい映画が大好きで、夢はいつか映画を作ることです。また、小さい時からムーミンの大ファンだったので、映画という形でムーミンの物語に関われたなんて夢のようです。今回最もびっくりして嬉しかったことは、主題歌を英語と日本語の両方を歌わせて頂けたことです。日本と海外同時に初の映画の主題歌が流れるなんて、とても幸せで光栄です。」とコメントしている。

サラ・オレインが歌う主題歌「ウィンターワンダーランド」を収録した最新アルバム『Cinema Music』は、10月11日にリリースされる予定。同曲のほか、ピーボ・ブライソンとのデュエットが実現した「美女と野獣」、歴史に残る名画から最新大ヒット作「ラ・ラ・ランド」「君の名は。」まで、名作映画の楽曲ばかりを収録しており、発売後には、アルバムに伴っての映画音楽を歌うコンサートも東京、名古屋、大阪で決まっており、その後も全国各地での開催が予定されている。さらに、デビュー5周年を記念し、初のベスト・アルバムをレコードのみで発売することも決定した。11月5日のデビュー5周年を記念して自ら厳選した8曲をアナログ盤で限定発売する。タイトルは『Eternalist』。サラにとっては初めてのベスト・アルバムであり、初のアナログ・レコード盤の発売となる。

サラ・オレイン、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』で初の映画主題歌を担当

◆ リリース情報

サラ・オレイン『Cinema Music』(新作アルバム)
発売日:2017年10月11日
形態:SHM-CD
品番:UCCY-1084
価格:3,000円(税抜)、3,240 (税込)
*サイン会参加券封入

[収録曲] 1. オン・マイ・オウン(映画『レ・ミゼラブル』より)
2. ウィンターワンダーランド(映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』主題歌)
3. 美女と野獣(映画『美女と野獣』より)duet with ピーボ・ブライソン
4. 白い恋人たち(映画『白い恋人たち』より)
5. シネマ・パラディーゾ(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)
6. 君をのせて(映画『天空の城ラピュタ』より)(English – Japanese ver.)
7. ラ・ラ・ランド Medley(映画『ラ・ラ・ランド』より)
8. ついに自由に(映画『グラディエーター』より)
9. ポル・ウナ・カベサ(映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』より) Instrumental
10. なんでもないや(映画『君の名は。』より)(English – Japanese ver.)
11. 007 Medley(映画『007』シリーズより)
12. レット・イット・ゴー (映画『アナと雪の女王』より)
13. Shadows Of Time (軍艦島 世界遺産登録推進映画テーマ曲)
14. オールウェイズ・ラヴ・ユー (映画『ボディガード』より)

サラ・オレインSarah Àlainn (Vocal, Violin)
東京室内管弦楽団 TOKYO Chamber Orchestra
指揮:松村秀明、橘 直貴 (3) Conducted by Hideaki Matsumura, Naotaka Tachibana (3)

デビュー5周年記念特別企画 サラ・オレイン初のアナログ・ベスト盤
サラ・オレイン『Eternalist』
発売日:2017年11月15日
形態:完全限定・アナログ盤
品番:UCJY-9001
価格:5,000円(税抜)、5,400円(税込)

[収録曲] 1. Beyond The Sky (『ゼノブレイド』エンディング・テーマ)
2. 比べられない
3. 君をのせて(映画 『天空の城ラピュタ』より English – Japanese Version.)
4. The Final Time Traveler(『タイムトラベラーズ』エンディング・テーマ English Version)
5. Dream As One(三菱商事 障がい者スポーツ応援テーマソング)
6. Animus
7. Hallelujah
8. タイム・トゥ・セイ・グッバイ

◆ 映画情報

ムーミン谷とウィンターワンダーランド
12月2日(土)より全国ロードショー
配給:東映株式会社
原題:”MOOMINS and the WINTER WONDERLAND”
監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
公式サイト:http://www.moominswonderland.jp/ icon-external-link 

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です