[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

イギリスのソウル・レジェンド・シンガー=シールが初のジャズ・アルバム『スタンダーズ』をリリース

Seal


30年にわたるキャリアで3,000万枚の全世界セールスを記録し、グラミー賞、ブリット・アワード賞などを何度も受賞してきたイギリスのソウル・レジェンド・シンガー=シール(Seal)。自身のキャリアで初となるジャズ・アルバム『スタンダーズ』を2017年11月10日(金)に世界リリースすることが決定した。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

イギリスのソウル・レジェンド・シンガー=シールが初のジャズ・アルバム『スタンダーズ』をリリース
(Photo : Jan Welters)

約30年以上アーティストとして、常にトップに君臨し続けてきたシールにとって、10枚目のスタジオ・アルバムとなる今作は、フランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラルド、ニーナ・シモンなどが歌唱してヒットさせたスタンダード曲に、新たな息吹を吹き込んだ作品となっている。シールはかねてから、このようなアルバムをずっと作りたいと考えており、「僕はラット・パック(フランク・シナトラとその仲間たち)の音楽を聴いて育ったから、時代を超えて愛されている楽曲たちをレコーディングする事はずっと前からの夢だった」と語っている。

収録曲はフランク・シナトラの「ラック・ビー・ア・レディ」、「アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン」、「イット・ワズ・ア・ベリー・グッド・イヤー」をはじめ、エラ・フィッツジェラルド「アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト」、ニーナ・シモン「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」、チャールズ・チャップリン「スマイル」やコール・ポーター「ラヴ・フォー・セール」などが、シールの温かみのあるベルベット・ヴォイスによって新たな息吹を与えている。

レコーディングは、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、ナット・キング・コール等、多くのアーティストが名曲を録音したことで知られる、ロサンゼルスのキャピトル・スタジオと、ビング・クロスビーとフランク・シナトラが設立したユナイテッド・スタジオズで行われた。参加ミュージシャンにはフランク・シナトラやポール・アンカとも共演歴のあるランディ・ウォルドマンや、エラ・フィッツジェラルドや、レイ・チャールズと共演したベーシストのチャック・バーグホファーなどが参加している。

また現在YouTubeではアルバムのトレイラー映像が公開されている。

icon-youtube-play Seal Standards – The Album (Trailer)

イギリスのソウル・レジェンド・シンガー=シールが初のジャズ・アルバム『スタンダーズ』をリリース

◆ リリース情報

シール『スタンダーズ』
Seal “Standards”
発売日:2017年11月10日
品番:UCCU-1561

【収録曲】
1. ラック・ビー・ア・レディ / Luck Be A Lady
2. 枯葉 / Autumn Leaves
3. アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー / I Put A Spell on You
4. 誰も奪えぬこの想い / They Can’t Take That Away From Me
5. エニワン・フー・ノウズ・ホワット・ラヴ・イズ / Anyone Who Knows What Love Is
6. ラヴ・フォー・セール / Love For Sale
7. マイ・ファニー・ヴァレンタイン / My Funny Valentine
8. アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン / I’ve Got You Under My Skin
9. スマイル / Smile
10. アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト (featuring ザ・プッピーニ・シスターズ) / I’m Beginning To See The Light (featuring The Puppini Sisters)
11. イット・ワズ・ア・ベリー・グッド・イヤー / It Was A Very Good Year
※他ボーナス・トラック収録予定

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です