洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Celeb News Feature

新鋭ポップ・シンガー=MØ(ムー) 初の単独ジャパン・ツアー東京公演のライヴ・レポートが公開


メジャー・レイザーの「リーン・オン」や「コールド・ウォーター」への客演参加で一躍注目を集め、その唯一無二な歌声と個性的な世界観で新たなポップ・アイコンとして人気を高めている、デンマーク出身のシンガー=ムー(MØ)。先日、自身初の単独ジャパン・ツアーを終了。「リーン・オン」や「ファイナル・ソング」などのヒット曲に加え、先日配信されたEP『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』の楽曲も披露し、その圧倒的存在感と、垣間見せるキュートなキャラクターで、オーディエンスを魅了。11月23日(木・祝)に新木場STUDIO COASTで開催された東京公演のライヴ・レポートが公開となった。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

新鋭ポップ・シンガー=MØ(ムー) 初の単独ジャパン・ツアー東京公演のライヴ・レポートが公開
(Photo : Masanori Naruse)

<ライヴ・レポート>

2017年11月23日(木) / 新木場STUDIO COAST

デンマーク出身、ここ数年間で数々のヒット曲にフィーチャーされて世界中にその名前と歌声を浸透させたMØ(ムー)ことカレン・マリー・エルステッドが、昨年のサマーソニック出演に続いて、初のジャパン・ツアーを実現。新木場 STUDIO COATで東京公演を行ない、10月にリリースした最新EP『When I Was Young』の全6曲に加えて、ファースト『No Mythologies To Follow』(14年)の収録曲、さらにはゲスト参加した曲も盛り込んだ、70分・20曲のセットを披露した。

巨大なロゴを配したステージに、『When I Was Young』のオープニング曲でもある『Roots』を歌いながら登場したMØ。脇を固めるのは腕利き揃いの3ピースのバンドだ。その『Roots』が好例で、今回のEPで掘り下げたダウンビートでダークな曲を、従来からのアゲ系のダンスポップと対比させて表現のバリエーションを見せつける彼女は、ステージをたっぷり使ってワイルドに踊りながら、ちょっとクセのあるハスキーな歌声を会場に響き渡らせる。踊っていない時はステージの端に座ったり、でなければフロアに降りてオーディエンスとの距離を縮めようとするそんなMØの存在感とエネルギーは並大抵じゃなくて、パンクバンドで経験を積んだ彼女のルーツが窺えるというものだ。

そして後半はミラーボールの光がきらめく中、ディプロの『Get It Right』、DJスネイクの『Don’t Leave』、カシミア・キャットの『After Coachella』……とお馴染みのゲスト参加曲を続々聴かせ、ソロ名義で最大のヒットを記録した『Final Song』で一旦セットを締め括ると、アンコールで待っていたのが『Lean On』。MØがヴォーカルを担当した、メジャー・レイザーの大ヒット曲である。ファンに渡された日の丸の旗で身を包んで歌う姿は凛々しくて、女の子たちからしきりに「アイ・ラヴ・ユー!」の声が飛び交うのも納得。ダンスポップにロックのハートを宿らせる異色のディーバが、いよいよ日本と確かな絆を築いたようだ。
(文: 新谷洋子)

新鋭ポップ・シンガー=MØ(ムー) 初の単独ジャパン・ツアー東京公演のライヴ・レポートが公開
(Photo : Masanori Naruse)

10月に、デジタルEPをサプライズ・リリースしたばかりのMØ。これまでリリースされているシングルとは一味違う、MØ流ポップスの一面が詰まった作品に仕上がっており、フル・アルバムのリリースへ向けて益々期待が高まる。

icon-youtube-play 「ホエン・アイ・ワズ・ヤング」ミュージック・ビデオ

◆ リリース情報

ムー | MØ
配信限定リリースEP
『ホエン・アイ・ワズ・ヤング』|『When I Was Young』(全6曲)
配信中
icon-apple https://itunes.apple.com/jp/album/id1292331475?at=10lpgB&ct=886446624006_al&app=itunes
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です