[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

カミラ・カベロ、遂に来日、日本のファンに「アリガト―、ダイスキ」!

Camila Cabello


現在、世界中で大ブレイクしているカミラ・カベロ(Camila Cabello)。プロモーション活動やファン・イベント開催のため、昨日ニューヨークより日本に到着した。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

カミラ・カベロ、遂に来日、日本のファンに「アリガト―、ダイスキ」!

1月12日(金)に世界発売となったアルバム『カミラ』が、ソロ・デビュー作としては史上最多記録となる100カ国のiTunesで最高1位を獲得し、先週1月27日付の全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>でも初登場1位、同日付の週間総合シングル・チャート<ビルボード・ホット100>で遂に「ハバナ feat. ヤング・サグ」が1位に上昇したことでアルバム・シングル同時制覇を果たした。また、現地ニューヨーク時間の1月28日(日)に開催されたばかりの第60回グラミー賞では、ケシャによる「プレイング」のパフォーマンスで、シンディ・ローパーやビービー・レクサらと共演。その後U2を紹介するために1人ステージに立ち、「私たちは、この国が夢見る人々によって、アメリカンドリームを夢見る人たちのために築かれてきたと思います。今夜こうして私がステージに立てているのは、その夢見る人たちと同じように私の両親が夢だけをポケットに詰め込んでこの国へ渡ってきたからです。何倍も努力し、絶対に諦めないことを両親は私に教えてくれました。そんな両親の旅路を私も歩んでいます。東ハバナ生まれのキューバ・メキシコ系移民として誇りを持ち、ニューヨークのグラミー・ステージで皆様の前に今こうして立っています。ありがとうございます。そしてその夢と同じように大切な、この子供たちの存在を決して忘れず戦っていきましょう。」と語ったスピーチが、場内、そして世界中から大きな感動をよんだことでも話題だ。

そんな確固たるアイデンティティ、そして類まれな才能と情熱をもって、世界的スーパースターへの階段を一気に駆け上っているカミラが、2016年7月以来、約1年半ぶり、ソロとしては初めて日本に帰ってきた。

成田空港に集まった100名のファンから熱烈な歓迎を受けたカミラは、日本語で「アリガトー、ダイスキ!」とメッセージを送った。「私は日本が大好き。日本のファンは本当に愛らしくてカワイイ!それに、礼儀正しくて、優しくて、親切で、お互いに敬意を持って接するところが、とても好き。」 「私はお寿司の大ファンだし、前回は浅草に行ったけど、そういった日本の伝統的なものや場所も大好き。今回はもっと日本文化を肌で感じたいな」と、今回の来日を楽しみにしてきたようだ。

日本滞在中は、2月2日(金)にテレビ朝日系『ミュージックステーション』、6日(火)には日本テレビ系『スッキリ』に生出演することが決定しており、4日(日)にファン・イベントを開催する。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です