[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

ネイ・パーム、火の踊りを披露。新着映像公開

Nai Palm


新世代の音楽シーンを牽引するメルボルン発フューチャー・ソウル・ユニット、ハイエイタス・カイヨーテの紅1点ネイ・パーム(Nai Palm)。ギター・ヴォーカルで圧倒的なパフォーマンスを披露するネイは初のソロ・アルバム『ニードル・ポー/Needle Paw』を10月にリリース、来る3月には初のソロ公演来日が東京と京都で決定している。その最新アルバムから「ホームボディ」のミュージック・ビデオが公開された。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

icon-youtube-play Nai Palm – Homebody

この映像はネイの故郷オーストラリアのヴィクトリア州にあるヒューム湖で撮影された。火のついたファイアソードを両手に持ち、湖の中で厳かに踊るネイ。アーティストとして様々な顔をもつネイはハイエイタス・カイヨーテとして活動を始める前からこの“火の踊り”をパフォーマンスしていた経歴をもつ。「この映像の撮影は本当にパーソナルな経験だった。私の“ネイ・パーム”という名前は、このパフォーマンスをしていた時のステージ・ネーム。撮影したヒューム湖は私が育った所に近く、昔は谷だったのに今ダムになった場所。古いユーカリの木が今も湖面から立っているんだけど、私が10代初めの頃は何ともいえないこの木のたたずまいに魅了されたものだった。」と語るネイ。自分が歩んできた道を振り返る思い出がつまった場所での撮影が実現し、映像のコンセプトにもこだわって制作にのぞんだという。

ネイ・パームが在籍するハイエイタス・カイヨーテは2011年結成以来『トーク・トマホーク』『チューズ・ユア・ウェポン』の2作を発売、グラミー賞に2度ノミネートされ世界的な注目を集めている。日本へは2015年9月、2016年5月と8月の合計3回来日、ファンを増やし続けている。ネイ・パームはシンガーであり、作曲家、ギタリスト、インスト奏者、プロデューサー、そして詩人だ。初のソロ・アルバムとなった最新アルバムでは、フューチャー・ソウル・ユニットの4人が織りなす濃密バンド・サウンドとは異なるイマジネーション溢れるインティメイトな世界を聴かせている。ネイの書き下ろし新曲6曲とデヴィッド・ボウイやジミヘン等音楽的な影響を受けたアーティストのカバーとハイエイタス・カイヨーテのセルフ・カバーとで構成され、日本盤にはボーナス・トラックとしてサム・クック「ユー・センド・ミー」のピアノ弾き語りヴァージョンが収録されている。今は亡きプリンスをはじめ、ドレイク、ケンドリック・ラマー等を魅了するネイ・パーム。鮮やかな飛翔をとげるネイ、唯一無二の音世界がいよいよ日本で開花する。

◆ 来日公演情報

●東 京 3/20(火)渋谷 WWW X
前売¥5,000(スタンディング・税込・1 ドリンク別)
OPEN 18:30/ START 19:30
03-3444-6751 (SMASH)
ぴあ(P:103-340)/英語販売あり、e プラス( pre: 1/2-8)、ローソン(L: 75333)、iFLYER

◆ 商品情報

『ニードル・ポー』ネイ・パーム
品番CD:SICP5606 / 2200円+税

ネイ・パーム、火の踊りを披露。新着映像公開

【収録曲】  *ハイエイタス・カイヨーテのカバー
1. ウィティッチ (稲妻の蛇Pt.1)
2. アタリ  *
3. クロス・ファイア/ソー・イントゥ・ユー (タミア・カバー)
4. Haiku
5. メビウス  *
6. モラセス *
7. エレクトリック・レディランド (ジミヘン・カバー)
8. アトール 
9. ウェン・ザ・ナイフ *
10. ブラックスター/ピラミッド・ソング/ブリージング・アンダーウォーター (デヴィッド・ボウイ、レディオヘッドとのメドレー)
11. ボーダーライン・ウィズ・マイ・アトムズ *
12. ホームボディ 
13. ウィティッチ(稲妻の蛇Pt.2)
○日本盤ボーナス・トラック
14 ユー・センド・ミー(サム・クック カバー)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です