洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Celeb News Feature

再ブレイク中のクレイグ・デイヴィッド、全英No.1に輝いた前作を上回るニュー・アルバムをリリース

Craig David


甘い歌声と洗練されたR&Bポップサウンドで2000年代に一世を風靡したクレイグ・デイヴィッド(Craig David)。2016年9月リリースの前作「フォロイング・マイ・イントゥイション」では、デビュー・アルバム「ボーン・トゥ・ドゥ・イット」以来16年ぶりの全英1位を獲得し、しかも回顧主義なオールドファンだけではなく、現在のUKダンス・ミュージック・シーンを席捲し、驚くべき復活劇を繰り広げたことも記憶に新しい。そんな“第二のピーク”を謳歌中のクレイグが、前作からわずか1年と4カ月という短いスパンで早くもニュー・アルバム、「タイム・イズ・ナウ」をリリースした。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

再ブレイク中のクレイグ・デイヴィッド、全英No.1に輝いた前作を上回るニュー・アルバムをリリース
(Photo : Andrew Whitton)

1月26日に先行配信された同アルバムは、ここ日本でもiTunesダンス・アルバム・チャートで1位、ダンス・ソング・チャートでもファースト・シングル『ハートライン』が最高位3位(‘18年1月29日17時現在)を記録するなど好調なスタートを切っている。自身が「『ボーン・トゥ・ドゥ・イット』を作った時の感覚と非常に似ている」と語る本作には、ジョナス・ブルー、バスティル、ケイトラナダ、ゴールドリンク、ジェイピー・クーパー、エラ・マイ等前作同様、多くの若手注目アーティストを起用。特にファースト・シングル『ハートライン』を手掛けた今最も旬なヒット・メイカ―、ジョナス・ブルーとのコラボに至っては、実はジョナスがR&Bの大ファンであり、前述の『ボーン・トゥ・ドゥ・イット』をずっと愛聴していることを公言していた事がきっかけとなり、実現したという。こうして“クレイグ愛”に満ちた新進気鋭のプロデューサーを布陣に迎え”今“のサウンドにアップデートされた本作は、かつてのクレイグ・ファンにも、新しくクレイグを知るファンにも心地よく響く絶妙なサウンドとなっている。

◆ 商品情報

クレイグ・デイヴィッド/Craig David
『タイム・イズ・ナウ / The Time is Now』
<国内盤CD>
SICP 5659
●2,200円+税
●日本盤のみ未発表曲1曲を含む計3曲ボーナストラック収録
<配信/輸入盤CD(全15曲)>

icon-youtube-play 「ハートライン」 ミュージック・ビデオ

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です