[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック、オリコンで初の総合首位獲得

Greatest Showman


ヒュー・ジャックマン主演の最新ミュージカル映画サウンドトラック『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』。1月17日にリリースされたこのアルバムが、最新3月12日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:2月26日~3月4日)で先週3月5日付の2位から順位を上げ、アルバム発売から7週目、映画公開から3週目で遂に初の総合1位を獲得した。

その可憐な演技をロマンティックに盛り上げた美声が、話題となっているイタリアのテノール・トリオ、イル・ヴォーロ(IL VOLO)に早くも各方面からオファー殺到している。

(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック、オリコンで初の総合首位獲得

映画サウンドトラック盤の同ランキング1位獲得は、ディズニー・アニメーション『アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック』(2014年5月12日、19日、26日付の3週連続)以来3年9ヵ月ぶり。実写映画のサントラ盤としては、エミネム主演映画『8マイル~ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』(2003年6月9日、16日付の2週連続)以来14年9ヵ月ぶりの快挙となった。週間アルバムランキングと同時に発表された3月12日付オリコン週間デジタルアルバムランキングでも2月26日、3月5日付に続いて3週連続の1位を獲得しており、iTunesでは2月26日~3月4日の週間アルバム・ランキングで1位を獲得し、こちらも3週連続の1位を獲得している。

本作収録のキアラ・セトルによる「ディス・イズ・ミー / This Is Me」はゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞しており、第90回アカデミー賞ではノミネートも。日本時間の3月5日に開催されたアカデミー賞授賞式では惜しくも受賞は逃したが、キアラ・セトルは会場で歌唱パフォーマンスを披露。映画さながらステージに何人ものパフォーマーを引き連れて歌ったキアラは途中感極まり思わずこみ上げてきた涙をこらえながら熱唱。彼女の力強く圧倒的な歌声に会場は手拍子で応え、歌い終わると会場から大きな拍手とスタンディングオベーションが贈られた。

このキアラのパフォーマンスは、会場のスターや映画関係者はもちろん、世界中の人たちも釘づけにした。キアラの出身でもあるブロードウェイの公式ツイッターは「あなたを誇りに思います!」とツイートし、共演者のザック・エフロンは「言葉がないよ。キアラ、とても輝いていたよ」と出演後すぐにツイート。映画「アナと雪の女王」オラフ役などで知られるジョシュ・ギャッドは「何てことだ、キアラの声はこの世のものとは思えない」とSNSから賛辞を送った。ここ日本の視聴者からも「感動した」、「涙出てきた」、「This Is Meで号泣してる」などの投稿が相次いだ。

◆ 商品情報

『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』
絶賛発売中
¥1,980+税/WPCR-17962

【収録曲】
1. “The Greatest Show” – Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
2. “A Million Dreams” – Ziv Zaifman, Hugh Jackman, Michelle Williams
3. “A Million Dreams (Reprise)” – Austyn Johnson, Cameron Seely & Hugh Jackman
4. “Come Alive” – Hugh Jackman, Keala Settle, Daniel Everidge, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
5. “The Other Side” – Hugh Jackman & Zac Efron
6. “Never Enough” – Loren Allred
7. “This Is Me” – Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble
8. “Rewrite The Stars” – Zac Efron & Zendaya
9. “Tightrope” – Michelle Williams
10. “Never Enough (Reprise)” – Loren Allred
11. “From Now On” – Hugh Jackman & The Greatest Showman Ensemble

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です