[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

デヴィッド・ゲッタ&シーア、新曲「フレイムス」発表

DAVID GUETTA


EDMとアーバン・ミュージックを繋ぐ架け橋として活動してきた“人類史上最強のDJ”とも呼ばれるフランス出身のグラミー賞受賞DJ、デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)が、YouTubeチャンネルの合計視聴回数は53億再生回数を突破している素顔を明かさない女性シンガー、シーア(SIA)とコラボレーションした最新曲「Flames / フレイムス」が本日リリースした。

(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

デヴィッド・ゲッタ&シーア、新曲「フレイムス」発表

両アーティストはグラミー賞ノミネートと数多くのプラチナム認定、そしてストリーミング数10億回以上という、ヒット曲を多数リリースしており、現在の音楽シーンを語る上で重要な2人だ。そんな2人による新曲「フレイムス」は思わず聴き入ってしまうシーアの歌声とゲッタの熟達したサウンド・クリエーションがブレンドされ、リスナーを圧倒するパワフルなポップ・バラードに仕上がっている。

icon-youtube-play 「Flames」リリック・ビデオ

ビッグ・ネームなこの2人は、これまでに数多くの大ヒット曲を世に送り出してきた。初のコラボレーションとなったシングル「タイタニウム」は現在までに世界14カ国でダブル・プラチナム認定、トリプル・プラチナム認定をされており、ストリーミング回数5億回、YouTube視聴回数7億回を突破している。YouTubeで7億7000万回を記録し、世界的なブームを巻き起こした。デヴィッド・ゲッタは「タイタニウム」について、「今まで作った中で最も誇らしく思える曲の1つだね。シーアは素晴らしいソング・ライターだし、声も素晴らしいから今までに一緒に働いたアーティストの中でもお気に入りの1人だよ。とにかく彼女とまた新しいトラックを出せる事にとっても興奮しているよ。」と語っている。Billboardは「タイタニウム」について「これがダンス・ミュージックだ。あのロッキーがもし2011年の時代でMMAファイターになっていたら、彼はこれを聴いてトレーニングに励んでいただろう。」と評している。

「タイタニウム」に続いてリリースされたコラボ曲「シー・ウルフ」はストリーミング数2億5000万回、YouTubeのビデオ再生回数4億回を記録している。「バング・マイ・ヘッド」はストリーミング数4億回、YouTubeのビデオ再生回数は約2億回と、いずれも爆発的なヒットを記録。この3曲の他、共作も多く果たしている。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です