洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Celeb News Feature

映画『レディ・プレイヤー1』、ソング・アルバムとサウンドトラックの国内盤発売日が前倒しに

Ready Player One


日本では4月20日から全国公開され、全世界興収は5億ドルを突破して大ヒットを記録しているスティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』。この映画で使用された音楽を収録した2枚のアルバムが映画の盛り上がりを受け、異例となる発売日の前倒しが決定した。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

映画『レディ・プレイヤー1』、ソング・アルバムとサウンドトラックの国内盤発売日が前倒しに

『レディ・プレイヤー1』はスティーブン・スピルバーグがメガホンを取った超ド級エンターテインメント大作映画。全米では初登場1位を獲得、日本が誇るガンダムやAKIRAのバイク、他にも懐かしの映画やアニメのキャラクターが多数登場するとあって公開前から話題となり、4月18日にはスピルバーグが13年ぶりの来日を果たし多くのメディアがこぞって紹介するなど大盛り上がりとなっている。

この盛り上がりを受け、劇中に流れる洋楽を集めた『レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)』と、スコアを収録した『レディ・プレイヤー1(オリジナル・サウンドトラック)』の国内盤CDの発売が5月16日から1週間前倒しとなる5月9日に発売されることが決定された。

『レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)』は映画の全米公開日の3月30日に急遽配信開始。それまでは超トップシークレットで進められていたため、日本のスタッフもその当日にこのアルバムの発売を知ったほど。ゴールデンウィークを挟むこともあり、その当時の最速の発売日となる5月16日に発売が決定した。しかし上記の大盛り上がりを受けて、印刷所やCDプレス工場など各所に何度も交渉を重ねた結果、スコアを収録した『レディ・プレイヤー1(オリジナル・サウンドトラック)』と合わせて超異例となる1週間の前倒し発売が実現した。

『レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)』は、原作小説に登場する500曲を超える既存の楽曲から脚本家や出演者、スピルバーグが協議を行い、最終的にスピルバーグが映画に使用を決めた楽曲を収録。ビー・ジーズの「ステイン・アライヴ」、プリンス の「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」、ブルース・スプリングスティーンの「スタンド・オン・イット」など、10曲のヒット曲と、予告編で使われていたブライアン・グウェンfeat. メリッサ・ソルトヴェットの「ピュア・イマジネーション」が収められている。アルバムの中でスピルバーグのお気に入りは、テンプテーションズ「ジャスト・マイ・イマジネーション」とのこと。また、スピルバーグは通常自身の映画で既存の楽曲を使うことは非常に稀で、原作者であり脚本も担当したザック・ペンはスピルバーグに「まるでスコセッシですね!」と冗談を言ったとのこと。

同時発売となるスコアを収録した『レディ・プレイヤー1(オリジナル・サウンドトラック)』は、アラン・シルヴェストリが担当。スピルバーグ映画と言えば、映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムスの音楽が欠かせないが、同時期にスピルバーグは『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』も制作していたこともあり、御年86歳のジョン・ウィリアムスにはそちらに集中。その代わりに選ばれたのが、アラン・シルヴェストリだった。アラン・シルヴェストリはスピルバーグが製作総指揮をつめとた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の音楽を担当したことで有名だが、今回の映画には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てくる車のデロリアンも登場することもあってか、アラン・シルヴェストリが担当することに。スピルバーグ監督作品にシルヴェストリが参加したのは今回が初となる。先行して発売されたイギリスではクラシック・チャート初登場1位を記録している。

両アルバムともに、輸入盤、配信では先行で販売中。

◆ リリース情報

● ヴァリアス・アーティスト『レディ・プレイヤー1 ソング・アルバム』
Various Artists “READY PLAYER ONE: SONGS FROM THE MOTION PICTURE”
国内盤CD:2018年5月9日発売
輸入盤・配信発売中

【収録曲】
1. プリンス 「I Wanna Be Your Lover」
2. ティアーズ・フォー・フィアーズ「Everybody Wants To Rule The World」
3. テンプテーションズ「Just My Imagination (Running Away With Me)」
4. ブルース・スプリングスティーン「Stand On It」
5. ブロンディー「One Way Or Another」
6. アース・ウインド&ファイアー「Can’t Hide Love」
7. ニュー・オーダー「Blue Monday」
8. ビー・ジーズ「Stayin’ Alive」
9. トゥイステッド・シスター「We’re Not Gonna Take It」
10. ダリル・ホール&ジョン・オーツ「You Make My Dreams」
11. ブライアン・グウェンfeat. メリッサ・ソルトヴェット「Pure Imagination」

●アラン・シルヴェストリ『レディ・プレイヤー1(オリジナル・サウンドトラック)』
Alan Silvestri “Ready Player One (Original Motion Picture Soundtrack)”
国内盤CD:2018年5月9日発売
輸入盤・配信・ストリーミング発売中

映画『レディ・プレイヤー1』、ソング・アルバムとサウンドトラックの国内盤発売日が前倒しに

【収録曲】
1. The Oasis
2. “Hello, I’m James Halliday”
3. “Why Can’t We Go Backwards?”
4. An Orb Meeting
5. Real World Consequences
6. Sorrento Makes an Offer
7. Welcome To the Rebellion
8. High 5 Assembles
9. Orb of Osuvox
10. Sorrento Punked
11. Wade’s Broadcast
12. Arty On the “Inside”
13. Looking For a Truck
14. She Never Left
15. Last Chance
16. “Get Me Out of This”
17. “Hold On To Something”
18. “This Is Wrong”
19. “What Are You?”
20. “There’s Something I Need To Do”
21. Main Title
22. End Credits

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です