洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Celeb News Feature Tweet

セイント・ヴィンセント、アルバム収録曲「Slow Disco」のリワーク音源、Fast Slow Disco」をリリース

St.Vincent


インディーロックの女王セイント・ヴィンセントが、昨年リリースした最新アルバム『マスセダクション』の収録曲「Slow Disco」のリワーク音源、その名も「Fast Slow Disco」を配信限定でリリースした。

(情報提供:HOSTESS ENTERTAINMENT)

セイント・ヴィンセント、アルバム収録曲「Slow Disco」のリワーク音源、Fast Slow Disco」をリリース

「Fast Slow Disco」
購入リンク: http://smarturl.it/q29m4k

同楽曲はアルバム同様、共同プロデューサーにテイラー・スウィフトやシーア、ロード、カーリー・レイ・ジェプセンとの仕事で知られるジャック・アントノフ(ファン.、ブリーチャーズ) がクレジットされている。オリジナルの「Slow Disco」がストリングスを大々的に取り入れたスロウな仕上がりだったのに比べて、リワーク・ヴァージョンはビートが特徴的な、より厚みを増したエレクトロ・テイストになっている。すでに4月に開催された“コーチェラ・フェスティバル2018”に出演した際に披露され話題となっていた。

“コーチェラ・フェスティバル 2018”パフォーマンス映像

今週日曜にはロンドンで初開催される“All Points East Festival 2018”に出演するセイント・ヴィンセント。9月には、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの北米ツアーに女性ラッパー/シンガーのリゾとともに参加することが発表されたばかり。そしてその直前となる8月末には”SUMMER SONIC 2018″出演のために再来日が決定している。

セイント・ヴィンセント、アルバム収録曲「Slow Disco」のリワーク音源、Fast Slow Disco」をリリース

■公演情報
“SUMMER SONIC 2018”
2018年8月18日(土)/8月19日(日)
出演アーティスト : ベック、ナイン・インチ・ネイルズ(大阪のみ)、セイン
ト・ヴィンセント、テーム・インパラ、スパークス(東京のみ)、ザ・シャーラ
タンズ、ウルフ・アリス(東京のみ)、ザ・シャーロックス、ペール・ウェーヴ
ス、ムードイド(東京のみ)、ドリーム・ワイフ他
※セイント・ヴィンセントは18日(土)に大阪、19日(日)に東京に出演します

東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com

◆作品情報
アーティスト名:St .Vincent(セイント・ヴィンセント)
タイトル:Masseduction (マスセダクション)
発売日:絶賛発売中!
レーベル:Loma Vista / Hostess
品番:HSU-10160
定価:2,490円+税
※日本盤はボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付

セイント・ヴィンセント、アルバム収録曲「Slow Disco」のリワーク音源、Fast Slow Disco」をリリース

<トラックリスト>
1. Hang On Me
2. Pills
3. Masseduction
4. Sugarboy
5. Los Ageless
6. Happy Birthday, Johnny
7. Savior
8. New York
9. Fear The Future
10. Young Lover
11. Dancing with a Ghost
12. Slow Disco
13. Smoking Section
14. 政権腐敗 (Power Corrupts)*日本盤ボーナストラック

■ショート・バイオ
NYブルックリン在住のセイント・ヴィンセントことアニー・クラークはポリフォニック・スプリーやスフィアン・スティーヴンスのツアー・メンバーとして活動を開始。現在までにソロ・アルバム4枚、デヴィッド・バーンとのコラボ作を1枚発表している。2011年に<4AD>からに発表した3作目『ストレンジ・マーシー』は全米19位を獲得し、世界中で年間ベスト・アルバム上位を獲得。12年にリリースしたデヴィッド・バーンとのコラボ作『ラヴ・ディス・ジャイアント』は各メディアの年間ベスト獲得の他、第55回グラミー賞へノミネートされ話題をさらった。2014年にリリースした『セイント・ヴィンセント』は第57回グラミー賞「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」を受賞、USチャート12位を獲得し多くのメディアで年間ベスト・チャート上位にランクインした。2014年度年間ベスト・アルバム1位(クロスビート、NME、Guardian)、2位(Time誌)、3位(ミュージック・マガジン「アメリカ/カナダ部門」獲得した。2017年6月に突如新曲「New York」をリリース。同年8月に開催されたHostess Club All-Nighterのヘッドライナーとして来日を果たした。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です