[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Artist Celeb News Feature Tweet

ジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーン トニー・ベネットとダイアナ・クラールのミュージック・ビデオ公開

Tonny Bennett & Diana Krall


8月3日に92歳の誕生日を迎えた「キング・オブ・ジャズ・ヴォーカル」ことトニー・ベネットと、「ジャズ・ヴォーカルの女王」ことダイアナ・クラール。ジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーンによるデュエット・アルバム『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』が、9月14日に全世界同時発売される。アルバム・ティザー映像に続き、先行シングルの「ファシネイティング・リズム」のミュージック・ビデオが公開された。

(情報提供:UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーン トニー・ベネットとダイアナ・クラールのミュージック・ビデオ公開

「ファシネイティング・リズム」は、今回のアルバムのテーマとなっている今年生誕120周年を迎えた20世紀アメリカが生んだ最高の作曲家=ジョージ・ガーシュウィンによるナンバー。トニー・ベネットにとって「ファシネイティング・リズム」とのゆかりは深く、1949年に当時のステージネームのジョー・バリ名義で発売したデビュー・シングルがこの曲だった。以降も1959年のカウント・ベイシーとのアルバム『イン・パーソン』と1962年のカーネギー・ホールでのライヴ・アルバム、そして1982年にはTV番組で同曲を歌ってきたが、今回初めてデュエットでレコーディングを行った。

ミュージック・ビデオでは、インティメイトなムードの部屋の中で、ビル・チャーラップ・トリオをバックに、
トニーとダイアナが息のあったやり取りを繰り広げている。

「ファシネイティング・リズム」

◆リリース情報

トニー・ベネット&ダイアナ・クラール 『ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』
TONY BENNETT & DIANA KRALL “LOVE IS HERE TO STAY”

● 発売日:2018年9月14日(金)
● 形態:「CD+DVDデラックス・エディション」、「1CD通常盤」、2形態同時発売

【デラックス・エディション 収録曲】

CD
01. スワンダフル
02. マイ・ワン・アンド・オンリー
03. バット・ノット・フォー・ミー (ダイアナ・クラール・ソロ)
04. 首尾よく行けば
05. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
06. アイ・ガット・リズム
07. サムバディ・ラヴズ・ミー
08. ドゥ・イット・アゲイン
09. アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
10. ファシネイティング・リズム
11. 誰にも奪えぬこの想い
12. フー・ケアズ? (トニー・ベネット・ソロ)
13. いつの頃から (ダイアナ・クラール・ソロ)*
14. ア・フォギー・デイ (トニー・ベネット・ソロ)*
*ボーナス・トラック

DVD
デュオ・パフォーマンス映像を数曲分収録予定

【通常盤 収録曲】

01. スワンダフル
02. マイ・ワン・アンド・オンリー
03. バット・ノット・フォー・ミー (ダイアナ・クラール・ソロ)
04. 首尾よく行けば
05. ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
06. アイ・ガット・リズム
07. サムバディ・ラヴズ・ミー
08. ドゥ・イット・アゲイン
09. アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
10. ファシネイティング・リズム
11. 誰にも奪えぬこの想い
12. フー・ケアズ? (トニー・ベネット・ソロ)
13. いつの頃から (ダイアナ・クラール・ソロ)*
14. ア・フォギー・デイ (トニー・ベネット・ソロ)*
*ボーナス・トラック

● パーソネル

トニー・ベネット(vo) ダイアナ・クラール(vo) ビル・チャーラップ(p) ピーター・ワシントン(b)
ケニー・ワシントン(ds)

★ニューヨーク、アヴァター・スタジオ及びエレクトリック・レディ・スタジオにて録音

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です