洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

サラ・ブライトマン、5年ぶりのアルバムリリース&ワールド・ツアー決定

Sarah Brightman


全世界で3,500万枚以上のトータル・セールスを誇り、数々のタイアップも獲得してきた“世界最高峰の歌姫”サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)が、ニュー・アルバム『HYMN~永遠(とわ)の讃歌』(原題:HYMN)を2018年11月9日(金)に世界同時リリースすることが決定した。

(情報提供:UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

サラ・ブライトマン、5年ぶりのアルバムリリース&ワールド・ツアー決定

今回のアルバム『HYMN~永遠の讃歌』は、前作『ドリームチェイサー(夢追人)』以来5年ぶりのオリジナル・アルバムとなる。2012年10月、サラはモスクワで記者会見を行い、国際宇宙ステーションへの周回軌道宇宙飛行ミッションに飛び立つ予定であると発表し、当時全世界の注目を集めた。この時期に制作された前作『ドリームチェイサー(夢追人)』はサラの宇宙への想いが反映された科学的で精緻な内容の作品であったが、本作『HYMN~永遠の讃歌』は前作とは一転、シンプルなものへの回帰をテーマに、ハンブルク、マイアミ、ロンドン、バンクーバー、ロサンゼルス、ニューヨーク、そしてブダペストで2年間にわたってレコーディングされた。

その結果、スピリチュアルなテーマのアルバム『HYMN~永遠の讃歌』が完成した。このアルバムについてサラは語る。「『HYMN(讃歌)』という言葉について、そしてそこから思いつくことは何だろうって考えたの。私にとって、それは喜び、希望と光、親近感があって安心感があるものを意味していた。それこそ自分の人生の中で私が必要としていたものだった。私がこれまでにやったきた全てのプロジェクトも全て私の感情から生まれているわ」

アルバム・タイトルにもなっている楽曲「ヒム」は、イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド、バークレイ・ジェイムス・ハーヴェストによる作品。「イギリスやアメリカでは余り知られていないバンドではあるものの、ドイツではとても有名で、誰もがこの曲を歌えるんだ。私はずっと“ヒム”は美しい曲で、世界でもっと知られるべきだと思っていたので、サラが歌うことでそうなるといいね」とアルバム・プロデューサーのフランク・ピーターソンは言う。サラもまた「私にとってこの曲は、地に足がついていると同時に、この世のものではないような美しさを持っているわ」と語っている。

サラ・ブライトマン、5年ぶりのアルバムリリース&ワールド・ツアー決定

そして、本アルバムにはX JAPANのリーダー YOSHIKIとの超豪華コラボレーション楽曲「Miracle」の収録が決定。YOSHIKI作曲・作詞による「Miracle」は、X JAPANのワールド・ツアーのオープニング楽曲として使用されてきた作品で、YOSHIKIはピアニストとしても参加し、壮大なメロディとサラのクリスタルのような歌声が溶け合い神秘的な世界を聴くことができる。サラはYOSHIKIが音楽監督を務めた米映画『REPO! レポ』(2009年日本公開)で主題歌を歌っており、それ以来のコラボとなった。また、今週9日21日にドイツ バイエルン州、ルートヴィヒ祝祭劇場で行われるサラ・ブライトマンのコンサートで2人は共演し、YOSHIKIのピアノ演奏にて「Miracle」が披露される予定。

アルバム発売の発表に合わせて、シングル「夢 feat. ヴァンサン・ニクロ(原題:Sogni)」のデジタル配信がスタート。ヴァンサン・ニクロは1975年生まれのフランス出身のシンガー。オペラ等で活躍しており、イル・ディーヴォやプラシド・ドミンゴとも共演経験のある実力派アーティスト。2人の艶やかなヴォーカルが心地よく響く楽曲だ。
あわせて今年11月から南アメリカを皮切りに、2019年まで続く5大陸に跨る125のコンサートを含む「HYMN」ワールド・ツアーをスタートすることも合わせて発表された。サラ・ブライトマンはワールド・ツアーで使用される衣装やティアラについてスワロフスキーと提携する。

サラ・ブライトマンは、イギリス、バーカムステッド出身。3オクターヴの声域をカヴァーし“世界最高峰の歌姫”と呼ばれる、クラシカル・クロスオーヴァーのパイオニア。これまでに全世界で3,500万枚以上のトータル・セールスを誇る。ビルボードのダンス・チャートとクラシック・チャートで同時に1位を獲得した唯一のアーティストでもあり、40カ国以上で200以上のゴールドとプラチナ・ディスクを獲得している。彼女の代表作でもあり、その知名度を高めた『オペラ座の怪人』のサントラは全世界で4000万枚以上の売り上げを記録している。また、アンドレア・ボチェッリとのデュエット曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は、世界中で1,200万枚以上を売り上げて国際的成功を収めた。ブライトマンのアルバム『エデン』、『ラ・ルーナ』、『ハレム』、そして『シンフォニー』はそれぞれ、ビルボード・クラシック・チャートのトップを飾るヒットとなり、それに合わせたワールド・ツアーも行われた。彼女はまた、2007年のコンサート・フォー・ダイアナ、1992年のバルセロナ・オリンピック、そして2008年の北京オリンピックなど、世界的に有名なイベントでも曲を披露している。2018年11月には、2019年まで続く5大陸に跨る125のコンサートを含む世界ツアーをスタートさせる。

◆ リリース情報
サラ・ブライトマン『HYMN~永遠の讃歌』
Sarah Brightman “HYMN”
発売日:2018年11月9日(金)世界同時発売
品番:UCCS-1244
価格:3,000円(税込)

サラ・ブライトマン、5年ぶりのアルバムリリース&ワールド・ツアー決定

<トラックリスト>
1. ヒム・オーヴァチュア
2. ヒム
3. 夢 feat.ヴァンサン・ニクロ
4. スカイ・アンド・サンド
5. 私たちのために歌う
6. フライ・トゥ・パラダイス feat.エリック・ウィテカー・シンガーズ
7. すでに胸の中で (ルクレツィアの物語)
8. フォロー・ミー
9. ユー
10. ベター・イズ・ワン・デイ
11. 君こそ我が心のすべて
12. Miracle feat. YOSHIKI
13. タイム・トゥ・セイ・グッバイ
14. ドーン(Pop Version)*
15. スカイ・アンド・サンド(Pedi Remix)*

*日本盤ボーナストラック

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です