洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

77歳のプラシド・ドミンゴ 最新アルバム10月10日に先行リリース

Placido Domingo


世紀の名歌手プラシド・ドミンゴ(1941-)の最新アルバム『ボルベール~帰郷』が10月10日に、日本先行でリリースされた。現在、アルバムから4曲が試聴できる。

(情報提供:SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

77歳のプラシド・ドミンゴ 最新アルバム10月10日に先行リリース

ドミンゴのオペラ歌手としてのキャリアは約60年となり、過去発売したアルバムは150枚を超す。1990年代には社会現象になったホセ・カレーラス、ルチアーノ・パヴァロッティとの共演による<3大テノール>で一気にファン層を広げたドミンゴは77歳となった今も現役オペラ歌手として世界の主要歌劇場のステージにたち、指揮者としても活躍を続けている。その多忙なスケジュールの合間をぬって、同じスペイン出身のクラシック・ギターの名手パブロ・サインス・ビジェガスとの共演によりラテン・アルバムを完成させた。ドミンゴは熱烈なサッカー・ファンとしても知られており、2016年6月レアル・マドリードのベルナベウ・スタジアムに於いて、年齢差36歳のビジェガスのギター伴奏で「アディオス・グラナダ」を歌い85000人の聴衆を熱狂させた。そのステージでの共演がきっかけとなり、このアルバムが誕生することになったという。スペイン生まれでメキシコ育ちのドミンゴが新作で歌うのは、祖国スペインのサルスエラやメキシコで広く親しまれているロマンティックな有名曲をはじめ、ジョーン・バエズのヒットで知られるチリのフォルクローレ「人生よありがとう」、アルゼンチン・タンゴ不世出の歌手カルロス・ガルデルによる「ボルベール」まで全12曲を収録している。

「ボルベール~帰郷」

声とギターは音楽で人間の感情を表現する普遍の組み合わせ。自らのルーツであるラテン・ナンバーで、生きる喜びや哀しみ全てを包み込むドミンゴの味わい深い歌唱がビジェガスの真摯なプレイとともに聴くものの心をとらえてはなさない。プロデューサーにはグラミー賞受賞のラファ・サーディナを迎えている。

◆ 作品情報

タイトル:『ボルベール~帰郷』

● 2018年10月10日日本先行発売
● BSCD2:SICP31178
● 2500+税

<トラックリスト>
01. サボール・ア・ミ
02. ヌンカ
03. バレリアズ・ボッサ
04. コインブラ
05. アディオス、グラナダ
06. 最後のトレモロ(バリオス)
07. 二つの十字架
08. ラ・モレーナ・デ・ミ・コプラ
09. グアンタナメラ
10.ある恋の物語
11.人生よありがとう
12.ボルベール~帰郷

プラシド・ドミンゴ(ヴォーカル)
パブロ・サインス・ビジェガス(ギター)

録音:2017年

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です