洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ポール・マッカートニー、初の両国国技館公演ライブレポート & Set List

Paul McCartney


現在来日中のポール・マッカートニー(Paul McCartney)。相撲が大好きで、以前から日本武道館のような伝統的な会場でコンサートを行ってみたいというポールの想いが遂に実現、初の両国国技館公演が11月5日(月)に行われた。

(情報提供:UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ポール・マッカートニー、初の両国国技館公演ライブレポート & Set List
(Photo: Yoshika Horita)

************

ポール・マッカートニー
「フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー 2018」
2018年11月5日 @ 両国国技館

会場外には色鮮やかなポール・マッカートニーの「のぼり旗」が掲げられ、さながらポール場所といった雰囲気の中、「ア・ハード・デイズ・ナイト」で開幕。2曲目が終わった所で「コンバンワ コクギカン アリガトウ」と日本語で挨拶、会場に集まった7,500人のファンの歓声に包まれた。5曲目には、36年ぶりに全米1位を獲得した最新アルバム『エジプト・ステーション』から、「シンキョクデス!」というMCに続いて大ヒット・シングル「カム・オン・トゥ・ミー」を披露。12曲目「フロム・ミー・トゥ・ユー」の前には「ドスコイ、ドスコイ。ごっつぁんです」と話し、股を広げて腰を下げるポーズをとった。14曲目「ブラックバード」の時には会場が狭いのでアコギの生音が聞こえ、ザ・ビートルズのレコードの様にポールの足踏みの音まで聞こえた。

ポール・マッカートニー、初の両国国技館公演ライブレポート & Set List
(Photo: Yoshika Horita)

また、国技館は東京ドームに比べて客席との距離が近い事もあって、ポールも積極的にファンとのコミュニケーションを図り、「東京出身の人は何人いますか?」「東京以外の出身の人は何人いますか?」両者同じくらいの歓声があがると「どちらもようこそ!」と話したかと思えば、叫んでいる男性に対しポールも、日本語になっていない”めちゃくちゃ日本語”で返し、会場は爆笑に包まれる一幕もあった。観客がポールから見える距離だったので、全体にポールのジェスチャーが大きく、観客いじりがドームに比べて多かった。それがポールのパワーになってより良い演奏につながった。

後半に入り「サムシング」の前には、ジョージでなく、「ジョン、リンゴにも捧げます。」と話したかと思えば、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」の後に「僕の日本語でOK?」と積極的に話し、「007死ぬのは奴らだ」では、国技館でもおなじみの炎と爆発音があり天井が白い煙に包まれた。アンコールでは今回会場で配られた赤と青と白の3種類のサイリウムによって、あたかも客席がユニオンジャックになるような光景が見られた。
さらに、ステージ上のメンバーとも距離が近くてバンドの一体感が増し、まるでライヴ・ハウスにいるような、ロックバンド本来のライヴの醍醐味を体感できるステージだった。
ポールは国技館の音が気に入ったようで「ここのサウンドはグッドだ!」と何回も言っていた。
最後は「ごっつぁんです。また会いましょう。シー・ユー・ネクスト・タイム」と言って締めくくった。

ポール・マッカートニー、初の両国国技館公演ライブレポート & Set List
(Photo: Yoshika Horita)

【2018年11月5日(月) 両国国技館 セットリスト】

01. ア・ハード・デイズ・ナイト(ザ・ビートルズ)
02. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
03. オール・マイ・ラヴィング (ザ・ビートルズ)
04. ワインカラーの少女 (ウイングス)
05. カム・オン・トゥ・ミー(ポール・マッカートニー / 最新アルバム『エジプト・ステーション』収録)
06. レット・ミー・ロール・イット (ウイングス)
07. アイヴ・ガッタ・フィーリング (ザ・ビートルズ)
08. マイ・ヴァレンタイン (ポール・マッカートニー)
09. 1985年 (ウイングス)
10.夢の人 (ザ・ビートルズ)
11. イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー (ザ・クオリーメン)
12. フロム・ミー・トゥ・ユー (ザ・ビートルズ)
13. ラヴ・ミー・ドゥ (ザ・ビートルズ)
14. ブラックバード (ザ・ビートルズ)
15. クイーニー・アイ (ポール・マッカートニー)
16. レディ・マドンナ (ザ・ビートルズ)
17. ファー・ユー (ポール・マッカートニー / 最新アルバム『エジプト・ステーション』収録)
18. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ザ・ビートルズ)
19. サムシング (ザ・ビートルズ)
20. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ザ・ビートルズ)
21. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
22. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ザ・ビートルズ)
23. レット・イット・ビー (ザ・ビートルズ)
24. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
25. ヘイ・ジュード(ザ・ビートルズ)
(アンコール)
26. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ザ・ビートルズ)
27. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ) (ザ・ビートルズ)
28. ヘルター・スケルター (ザ・ビートルズ)
29. ゴールデン・スランバー (ザ・ビートルズ)
30. キャリー・ザット・ウェイト (ザ・ビートルズ)
31. ジ・エンド (ザ・ビートルズ)

◆ 来日公演情報

11月8日(木) ナゴヤドーム ※ポール初の名古屋公演
● 開場16:30 / 開演18:30(予定)
● 料金:S席18,500円 *Sold Out / A席16,500円 *Sold Out / B席14,500円 *Sold Out (税込・全席指定)
● 未就学児童入場不可
● お問合せ:キョードー東海 052-972-7466(月〜土10:00〜19:00 日・祝/休み)

<関連項目>
全公演でジミ・ヘンドリックスを追悼する、ポール・マッカートニー。 その背景と理由とは?

ポール・マッカートニー、10月31日東京ドーム公演 ライブレポート&SET LIST

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です