洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

岡崎京子原作による映画『チワワちゃん』の挿入歌にペール・ウェーヴスの”Television Romance”が大抜擢

Pale Waves


2019年2月に東京、大阪、名古屋の3都市を周る初単独ツアーの開催が発表されたばかりのペール・ウェーヴス。今回、映画『チワワちゃん』の挿入歌としてデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』収録曲の「Television Romance」が使用されることが決定した。

(情報提供:HOSTESS ENTERTAINMENT)

岡崎京子原作による映画『チワワちゃん』の挿入歌にペール・ウェーヴスの

「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代~90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として2019年1月18日(金)に公開される。

友だち”チワワ”の死をきっかけに揺れる若者をエモーショナルに描いている本作。『愛の渦』(2014)のヒロインで注目を浴び、以後、実力派若手女優として数々の作品に出演し続けている門脇麦が主演を務め、若手最注目俳優の成田凌など20代の実力派俳優が集結している。

ペール・ウェーヴスの「Television Romance」の選曲理由について二宮監督は以下のようにコメントしている。
「全編を通してゲーム的で現代的な音楽が流れるので、1曲はお客さんとの懸け橋にしようと思って選んだ曲です。歌詞もチワワの気持ちにリンクしているし、この曲にのって踊るチワワを見せたかったというのもあります」

90年代に描かれた原作を現代に置き換えて、エネルギーに満ち溢れた“今”を生きる若者たちの青春の“爆発と終わり“を鮮やかに描いた映画『チワワちゃん』。ペール・ウェーヴスの初ジャパン・ツアーとあわせて映画もチェックしてほしい。

映画挿入歌「Television Romance」

映画「チワワちゃん」のティーザー

■映画情報
タイトル:『チワワちゃん』
公開予定日:2019年1月18日(金) 全国ロードショー
配給:KADOKAWA
コピーライト:ⓒ2019「チワワちゃん」製作委員会
公式サイト: https://chiwawa-movie.jp/
 ※映倫区分:R15+

 ■公演情報
【名古屋 2月25日(月) 名古屋 CLUB QUATTRO】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>名古屋クラブクアトロ 052-264-8211

【大阪 2月26日(火) 梅田 TRAD】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング  ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888

【東京 2月27日(水) 恵比寿 LIQUIDROOM】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング  ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

制作 ・招聘 :クリエイティブマン

◆ アルバム情報
アーティスト名:Pale Waves (ペール・ウェーヴス)
タイトル:My Mind Makes Noises(マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ)
発売日:絶賛発売中
レーベル:Dirty Hit / Hostess
品番:HSE-6862
価格:2400円+税
※日本盤はボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(粉川しの)付

岡崎京子原作による映画『チワワちゃん』の挿入歌にペール・ウェーヴスの

<トラックリスト>
1. Eighteen
2. There’s A Honey
3. Noises
4. Came In Close
5. Loveless Girl
6. Drive
7. When Did I Lose It All
8. She
9. One More Time
10. Television Romance
11. Red
12. Kiss
13. Black
14. Karl (I Wonder What It’s Like To Die)
15. The Tide (Demo) *

日本公式サイト: http://hostess.co.jp/palewaves/

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です