洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

カナダの新進気鋭プロデューサー Datsunn、デビュー作『Familiar Faces』を2019年1月16日にリリース

Datsunn


カナダのウィンザーを拠点とするシンガー/プロデューサーのDatsunn(ダッサン)。ソウルやファンクを土台にしたクラシカルなヒップホップ的トラックメイクと柔らかで豊かな歌声を持つ彼のデビュー作『Familiar Faces』が、ボーナストラックを加えた日本限定盤として2019年1月16日にリリースされることが決定した。

(情報提供: SWEET SOUL RECORDS)

カナダの新進気鋭プロデューサー Datsunn、デビュー作『Familiar Faces』を2019年1月16日にリリース

Roy AyersやLewis Taylor、J Dillaや9th Wonderといったアーティストから影響を受けたという彼は、ウィンザーでフォークやポップ、ファンクなどをベースに自身の音楽を磨き、カナダを飛び出し世界へと活躍の場を移していく。この過程で世界中の音楽と直接ふれあいながらミュージシャンとして大きく成長を遂げ、ハイセンスな音楽的感性とテクニックが形成されていった。それ以降も音楽制作に対する彼の情熱は増すばかりで、自身の表現方法をより一層ハイレベルにすべく日々制作を続けているという。

そんな彼のデビュー作『Familiar Faces』は、先進性の中にも友人たちと作り上げたという温かさも感じさせる作品。オープニング・トラック“Film 68”や本編のラストを飾る“Beautiful Land”など、Datsunnによるソロワークでは思わず体が動いてしまうダンサブルなグルーヴに満ちたトラック・メイク・センスを見せてくれる。さらに彼の友人でもあるアーティストたちとのコラボレーション楽曲では、その卓越したプロデュース能力を感じさせる。“Extra Love”ではデトロイトのMC・Munchが参加。DatsunnのダンサブルなビートがMunchのラップによりさらにドライブ感を増した1曲に仕上がっている。そのほかにもAnderson .Paakのようなシャギーな歌声を持つOmar AragonesやZillie Holiday、Saint Amourなどそれぞれ色の異なるアーティストたちを見事に活かしきり、一つの作品として高い完成度に仕上げている。

まだまだ無名だからこそできる熱量の高いアルバム『Familiar Faces』はデビュー作にして圧倒的完成度を誇っている。ドライブやクラブなど、様々なシチュエーションにおいてその場を一層彩るマスターピースとなる1枚が誕生した。

◆ リリース情報

アーティスト:Datsunn
タイトル: Familiar Faces
販売価格:¥2,381(+ tax)
発売日:2019年1月16日
商品コード:SSRi-0157

カナダの新進気鋭プロデューサー Datsunn、デビュー作『Familiar Faces』を2019年1月16日にリリース

【収録曲】
01. Film ’68
02. The Plan
03. Blow Away Breeze
04. Extra Love (feat. Munch)
05. Sad Day, Syke (feat. Zillie Holiday)
06. Wonder (feat. Omar Aragones)
07. Heavenly (feat. Saint Amour, Munch, Zillie Holiday)
08. Don’t Need You (feat. Jemille Ali)
09. Searching
10. Never Find (Interlude)
11. La Famille (feat. Sam Be Yourself)
12. Back of my Mind (feat. Jacob Sigman, Munch)
13. Beautiful Land
14. Wonder (feat. Omar Aragones) (nuntheless Remix) *Japan Bonus Track
15. Why Would I Lie? (Instrumental) *Japan Bonus Track

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です