洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

Julian Lynch、新作 『Rat’s Spit』から「Catapulting」が公開

Julian Lynch


ニュージャージー出身で現在はウィスコンシンを拠点に、人類学および音楽民族学の共同博士号を追求しながら、
Real Estateのリード・ギタリストとしても活動しているJulian Lynchの来年1月18日発売となるソロ新作
『Rat’s Spit』からサード・シングルとなる「Catapulting」が公開された。

(情報提供:PLANCHA)

Julian Lynch、新作 『Rat's Spit』から「Catapulting」が公開

Julian Lynch – Catapulting
https://soundcloud.com/underwaterpeoples/julian-lynch-catapulting-1

ニュージャージー出身で現在はウィスコンシンをベースに活動しているJulain Lynchの2013年以来となる新作アルバムが完成。2000年代のインディ・ミュージック・シーンを牽引したレーベルのひとつ、Olde English Spelling Beeからリリースした『Mare』がPitchforkで8.5点のベスト・ニュー・ミュージックを獲得し、注目を集めた彼だが、Real Estateへの加入もあり、2013年以降ソロ作をリリースしていなかった。しかしついに新作ソロ・アルバムとなる『Rat’s Spit』が完成。
Tears for Fears、Yes、Cocteau Twins、Kate Bush、George Clintonの自主制作のソロ・レコード、Brian Eno、そしてSteve Vaiの『Flex-Able』などにみられるより偏重なポスト・ザッパ・プロダクションなどからインスピレーションを得ており、Lynchのエレクトリック・ギターへのユニークなアプローチは、Robert Frippのレガート演奏、Henry Kaiserの拡張テクニック、そしてAdrian Belewのミディ・ピックアップによるアナログ・シンセのレイヤリングなど、楽器のより型にはまらない手法と可能性を探求している。

◆リリース情報
Artist: Julian Lynch

Title: Rat’s Spit

Cat#: ARTPL-111

Format: CD / Digital
※ボーナス・トラック収録予定

※解説・歌詞・対訳: 清水祐也(Monchicon!)

※日本のみでCD化


Release Date: 2019.01.18

Price(CD): 2,000yen + 税

Julian Lynch、新作 『Rat's Spit』から「Catapulting」が公開

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です