洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

デイヴィッド・ロディガン、10年ぶりの来日ツアーが決定

DAVID RODIGAN


ラジオパーソナリティとして大英帝国勲章を授与される一方、サウンドクラッシュでも数々の功績をもつセレクター=デイヴィッド・ロディガン(David Rodigan)。MIGHTY CROWNはもちろん世界中の尊敬を集める偉大なるUKの音楽アイコンである彼の10年ぶりの来日ツアーが決定した。

(情報提供: MIGHTY CROWN ENTERTAINMENT)

デイヴィッド・ロディガン、10年ぶりの来日ツアーが決定

1960年代、スカとの出会いをきっかけにジャマイカ音楽に魅了されたデイヴィッド・ロディガン。当時のスカに限らず、ジャマイカからイギリスへと送り届けられる全ての楽曲、アーティスト、ミュージシャン、プロデューサー、リディム・トラックを知ることに取り憑かれ、やがてその知識をもとにDJとして活動を開始。
俳優業も経験した後、1978年からは国営放送BBCでラジオ番組、そしてレゲエDJとしてのキャリアをスタート。翌79年からは、その後11年続くことになる伝説のレゲエ番組「ROOTS ROCKERS」をキャピタル・ラジオで担当して、「イギリスを代表するレゲエDJ」、「レゲエ伝道師」としての地位を確立。以来、現在まで様々なラジオ局でレゲエ専門番組を40年以上にわたって担当。現在もBBC Radio 1Xtraで継続中。レゲエ、ダンスホールが時代の中で変化し続けていく中でも深い知識と理解を持って、自身の選曲とトークでその魅力を伝え続けている。

また、そうしたラジオDJとしての活動と並行してセレクターとしても活動。そのラジオで鍛えられたMC、膨大なレコード・コレクションと知識、また特別にカスタマイズされたダブ・プレートを武器に、イギリスのみならず世界中のダンスの現場でプレー。温厚な人柄であることは確か、しかし、自身のラジオ番組が不当な扱いを受けたことに抗議をして突然番組を降板、国営放送BBCにそれを撤回させた事実もある通り、その強い反骨心と姿勢も確かで、そのスピリットも武器に、これまでに数多くのトップ・サウンドとのクラッシュに参加している。

ジャマイカ、US、カリブ、また日本のMIGHTY CROWNとの激戦も多数。2012年「WORLD CLASH」では優勝するなど、その変幻自在なスタイルとプレーでも世界中のレゲエ・ファンから高い人気とリスベクトを獲得し続けている。

こうした彼の活動、レゲエの伝導のみならず、レゲエを通じて、イギリスとジャマイカ、国境・国籍・人種を超えた理解と連帯、団結にも導くことに貢献した長い活動と功績に対して、2012年には大英帝国勲章MBEが授与されている。

2017年には自叙伝『MY LIFE IN REGGAE』を刊行。世界中で音楽書籍としては異例のベスト・セラーを記録し、ROUGH TRADEの「BOOK OF THE YEAR」にもノミネート。2018年には活動40周年を記念した世界ツアー、ロンドンの殿堂=ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでの記念公演を成功。2019年にも世界ツアーと特別公演を開催予定と精力的に活動している。 (Text by KOJI YAWATA/24x7RECORDS, INC.)

◆ 来日公演情報

『 DAVID RODIGAN Japan Tour 2019 with MIGHTY CROWN 』

デイヴィッド・ロディガン、10年ぶりの来日ツアーが決定

【大阪】 3月20日(水・祝前日) Club Joule
【仙台】 3月22日(金) MACANA 
【横浜】 3月23日(土) Yokohama Bayhall
【福岡】 3月24日(日) THE VOODOO LOUNGE
     ※福岡公演のみデイイベント/Mighty Crownの出演はなし。

http://www.mightycrown.com

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です