洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ラム・オブ・ゴッドのギタリスト マーク・モートンが初のソロ・アルバムをリリース

MARK MORTON


現代ヘヴィ・ロックをリードするアメリカのバンド ラム・オブ・ゴッドのギタリスト、マーク・モートン(Mark Morton)。故チェスター・ベニントン、マイルス・ケネディ、アリッサ・ホワイト-グルーズ、ジョシュ・トッドなど錚々たるヴォーカリストが参加した初のソロ・アルバム『アネスセティック』をリリースした。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ラム・オブ・ゴッドのギタリスト マーク・モートンが初のソロ・アルバムをリリース

「クロス・オフ feat. チェスター・ベニントン」は2017年4月にレコーディングされた曲で、演奏はマーク(ギター)、トリヴィアムのパオロ・グレゴリート(ベース)、アレックス・ベント(ドラム)が担当。ヴォーカルを打診されたチェスターはこの曲を気に入り、さらなるアイデアや歌詞を持ってスタジオへ現れたという。マーク・モートンはチェスター・ベニントンとの作業についてこう語っている。「自ずといろんなことが溢れ出てくる、とても自然なプロセスだった。俺たち二人とも最初からこの曲が気に入っていたし、一緒に取り組んだ誰もがエネルギーやエモーションをたくさん注ぎ込んでくれた」。

「クロス・オフ feat. チェスター・ベニントン」

「セイヴ・ディファイアンス feat. マイルス・ケネディ」は、アリス・イン・チェインズのマイク・アイネズ(ベース)とKORNのレイ・ルジアー(ドラム)が演奏に参加。スラッシュ、アルター・ブリッジのヴォーカリストであるマイルス・ケネディは、「マークと手を組む機会を得られたことは良い経験になった。ずっとラム・オブ・ゴッドの彼のファンだったから、このレコードで歌わないかと声をかけられた時は名誉に感じた。マークは見事な仕事ぶりで、歌う俺にインスピレーションを与えてくれるトラックを作り上げた。初めて聴いて、メロディもリリックもすんなり頭に入ったよ。制作プロセスは本当にスムーズだった。このような歌が出来上がってとても嬉しいね」とコメントしている。マークも「この曲は最初からマイルス・ケネディ以外ありえなかった。彼は途方もない才能を持った、驚くほど堅実で謙虚な男だ。

インストゥルメンタルのデモ音源が出来上がる前から、ヴォーカルは彼にお願いすることになると確信があった。あの声がピッタリだと感じていたんだ。彼はこのトラックにじっくり取り組み、自分のものにしてしまった。一緒に仕事をするチャンスを持つことができて、とても感謝しているよ」と振り返る。

「セイヴ・ディファイアンス feat. マイルス・ケネディ」

長年に亘って書いてきた曲が、ドリーム・チームともいえるミュージシャンたちとのコラボレーションでアルバムの形となりリリースを迎えた3月、マーク・モートンはアメリカとカナダの主要都市でライヴを10公演行う。ヴォーカルは、『アネスセティック』にも参加しているサンズ・オブ・テキサスのマーク・モラレスが務めることになっている。

◆ 作品情報
マーク・モートン『アネスセティック』 発売中
● 品番:UICO-1307
● 価格:¥2,500+税

ラム・オブ・ゴッドのギタリスト マーク・モートンが初のソロ・アルバムをリリース

<トラックリスト>
01.クロス・オフ feat. チェスター・ベニントン
02.スウォーン・アパート feat. ジャコビー・シャディックス
03.アクシス feat. マーク・ラネガン  
04.ザ・ネヴァー feat. チャック・ビリー&ジェイク・オニ
05.セイヴ・ディファイアンス feat. マイルス・ケネディ
06.ブラー feat. マーク・モラレス
07.バック・フロム・ザ・デッド feat. ジョシュ・トッド
08.リヴィール feat. ネイマー・マドックス
09.イマジナリー・デイズ
10.ザ・トゥルース・イズ・デッド feat. ランディ・ブライ&アリッサ・ホワイト-グルーズ

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です