洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ、新作よりアルバム・タイトル・トラック「メタヴォリューション」を公開

RODRIGO Y GABRIELA


前作『ナイン・デッド・アライヴ』から5年を経て、メキシコのアコースティック・ロック・ギター・デュオ、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ(Rodrigo y Gabriela)が、オリジナル楽曲6曲にピンク・フロイドのカヴァー「エコーズ」を加えた新作『メタヴォリューション』を4月24日に日本先行発売することが決定、アルバム・タイトル・トラック「メタヴォリューション」のスタジオ・パフォーマンスを公開した。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

Rodrigo y Gabriela – Mettavolution (Official Audio)

「メタ」とはサンスクリット語で慈悲と博愛を生み出す瞑想状態を意味する。ガブリエーラによると「現実的な精神状態」をも意味すると言い、「楽器を練習するみたいに、よりよい住民になるために鍛錬することなの。より進化した境地でね」と語っている。

また新作は、オアシス、LCDサウンドシステム、ア・パーフェクト・サークル、フォール・アウト・ボーイなどとの仕事で知られるデイヴ・サーディがプロデューサーを務め、オリジナル楽曲6曲に加え、ピンク・フロイドの「エコーズ」のカヴァーを収録。アルバム後半部分のすべてを占めており、フロイドの長年のファンである2人が、1971年に発表された『おせっかい(Meddle)』に敬意を表するとともに、彼らならではの金糸をそのタイムレスなテクスチャーに織り込み、現代的でエキサイティングな忘れられないものに仕上げている。「僕たちはピンク・フロイドの大ファンなんだ。この曲、特にポンペイでのライヴ・ヴァージョンは僕たちにとって大きな意味を持つんだ。僕たちの“ハヌマン”のビデオは大いに似せまでしたよ。それとは別に、歌詞が45年前よりいっそう今日的な意味を帯びているよね。自分たちについての知識の追求は今サバイバルの鍵となってきている。つまるところそれこそが進化なんだ」と彼らは語っている。

Rodrigo y Gabriela – Echoes

◆ リリース情報
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ
『メタヴォリューション』
発売日:2019年4月24日(日本先行発売)

【トラックリスト】
01. メタヴォリューション
02. テラセントリック
03. クンベ
04. エレクトリック・ソウル
05. クロトーナ・デイズ
06. ウィットネス・ツリー
07. エコーズ (*ピンク・フロイドのカヴァー)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です