洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ゴースト、来日記念サイン会&撮影会が決定

GHOST


3月21日(木・祝)に開催されるDOWNLOAD JAPAN 2019の最終ラインナップの一つとして出演が発表されたスウェーデン出身のバンド、ゴースト(Ghost)。2010年デビュー・アルバム『オーパス・エポニモウス』リリース、2013年セカンド・アルバム『インフェスティスマム』とデイヴ・グロールのプロデュースによるカヴァーEP『If You Have Ghost』をリリース、2014年サマーソニックで初来日、2015年サード・アルバム『Meliora』が全米TOP 10入り、収録曲の「Cirice」が2016年にグラミー賞「最優秀メタル・パフォーマンス」を受賞。米Entertainment Weeklyは“地球で最もダイナミックでラウドなバンドの一つ”と評した。
2018年6月にリリースされた最新アルバム『プレクウェル』は全米3位、3か国で1位を獲得、グラミー賞「最優秀ロック・アルバム」にノミネート。このアルバムを携えて、4年半ぶりに日本でのライヴが実現する。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ゴースト、来日記念サイン会&撮影会が決定

DOWNLOAD JAPAN 2019の翌日3月22日(金)に、タワーレコード渋谷店で来日記念サイン会&撮影会が行われることが決定した。日本でサイン会を行うのはこれが初めて。

ゴーストは、写真やライヴではその素顔がわからない。デビュー時から正体不明のバンドだったが、2017年8月、トビアス・フォージという人物がゴーストを仕切っているのは自分であると明かした。トビアスは、ゴーストの全作品のディレクターであり、各アルバムのフロントマンのキャラクター(『プレクウェル』ではコピア枢機卿。過去作ではパパ・エメリタス1世~3世)の生みの親であり、全作品のシナリオ/歌詞/ミュージック・ビデオ/ワードローブ/アートワーク/映像まで、すべてを手掛けているのだ。

海外ロック・メディアLOUDWIREが「2018 メタル・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に選出したトビアス・フォージが操る、世界で最も謎解きしたくなるメタル・バンド。メタリカのWORLDWIRED TOUR 2019ヨーロッパ・スタジアム・ツアーのサポート・アクトに決定している。

「Rats」

「Dance Macabre」

◆ ゴースト 来日記念サイン会&撮影会

【開催日時】2019年3月22日(金) 19:00~
【場所】タワーレコード渋谷店 6F洋楽フロア 
【詳細】 http://towershibuya.jp/2019/03/14/131985

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です