洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

アヴリル・ラヴィーン、5年ぶりの来日イベントでライヴパフォーマンス

AVRIL LAVIGNE


前作から5年3ヶ月という過去最長のインターヴァルで、今年2月に通算6枚目となるニュー・アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』をリリースしたアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)。前人未到のアルバム3作連続ミリオン・セールスを達成するなど、ここ日本での人気も絶大な彼女が、3月27日に東京の恵比寿でプレミアム・イヴェント「<祝・復活!>Japan Fan Event」を開催した。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

アヴリル・ラヴィーン、5年ぶりの来日イベントでライヴパフォーマンス
(Photo: YUKI KUROYANAGI)

この間にアヴリル・ラヴィーンが、難病のライム病に感染して壮絶な闘病生活を送っていたことを、ファンならずともご存じの方は多いだろう。2年間も寝たきり状態が続き、死を意識した時もあったのだとか。アルバムのタイトル曲「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」は、ベッドで溺れるような感覚の中で作ったという渾身のバラードだ。そんな背景もあり、とても温かな拍手と声援に迎えられて登場したアヴリルは、日本語で「ダイスキ、ジャパン。ミンナ、サイコー」と感慨深げに挨拶。アコースティック・セットで「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」と、セカンド・アルバム『アンダー・マイ・スキン』収録の「マイ・ハッピー・エンディング」を披露した。
内なる何かが呼び覚まされたかのように、一段と情感を増した生歌のパフォーマンスに、会場には感極まって涙するファンも。ライヴ後にはトークで、「大好きな日本のファンと、こんな近くで会えて嬉しい」「ニュー・アルバムは、この数年間の自分の人生を歌った作品」「今回はゆっくり滞在できて、増上寺や原宿を観光したり、買い物を楽しんだりした。でも今日が一番!」などと語り、ファンから寄せられた質問にも答えたアヴリル。最後はファンお待ちかねのフォト・セッションで、より親密なムードの中、満面の笑顔で再会を約束していた。  (文: 鈴木宏和)

アヴリル・ラヴィーン、5年ぶりの来日イベントでライヴパフォーマンス

◆ 作品情報

Avril Lavigne|アヴリル・ラヴィーン
『Head Above Water|ヘッド・アバーヴ・ウォーター』
<国内盤>
全13曲 / 2形態同時発売
●完全生産限定<カードケース付き>デラックス盤: デジパック仕様 / 3,500円+税 / SICX30068-69
●通常盤2,400円+税 / SICX-30067
※以下2形態共通
高品質Bluspec CD2仕様(CDプレイヤーで再生可能)
抽選でアーティスト・グッズが当たる応募ステッカー付(通常盤は初回生産分のみ)
ボーナス・トラック1曲収録

アヴリル・ラヴィーン、5年ぶりの来日イベントでライヴパフォーマンス

【トラックリスト】
01. Head Above Water|ヘッド・アバーヴ・ウォーター 
02. Birdie|バーディー
03. I Fell In Love With The Devil|アイ・フェル・イン・ラヴ・ウィズ・ザ・デヴィル
04. Tell Me It’s Over|テル・ミー・イッツ・オーヴァー 
05. Dumb Blonde|ダム・ブロンド
06. It Was In Me|イット・ワズ・イン・ミー
07. Souvenir|スーヴェニア
08. Crush|クラッシュ
09. Goddess|ゴッデス
10. Bigger Wow|ビッガー・ワオ
11. Love Me Insane|ラヴ・ミー・インセイン
12. Warrior|ウォリアー
日本盤ボーナス・トラック
13.Head Above Water Featuring Travis of We The Kings|ヘッド・アバーヴ・ウォーター feat. トラヴィス・オブ・ウィー・ザ・キングス

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です