洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ノルウェーのDJデュオSeeb(シーブ)、日本アニメに影響を受けたミュージック・ビデオ公開

SEEB


コールドプレイやテイラー・スウィフト等、著名アーティストのリミックスを手がけてきたノルウェー出身のDJデュオ、Seeb(シーブ)の新曲「Free to Go」が解禁、そして日本アニメにインスパイアされたと言うミュージック・ビデオも同時公開となった。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

「Free To Go」 ミュージック・ビデオ

当曲は同じくノルウェー出身の、幻想的なサウンドと透明感あふれるヴォーカルが特徴のインディーポップ・バンド、ハイアズカイトとのコラボレーションによるもの。
また、ミュージック・ビデオは日本と海外に拠点を持つ映像制作会社イアリン・ジャパンが手がけており、日本の手書きアニメを取り入れたいと言うアーティストの強い意向により実現した。

Seebよりミュージック・ビデオについてのコメント

『「Free to Go」のヴィジュアル・イメージは、楽曲制作当初からかなり強くあったんだ。絶望と希望の両方が詰まった未来で、ダークかつ解放感のあるサウンドをイメージしたとき、日本のSFアニメが脳裏によぎったんだ。それは士郎政宗(攻殻機動隊の作者)の描く世界から、AKIRAや銀色の髪のアギトといったようなアニメ映画までね。日本アニメは僕たちの人生においてとても意味のある物で、こんな機会をずっと待ち望んでいたんだ。』

ミュージック・ビデオでは手書きアニメと3DCGの手法が掛け合わされており、手書きアニメの部分は日本が制作。それを元にロンドン、チェコのスタジオで3DCGが書き加えられ、Seebが楽曲に対してイメージしていたSF・ダークファンタジー・サイバーパンクといった要素が取り入れられた映像が完成した。手描きアニメと3DCGをかけ合わせたミュージック・ビデオを、3カ国のスタジオをまたいで制作されるという極めて珍しい手法で制作されたこのビデオは、海外からの日本のアニメ文化・技術に対する需要の高まりを顕著に示すと共に、世界基準の文化として受け入れられるようになっているということを証明する作品であるとも言えるだろう。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です