洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ペンタトニックス 「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」をカバー

PENTATONIX


連続グラミー受賞、アカペラ・グループ史上初となる2作連続全米1位、そして動画総再生は40億回を超える“声”だけで世界を魅了し続ける奇跡のアカペラ ・グループ=ペンタトニックス(Pentatonix)が、レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパーが監督/主演を務めたミュージカル映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」をカバーし、楽曲とミュージック・ビデオが先週末公開となった。原曲は、世界76の国と地域でiTunesシングルチャート1位、2019年のグラミー賞<最優秀ポップ・パフォーマンス賞>と<最優秀映像作品楽曲>、アカデミー賞<歌曲賞>、ゴールデン・グローブ賞<楽曲賞>の受賞を果たした大ヒット曲。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」 ミュージック・ビデオ

ペンタトニックスがカバーしたミュージック・ビデオでは、ケヴィンが得意のチェロを奏で、その音に乗せて、ブラッドリー・クーパーのパートをスコットが、レディー・ガガのパートをカースティンとミッチが担当し、5人の声とチェロのハーモニーで、原曲の壮大な世界観を見事に再現している。

また、2016年にブロードウェイで公開になったミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』からの楽曲「ウェイヴィング・スルー・ア・ウィンドウ」のカバー楽曲とミュージック・ビデオも先月配信し、2週連続となるミュージカル曲の配信となった。

「ウェイヴィング・スルー・ア・ウィンドウ」 ミュージック・ビデオ

2017年は、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』にインスパイアされ、「ラ・ラ・ランド メドレー」をメンバーのスコットとミッチのデュオ・プロジェクト=スーパーフルーツがカバー、昨年はミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「ザ・グレイテスト・ショー」をカバーし、女性メンバーのカースティンが、トニー賞受賞のミュージカル「キンキーブーツ」でブロード・ウェイ・デビューを果たすなど、ミュージカル好きなペンタトニックスならではの選曲となっている。そんなペン他とニックスは、現在北米ツアー中である。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です