洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

カミラ・カベロ、最新シングル「ファインド・ユー・アゲイン」のミュージック・ビデオ公開

CAMILA CABELLO


「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」の大ヒットで知られ、7度のグラミー賞受賞歴を誇るマーク・ロンソンが情熱の歌姫=カミラ・カベロ(Camila Cabello)とタッグを組んだ最新シングル「ファインド・ユー・アゲイン」のミュージック・ビデオが、全世界公開となった。カミラ・カベロはソロ・デビュー・アルバム『カミラ』で世界110カ国のiTunesで1位を獲得し、同アルバムとシングル「ハバナ feat. ヤング・サグ」で全米チャート同時1位を達成するなど、世界中を魅了している。美しく長いダークヘアーがチャームポイントのカミラ・カベロが、この映像にて金髪姿を初公開し、普段とは違った魅力を溢れさせている。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

マーク・ロンソン「ファインド・ユー・アゲイン feat. カミラ・カベロ」ミュージック・ビデオ

本ミュージック・ビデオでは、マーク・ロンソンはじめ複数の賞金稼ぎが、賞金首のカミラ・カベロを捕まえるべくその行方を追うという映画のようなストーリー仕立てになっている。マークの最新アルバムのテーマでもある「失恋」にちなんで「クラブ・ハートブレイク」と名付けられたクラブで働くカミラは、金髪のウィッグをつけて変装しており、セクシーな衣装で歌と踊りを披露している。その様子を見たマーク・ロンソンが、あまりのカミラの美しさに、本来捕まえるべきだった彼女と一緒に禁断の愛の逃避行に繰り出し、エンディングを迎える。

ミュージック・ビデオを手掛けたのは新進気鋭の二人組、ブラッドリー&パブロ。これまでに、グラミー賞を受賞したシルク・シティの楽曲「エレクトリシティ」やスティーヴ・アオキとワン・ダイレクションのメンバールイ・トムリンソンがタッグを組んだ「ジャスト・ホールド・オン」、リトル・ミックス「シンク・アバウト・アス feat. タイ・ダラー・サイン」といった人気アーティストのMVを手掛けている

これまでにブルーノ・マーズ、エイミー・ワインハウス、レディー・ガガ、アデルやポール・マッカートニーといった数々の大物アーティストを手掛けてきた人気ミュージシャン・DJ・プロデューサーのマーク・ロンソン。作曲で参加したレディー・ガガが初主演を務めた映画『アリー/ スター誕生』の主題歌「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」で、2019年のグラミー賞<最優秀映像作品楽曲>、アカデミー賞<歌曲賞>(主題歌賞)ゴールデン・グローブ賞<主題歌賞>でトリプル受賞も果たすなど、名実ともに世界最高峰。そんなマークが約4年ぶりに発売したアルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』は、カミラ・カベロのほか、マイリー・サイラス、アリシア・キーズ等、総勢10名のゲストを迎えた豪華アルバムとなっている。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です