洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ハリー・スタイルズ、一夜限りの新作発売記念ライヴでアルバム全曲披露

HARRYS TYLES


12月13日(金)に、待望のセカンド・ソロ・アルバム『ファイン・ライン』をリリースした、絶対的ポップ・アイコン=ハリー・スタイルズ(Harry Styles)が、新作のリリースを記念し、発売日当日(現地時間)に米ロサンゼルスのザ・フォーラムで、一夜限りのスペシャル・ライヴを開催した。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

ハリー・スタイルズ
一夜限りの新作発売記念ライヴでアルバム全曲披露
(Photo by Helene Pambrun)

チケットが即完売となった同公演で、ハリーはその日にリリースしたばかりの新作を初めて全曲披露。アルバムのジャケット写真と全く同じ衣装をまとい、本人含め6人編成のバンドでダイナミックなステージを繰り広げ、終始黄色い声援が飛び交うライヴとなった。記念すべき一夜限りのスペシャル・リリース・ライヴの速報ライヴレポートが到着した。

*********

12月13日、2ndアルバム『ファイン・ライン』の発売日に、ハリー・スタイルズがロサンゼルスのザ・フォーラムで特別ライブを行い、完売の会場に約18000人のファンが集結した。

大歓声の中、バンドを従えて現れたハリーはスターのオーラが全開。ギターを弾きながら“ゴールデン”を鮮やかに歌い終えると、耳をつんざくような歓声が上がった。

「アルバムを頭から最後までやるのは、今日限りだと思う。歌える曲があったら一緒に歌って」というMCを挟んで、「ウォーターメロン・シュガー」と「アドア・ユー」は頭から大合唱。そして“ライツ・アップ”で、ハリーは最後のパートを全て観客に歌わせ、ハイライトを作った。

フォーク調の「チェリー」、バラード曲の「フォーリング」、共作者のミッチ・ローランドが飛び入りした「トゥ・ビー・ソー・ロンリー」、ブルージーな「シー」、愛らしい「サンフラワー、Vol.6」、70年代西海岸ロック風の「キャニオン・ムーン」と、様々な曲がハリーのギター演奏とファン思いのMCを交えながら披露され、新作の世界に惹き込まれる。

ハリー・スタイルズ
一夜限りの新作発売記念ライヴでアルバム全曲披露
(Photo by Helene Pambrun)

「トリート・ピープル・ウィズ・カインドネス」では、サビを歌うホリーとジェスが登場。二人の美しいハーモニーとハリーの力強い歌声が交錯し、これもハイライトに。それからアルバムを締めくくる“ファイン・ライン”で、ハリーは夢見心地になる歌声を響かせ、会場全体を包み込んだ。

アンコールも素晴らしかった。前作の「サイン・オブ・ザ・タイムズ」で大合唱を巻き起こした後、サプライズで登場したスティーヴィー・ニックスとフリートウッド・マックの名曲「ランドスライド」をデュエット。パワフルで素晴らしいハーモニーに大歓声が上がる。それから1Dの「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」で観客は大熱狂。続くポール・マッカートニーの「ワンダフル・クリスマスタイム」のカバーでは場内に大量の紙吹雪が降り注ぎ、最後にハリーは再度お礼を言い、「キウイ」で最高にロックして締めくくった。 
 ハリーが素晴らしいシンガーソングライター兼スーパースターであること、ファンを心から大切に思っていること、そしてMCで新作のエピソードまでが分かる、掛け替えのないステージだった。

(文:鈴木美穂)

*********

2017年のソロ・デビュー作『ハリー・スタイルズ』から、アーティストとして更なる大進化を遂げたハリー。来年4月からはいよいよ大規模ワールド・ツアー<ラヴ・オン・ツアー2020>をスタートさせるが、新作の全容が明かされ、ライヴでも早速全曲初披露された今、ツアーではどんなステージが繰り広げられるのか、期待値が高まる。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン