洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ジョーダン・ラカイ、米人気プログラムに登場し 4曲のパフォーマンスを披露

JORDAN RAKEI


ジョーダン・ラカイ、米人気プログラムに登場し 4曲のパフォーマンスを披露
(Photo by Dan Medhurst)

(情報提供: BEATINK)

ロンドンを拠点に活動するオーストラリア出身のマルチ・プレイヤー、ジョーダン・ラカイ。トム・ミッシュやFKJを引き合いに出されてシーンからの支持を集める彼が、米人気プログラム「Tiny Desk Concert」に登場し、最新作『Origin』より「Say Something」、「Mind’s Eye」、「Speak」の3曲そして2016年のアルバム『Cloak』より「Talk To Me」と計4曲を披露した。ソウルフルでビター・スウィートな歌声が溶け込む珠玉のアーバン・グルーヴが奏でられている。

Jordan Rakei: Tiny Desk Concert

Jordan Rakei: vocals, keys
Jim Macrae: drums
Ernesto Marichales: percussion
Jonathan Harvey: bass
Imraan Paleker: guitar
Linda Diaz: vocals
Sam Wills: vocals
Opal Hoyt: vocals

◆ アルバム情報
label: Ninja Tune / Beat Records
artist: Jordan Rakei
title:Origin

release: NOW ON SALE

BRC-589 ¥2,400+tax
国内盤特典 ボーナストラック追加収録 / 歌詞対訳・解説書封入

ジョーダン・ラカイ、米人気プログラムに登場し 4曲のパフォーマンスを披露

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン