洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

(サンディー)・アレックス・G 、「Bad Man」のMVを公開

(Sandy) Alex G


(サンディー)・アレックス・G 、「Bad Man」のMVを公開
(Photo by Tonje Thilesen)

(情報提供: BEATINK)

フランク・オーシャンからも絶賛され、ボン・イヴェールやエリオット・スミス好き必聴の若きシンガーソングライター、(サンディー)・アレックス・Gが発売中の最新アルバム『House of Sugar』より「Bad Man」のMVを公開した。

(Sandy) Alex G – Bad Man (Official Video)

今回公開されたビデオの音源はアルバムに収録されている「Bad Man」をアレンジした、特別バージョンとなっている。カントリーとエレクトロニックの要素がミックスされ、爽やかなリズムが心地よいオリジナルと、ピアノやストリングスの音色がプラスされ、よりメロディーや感情にフォーカスされた今回のビデオバージョ ン。2つの音をぜひ聴き比べてみてほしい。今作で監督を務めたZev Magasisは、最新作収録の「Gretel」、「In My Arms」のMVも同じく担当している。

「Gretel」

「In My Arms」

デビュー前から7枚にも及ぶアルバムと複数のEPやシングルをBandcamp上で公開し、口コミをきっかけに高い評価を受けると、若干21歳ながらフランク・オーシャンにその才能を認められ『Blonde』『Endless』に参加。その後もワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(OPN)の作品にもゲスト・ボーカルとして参加するなど、一線で活躍するアーティストたちからの信頼を築いている。〈Domino〉から2017年にリリースされたアルバム『Rocket』に続き、2019年9月に発売された最新作『House of Sugar』もPitchforkでBest New Albumを獲得し賞賛を集め、今最も注目すべきアメリカ・ペンシルベニア州出身のシンガーソングライター、(サンディー)・アレックス・G。

好評発売中の『House of Sugar』国内盤CDには、デラックス盤LPに収録の3曲がボーナストラックとして追加収録。本作に収録されている楽曲の多くは2017年秋ごろから制作され、これまでにないほど綿密に時間をかけて作り上げられた結果、キャリアを通じて最も内容の濃いアルバムが出来上がっている。前作『Rocket』や2015年リリースの『Beach Music』にもミックスで参加したアンノウン・モータル・オーケストラのベーシスト、ジェイク・ポートレートが今回もミックスで参加し、(サンディー)・アレックス・Gの多面性のある重厚な世界観を見事に再現している。

【インタビュー公開中!】
TURN「弱者が強くあろうとする虚勢の美学」
http://turntokyo.com/features/interview-sandy-alex-g/

Monchicon「悪いことは、ここでは言えない 良いことが何かもわからない」
http://monchicon.jugem.jp/?eid=2281

ele-king「塩と砂糖の誘惑」
http://ele-king.net/interviews/007129/

Mikiki「フランク・オーシャンも惚れ込む若きSSWの実像 ー フォークもエレクトロニカも聴こえる新作『House Of Sugar』インタヴュー」
https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/22877

◆ アルバム情報
label: Domino / Beat Records
artist:(Sandy) Alex G
title: House of Sugar

release date: 2019/09/13 FRI ON SALE

cat no.: BRC-616
price: ¥2,200+tax
国内盤特典
ボーナストラック3曲追加収録 / 解説・歌詞対訳冊子封入

(サンディー)・アレックス・G 、「Bad Man」のMVを公開

<トラックリスト>
1. ACC Kirtan
2. Xian Man
3. The Greatest Own In Legal History
4. Cash Up
5. Shadowbanned
6. What Kind Of Person
7. Flowin’ Robes
8. Brainwashed
9. Signal Western
10. Amberjack
11. Juliefuckingette *Bonus Track For Japan

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン