洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ザ・ストラッツ、新作の日本盤ボーナス・トラックにサマーソニック2019の音源を収録

THE STRUTS


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

イギリス出身のグラマラスなロック・バンド、ザ・ストラッツ(The Struts)の2年ぶりニュー・アルバム『ストレンジ・デイズ』(Strange Days)が10月16日にリリースされる。日本盤アルバムのボーナス・トラックとして、サマーソニック2019のライヴ音源が3曲収録されることが決定した。朝一番から大きな会場を盛り上げていた熱いパフォーマンスを再び聴くことができる。そして、先行配信中のシングル「ストレンジ・デイズ with ロビー・ウィリアムス」(Strange Days with Robbie Williams)のミュージック・ビデオが公開された。

「ストレンジ・デイズ with ロビー・ウィリアムス」

コロナ禍の自粛期間中にザ・ストラッツがインスタグラムで行っていた生配信“Quarantine Radio”で、突然ロビー・ウィリアムスが声をかけてきたことがきっかけで共演が実現。MVにも出演しているロビーは、このコラボについて「素敵な曲の歌入れをした。ありがたくも僕が歌わせてもらうことになって、こいつの歌を聴けるなんて最高に嬉しい。ファンだった人のレコーディングに微力ながら参加して、その人が歌うのを間近に聴けるなんて。ヒーローがここにいる感じ。いや、マジで。」と話している。

ニュー・アルバム『ストレンジ・デイズ』は、コロナウイルス感染症の検査を受け安全を確認したザ・ストラッツがプロデューサーのジョン・レヴィーン(前作『ヤング&デンジャラス』の「ボディ・トークス」なども手掛けた)のLAの家に泊まり込み、10日間で10曲をレコーディングした作品。そのうち1曲はKISS「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」のカヴァー・ヴァージョンだ。

アルバムには、ロビー・ウィリアムスの他、ザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.(G)、ザ・ストラッツのデビュー時から期待のコメントを寄せてきたデフ・レパードのジョー・エリオット(Vo)とフィル・コリン(G)、ザ・ストラッツのライヴにゲスト出演したこともあるトム・モレロ(G)という強力なゲスト・ミュージシャン陣が参加している。

◆ リリース情報

ザ・ストラッツ『ストレンジ・デイズ』
The Struts / Strange Days

● 発売日:2020年10月16日発売
● 品番: UICY-15952
● 価格:¥2,500+税
*日本盤のみボーナス・トラック3曲収録(サマーソニック2019ライヴ音源)

ザ・ストラッツ、新作の日本盤ボーナス・トラックにサマーソニック2019の音源を収録

<トラックリスト>
01. ストレンジ・デイズ with ロビー・ウィリアムス Strange Days (with Robbie Williams)

02. オール・ドレスト・アップ(ウィズ・ノーウェア・トゥ・ゴー) All Dressed Up (With Nowhere To Go)

03. ドゥ・ユー・ラヴ・ミー Do You Love Me

04. アイ・ヘイト・ハウ・マッツ・アイ・ウォント・ユー with フィル・コリン&ジョー・エリオット I Hate How Much I Want You (with Phil Collen & Joe Elliott of Def Leppard)

05. ワイルド・チャイルド with トム・モレロ Wild Child (with Tom Morello)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン